« April 2016 | Main | June 2016 »

May 2016

脱衣室から考える

整理収納コンサルタントの本多さおりさんblogと、

熊谷モダンハウスblogで、

モデルハウスの脱衣室を取り上げていただいてます。

有り難うございます。


先日、見学に行った、保育所で、

玄関から入ってすぐに、シャワールームがあって、
見学者の皆さんが、
しきりに感嘆してました。

子供さんたちが、外で思いっきり遊んだあと、
直行してもらいたいのが、
足や手を洗うところ。

住宅では、
別で洗い場を設けてもいいのですが、
設置コストがかかるのと、
場所もとるし、
お掃除する箇所が増える!のも面倒です。(>_<")

そこで、一つの提案として、
モデルハウスでは、トイレをはさんで
玄関から直ぐのところに、
バスルームを設けました。

普通はドアにして、閉鎖的に作るところを
敢えて引き戸で、
【通り抜け】としても使えるように
しました。

面積を抑えて、質のいい家を作るには、
【兼ねる空間】を工夫するのがポイント!

今月竣工のお住まいは、
もっとすすんで、

シュークローゼットから、
洗面脱衣室に直接入れるような
プランにしました。

個人住宅では、
こうでなければ!という正解はありませんし、
モデルハウスも、すべての人にピッタリ
という訳ではありませんから、
もっと、自由に
【住む】ということを、
考え直してみてもいいかと思います。

本多さおりさんの収納の考え方も、
これはこうでなければならない、
という常識から自由になって、
目から鱗でした。

| | Comments (0)

オン·ザ·ロード

長男が、

これ、お母さんも気に入ると思うよ!

と、

ラインで、アジカンの新曲を
紹介してくれました。

そこには、
作家、ジャック ケルアックの名前。

どんな作品書くんだっけ?と、

さっそくアマゾンで本を取り寄せ。

あー、質のいいロードムービー見てるみたいだ。

こうして、

私の世界が、また、

少し広がるのです。

【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

反抗期回避方法

男の子二人が成人して、
よく聞かれるのが、

「反抗期はどうしましたか?」

という質問。

う~ん。反抗された記憶が無いなあ。
二人とも、ハードな部活動してたから、
反抗する余力が無かったのかな?
と思ってましたが、
次男に改めて聞いたところ。。。

「代理戦争をしたり、押し付けが無かったから。」

と、言われました。

代理戦争とは、
子供の成績や進学先で、
母が自身の満足感を得たり、
ママ同士で競争したり
することらしいです。

そう言われれば、
「○○くんは。。」という
比較はしたことないかな。

意味ないしね。

大人になると、
色んなこと聞けて、
なるほど。。と
面白いですね。(^∧^)


【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

G7

遠方から、親戚来る。

楽しくおしゃべりしましたが、
面白い話題。

G7の会合が、
日本各地で開催かれてますが、
親戚の地域でも、開催されて、

小学校、中学校では、
【G7給食】が、出たんだとか!

参加国のご当地グルメが
提供されたのでしょうか。

興味津々ですが、
さすがに、給食をスマホでアップ、なんて
ことはないので、
見られず残念!


【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

久々の生協宅配

重い荷物を運ぶのが億劫で、
10数年ぶりで、生協宅配を
再開しました。

内容変わってないな~。と思う反面、
あれ、という変化も。

宅配はどちらかというと、
子育て中の若いママ達が、
グループで注文していたものですが、
扱う商品が
すっかり、高齢者向けになっていました。

少量パックから、
介護食。。
もちろん、重いものは買いに行けないでしょうから、
助かるでしょうね。

そう言う私自身も、
立派な中高年。(^-^;

子供たちに、
おやつ一人300円まで!なんて言ってたのが、
懐かしいなあ~。

【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

コルビジェ 世界遺産

建築家コルビジェの作品群が、
世界文化遺産に選ばれたようです。

なんといっても、
私自身、
大学のインテリア科から
建築に転向するきっかけになったのが、
授業中に見た、コルビジェの作品でした。

卒業制作も
コルビジェをテーマにした
ドローイングです。

成人式のお振り袖代を旅行費に換えてもらって、
向かった先は、
フランスのサボワ邸。

勤めた先は、
コルビジェに師事した建築家の
系列事務所。

清々とした、白亜のヴィラの
輝くイメージと、陰影は、
建築の原形として、
今も、心の中心にあります。

【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

非常進入口

ニュースを見ていると、
火事の現場が時々映ります。

何が被害の原因か、
気を付けてよく見るようにしてますが、
新しい家で気になるのは、

外壁は燃えてないが、
内部が燃えて、黒い煙が上がり、
有毒なガスが発生してる様子なこと。

道路側に大きな窓がなく、
小さな窓から、消防隊員が、
身をよじらせて、
進入していることがあること。

玄関以外に、
道路側に、
救助、避難できる窓があること。

有毒なガスを発生させる、
ビニールクロスや、カーテン、
家具を極力使わないこと。


自然素材を使って、
日射しを沢山取り入れ、
通りに対してもオープンな、

実は、こんな家作りが、
安全でもあるんですね。

【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

バリアフリーは、危険?!

バリアフリーが危険?!ってどう言うこと??

と、思われますよね。

実は、義母が、
バリアフリーにリフォームしたために
怪我をしたというお話。

おトイレに、手すりを付けたのは良いけれど、
掃除で床拭きをして、立ち上がるときに、
今まで無かったところに突起物が
出来たので、腰を何度もぶつけて、
病院にかかったとのこと。

また、床の段差を解消したのは良いけれど、
体に何十年も染み付いた動作で、
踏み出したときに、かえって
躓きそうになり、
慣れるまで、何ヵ月も掛かったこと。
転ばなくて良かったです。

若いときは、気にならない段差や突起物。
おしゃれな、スキップフロア。

歳をとって不都合が出てから解消しよう、
なんて思っても、
体の記憶がついていかない。。
そんなこともあるわけです。

何度も記事にしていますが、
私は、特に理由のない段差は
作りません。

20代の方のお住まいでも、
可能なら、アプローチをスロープにして、
廊下に手すりも付けます。

そのまま、
できるだけリフォームもなしで、
終の住みかに。。


【お知らせ】

お問い合わせ、ご相談有り難うございます。
大変申し訳ありませんが、
現在、新規の受付を休止させて
いただいております。
宜しくお願いします。

| | Comments (0)

とにかく、手元に本がないと
落ち着かないタイプです。

ほんの、半ページでも、
寝る前に読まないと、
気分転換になりません。

最近読んで、凄く面白かったのが、

「家康江戸を建てる」

耕作も出来ない、広大な湿地帯を、
何十年もかけて、
都市にしていく。

ダイナミックで、
かつ、
歴史の表舞台には出てこない、
関わった人たちの気概、覚悟。

面白かったなあ。


因みに、ジャンル問わないので、
本屋大賞から、ビジネス書、
SF 、ミステリー、何でもアンテナに
引っ掛かったものは、読みます。

あー、建築の本が、
一番少ないかも。。。笑


| | Comments (0)

結婚記念日

今日、5月5日は、
結婚記念日です。

就職して3年の長男から、
私と夫宛に、
便箋二枚、びっしりの手紙を貰いました。

もう独立してる男の子供から、
いったい、どