整理・収納・メンテナンス 

卓球出来るぐらいの・

 1/21更新しました * 収納のお話し 
NEW! 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

***************

Table2

クライアントさんには教わることが多いのですが、

以前、Tさんから、‘仕事場の机は、卓球出来るぐらいに整理してから帰る‘

と、聞いてから、
お仕事のできるTさんだから、これは間違いない!と
早速真似してみてます。

模型作ってる最中なんかは難しいですが、
朝出勤すると、今はこんな感じ。

夜のうちにつもった?埃を、棕櫚のほうき(これも他のクライアントさんからもらった)で、
さっと掃除して、
気持ちよく始動です!

ちなみに、今日の出勤時間は8時前なので、
まだ少し薄暗いです・・・


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・今年も無料相談受け付けてます。

    
************************

今年もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

収納のおはなし リフューズ

 1/21更新しました * 収納のお話し 
NEW! 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

***************

リフューズという言葉は聞き慣れませんね。

昨年ベーシックコースを受講した住空間収納プランナーの学びに中に出てくる言葉です。

Refuse=断る という意味です。

先日、金融機関に行ったら、
満期になってる預金があって、
どうしようかな・と思ったら

「今週中に預け替えに来ていただけると、
 こちらのプレゼントが当たりますよ!」

と窓口の人に強く勧められました。
目立つところに、彩あざやかな品物の数々!

もともと、あまり、景品の類に乗るほうではないのですが、
そうかあ・考えます、といって帰宅。

でもチラシをじっくり見て・・

‘ステンレスボトルもう人数分あるのに、いる?‘
‘洗濯機に入れるボールって、色合いがうちじゃ浮いちゃうな‘
‘ブランケット、柄が子供っぽいかな‘

で、肝心の金利は?

好きでないものが、家に入り込んできて、
どこに収納するか悩んで、
金利は・・となると、
これは、今週中でなくていいでしょう・と結論。
もう少し考えることにしました。
(もちろん、気にいった方には良いと思います。)

整理収納を苦労して進めると、

「もう、いらないものを、持ったり捨てたりするの嫌だ!」という心境になります。

そこで、入り込みそうなものを、吟味する、という
行動を自然にとるようになります。

「お・タダ? お得!」とすぐ考えず、

「断る」
「持ち込まない」

というのも、とっても重要なポイントですよ。 ( ̄▽ ̄)


*******

プレゼントも難しいですね。
相手は断れないですからね。

よほど、ツボがわかってる相手でなければ、
花や食べ物のように無くなるものか、
裏方で使うもの、
又は、ご自身で選んでもらうようにしています。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・今年も無料相談受け付けてます。

    
************************

今年もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

お勧めキャスター付き棚

リフォームに特化した新しいブログをスタートさせました。
一週間に一度程度の更新予定です。
メンテナンスの情報などもアップしますので、是非ご覧ください。

NEW! 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

***********************

Hana

お正月、皆さま、どのように過ごされましたか?
今年も伊藤家は、大掃除でした。

事務所を自宅マンションから外に移してから、
目が行き届かず、ごちゃついてきた住まいを、
去年から、根本的に見直しています。

今回は、
下駄箱など玄関周辺を中心に。

整理前は、靴も増えてプラスティックの靴棚が置かれたり、
通販で買った食品のストック段ボールが置かれっぱなしになったり、
ごちゃごちゃに・・。
そこで、
数年履いてない靴を思い切って処分し、
造り付けの小さな下駄箱に入る数に整理。
(ちなみの私の持ってる靴は、7足。ダンナはその倍。次男も7足程度。)

やっとお気に入りのファブリックパネルに視線がいく
すっきりさになりました。

Jitaku5

実は、
正面壁の下は大きなニッチになっています。
本来なにか飾ったりする場所なのでしょうが、
実際は、埃もたまるし、
食品庫の無いマンションでは、どうしても、
通販で買った食品ストック等の置き場になって、
すっきりしませんでした。

そこで、去年、目隠しのプリーツスクリーンを
リギアさんに作ってもらいました。

Jitaku_2

さらに、今年は、すのことキャスターと、電動工具を買ってきて、
自分自身で、スライド棚をつくりました。

Jitaku_3

これが、思った以上に掃除しやすく、食品も床置きにならないので気持ちいい。
固定棚と違って、引き出してこれるので、段ボールの中身を上から見て
把握しやすい。

ワイヤー棚にキャスター付きの既製品もあるようですが、
簡単に作れるので、
食品庫の最下段や押し入れ内などに、
ご自身で作ってみてはいかがですか?

ちなみにスノコは押し入れ用で4枚セット1200円程度。
キャスターは一個200円ぐらいで買えます。

味をしめたので、
あちこちに同様のものを製作予定です。(o^-^o)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・今年も無料相談受け付けてます。

    
************************

今年もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

整理収納  小諸の家 その二

皆さん、Eテレ まる得マガジン 収納シリーズ 見ていただけましたか?

あれこれ、見直すきっかけになったという
お話も聞こえてきました。
クライアントのFさん、ますます使いやすそうになって、
良かったですね!

先日伺った、小諸の家も、
いろいろ工夫されて、
すてきにお住まいです。
今日もその一部をご紹介・。

Take3

小諸の家 キッチンとダイニングの間にある収納です。(竣工時)

以前住んでらしたおうちに、沢山のしまい込んだすてきな食器があって、
新しいお住まいでは、是非、
飾りつつ、積極的に使っていただければなあと
思って、設計しました。

Take4

先日伺った時の、食器棚。
浅く作ってあるので、取り出しやすく、
また、光が差し込むので、ガラス器もきれいです。

この棚は、上下とも、
キッチン・ダイニング、両面から使えるように出来てます。

Take5

向こう側が見えるでしょ?

そうすれば、奥行きが深いカウンター下の収納でも、
デッドスペース無く、
又、両方のスペースから食器を出し入れできるので、便利です。

Take6

さらに、Tさんは、
こんな回転式トレーを使って、
小皿を取り出しやすくしていらっしゃいました。

便利そうですね!
さすが!


****************

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

* リフォーム・リノベーション写真集差し上げます *

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

整理・収納 小諸の家 その1

Komoro3

小諸の家、
ゆっくり伺って、その収納のきれいさに感心して
帰ってきました。
少し、ご紹介していきたいと思います。


写真は、和室の隅に置いてあったかご。

マガジンラックを探したらしいのですが、

*和室に合うもの
*そのまま持ち運べるもの

という条件で、探し出したのが、手付きのかご。
空間にもぴったりで、
とってもいいアイディアだなあと思いました。

小さい方は、屑かご。
小さな糸くずなどを入れてます。
大きなごみ箱は、沢山ため込んでしまいますが、
あえて、場所によっては、小さく、
というのもいいですね。

***********

実は、T邸は、お引越しの時には、
沢山のお荷物があって、
引越しのお手伝いをしたときに、
「収納足りなかったかな・・」と心配したほどです。

二年半たって、
見事に整理されてたのにはびっくり。

それでも、
‘すっきりしない・・(ρ_;)‘ とおっしゃるので、じっくりお話を聞いたら、

収納個所にはきれいに納まって、
使い勝手も良いけど、
‘好きでないもの・使ってないものが 収納されている‘
のが、イライラの原因でした。

私が棚の整理をお手伝いした間にも、
「これ、10年持ってるけど、やっぱりいらない」
「これも使ってない」、と
いくつも処分。

2年半前には「足りなかったか?」、と思われた収納場所も空いて、
‘ほしかったけど、収納場所がないから我慢してた‘ものを、
手に入れることができそうと、喜んでいらっしゃいました。
収納物を全部見直す!と張り切ってました。

やっぱり、

‘整理‘が先で、
‘収納‘があと・。

間違っても、今あるものの内容を吟味しないで
収納グッズを買いこんで、詰め込んではいけません。
見えなくなれば、イライラがなくなるか?というと、
そうではないんですね。
裏を返すと、表に色々ものが出てても、
好きなものや使うものなら、気にならないのではないでしょうか。

本当に必要なものや、好きなものだけを家の中に置けたら、
どれだけ、イライラがなくなるか?
又、一つお勉強させていただきました。

****************

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

* リフォーム・リノベーション写真集差し上げます *

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

好きなものに囲まれて

設計するときには、
おうちでも店舗でも、どこかにちょっとした
飾り棚だったり、ニッチを設けます。

「きれいに飾るのは苦手で・・」

という方でも、
新しいお住まいに移られて、
今まで見えていたものが収納されると、
ちょっとなにも無いと殺風景・・
好きなものを、目に触れるところにおきたいな・・
と思われるのだと思います。

実際、引越しされてしばらくたって伺うと、
以前は飾られてなかった絵とか、グリーンとか、小物などが
すてきに置かれていることが多いです。
持っていても、飾る場所がなかった、ということもあるのではないでしょうか。

簡単なコツは、

沢山飾りすぎないで、間を作ること。
テイストや色を合わせること。
実用収納と、眺める収納場所を分けること。
季節を感じるものを少し置くこと。

今まで、伺ったお宅や店舗でのスナップを
ご紹介しますね。
参考にして下さい。

P1010220
キッチンのカウンターに、かわいいお茶碗。

Kago
オープンのキッチン収納を自然な素材で。

Toushinhm7
塾の飾り棚  勉強の合間にもホッと。

Kazaru4
実はお酒のビン。逆光で綺麗です。

Kazaru2
玄関に。お庭の一枝を。

Ta12
キッチンのオープン棚。良く使うものでデザインのいい物を並べて。

Ta9
飾り棚に好きな本。

Ta10
寝室のニッチ。ぎゅうぎゅうに置かないのがコツ。

P1010184
アアルトのフラワーベースに、近所で摘んできたお花を・。

‘身近で、好きなものを、ちょっと、置いてみる。‘

それだけで、毎日が楽しくなりそうですね。


*** リフォーム・リノベーション写真集差し上げます ***


Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

整理・収納 #14 家族の写真

Shasin


整理・収納の本によると、
最後に手をつけるのは、
思い出の品だそうで・。
時間がかかりそうなので、納得です。

写真もそうですね。

これも、沢山あるし、
見始めると、手が止まってしまうし、
進みません。

でも、気がついたのが、
家族の写真を眺めてると、
嬉しい気持ちになるなあ~ということ。

もう、自宅にはいない大学生長男や、寝に帰ってくるだけ?の高校生次男も、
かわいい時期があったんですよね。

そこで、額も増やして、
家族の写真を、良く目がつくところに飾ってみました。

ダンナとも、「かわいかったね~~」と話しのきっかけになるし、
子育てのころの楽しかった気持ちも思い出すし、
小さなお子さんを抱えた、クライアントさんたちの気持ちもわかるし、
いいなあ・と思います。

新婚さんじゃなくても、
ご夫婦の写真を飾っているお宅も何件かあって、
それも、いいなあ~と思います。


それにしても、このちいちゃなかわいかった子供たちは、
どこで、今の180㎝超える、なまいきな男子になったんだろうな?

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

マーチソン・ヒューム ガーメント グルーム

2

おトイレ用に購入した、
マーチソン・ヒューム
香りも自然で、陶器につやも出るので、
お気に入り。

部活で汗をかく息子が、
良く使う、衣料用の消臭剤も、
毎日吸い込むんだから、自然素材が良いなあと思って、
こちらも、マーチソン・ヒュームにしました。

沢山吹き付けても、
かすかなグレープフルーツの香りで、
自然です。

こうやって、だんだん、
台所洗剤などに増えていくのかな?
お安くは無いので、大事に使ってます。 (o^-^o)

(きれいなブルーは、お気に入りのビームスのマフラー。もう、しまわなきゃね。)


Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

整理・収納 #13 捨てないもの

収納の勉強をしながら、
自分の家も、だんだんに整理整頓進めていますが、
教科書通りいかないことも出てきます。

Kutushita

写真は、冷え症の次男が毎日、自宅ではいてる
毛糸の手編みの靴下。

なんとこれは、
私が結婚してすぐに亡くなった祖母が、
家族のためにこつこつ編んでいたものを、
実家の父が、はかないままとっていて、
送ってくれたものです。

新品のまま、しまわれていた期間は、
ゆうに25年・・。

私も、直接高校生のころからもらっていたのを、
今でも、寒い冬にとりだしてはいてますが、
まさか、息子まではくようになるとは・・。

・ 2年着ない服は、捨てる。
・ 今、好きでないものは、捨てる。
・ 決めた数を超えたら、捨てる。
・ もらったものでも、このみでないものは有難うを言って捨てる。

そのフィルターをかけると、とっくの昔になくなってそうな、
25年前の、今風でない靴下は、
今、「あったかい」と言って、
17歳の男の子がはいてます。

おばあちゃんは、
どうして、会うことがない、180cmを超えるひ孫がはけるような、
大きな靴下を編んでたんだろう?
(こんな長身の家族はいなかった。)

同じに見える靴下も、丈夫になるように、木綿糸を一緒に編み込んだり、
いつも、工夫を忘れないのが、すごかったなあ、と
思い出してみたり・・・。

私自身は、会うことがない、ひ孫が喜ぶようなことを、
なにか残せるんだろうか?なんて思ったり・・。 ヾ(;□;)э


色んなことを考えながら、
物を買うのも、捨てるのも、人生も?
あんまり、短いスパンで考えない方がいいんじゃないかな?
と、思ったりしています。

おばあちゃん、ありがとう。
ひ孫は、凍るような北側の部屋で、
おばあちゃんの靴下をはいて受験勉強してますよ。

大事にとっておいてくれた、両親にも感謝! (o^-^o)

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)

整理・収納・メンテナンス #12 子供の絵 2

 Kodomonoe3

ブログの検索で、
「子供の絵・作品」というワードも多いです。
皆さん、困ってらっしゃるんですね。

再度いくつか方法を。

これは、今、毎週受けてる 整理収納セミナーの
若い先生がつくられた作品集。

説明を受ける前は、
外国のアーティストの作品集だと思ってしまったほどの
出来栄えです。
すてきなので、ご了解をいただいてご紹介。

就学前から、小学校までの作品の抜粋を、
年代ごとにレイアウトしています。
今、中学一年のお子さんは、大喜びだったそうです。

Kodomonoe4

この自画像!
かわいい~~。
ご本人そのままだそうです。
会ってみたい!! 笑
お母さんの愛情と、のびのび育ってるお子さんの様子が
目に浮かぶようです。

こちらは、伊藤家の高校生次男が、
小学校の時に描いた絵。
額装ができてきました。

Kodomonoe2

ダイニングテーブルのそばに飾ったところ、
「もういいよ・・」とちょっとうざったそうだった本人も、
「この部分がいいよねえ」なんて、
まんざらでもない感想を言うようになりました。
もちろん、親は、毎日子供の作品を見ることができて
楽しい。

Kodomonoe1

自分で額だけ買って飾っても良いですが、
この絵は、埼玉県で特選をいただいた記念の作品なので、
奮発して、厚紙のマット加工をしてもらいました。

ちなみに、今はもうこんな絵は描けません。
美術の成績もひどいものです・・。 ┐(´-`)┌
ま、一瞬、なにかが降りてきたってことでしょうか?笑

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | Comments (0)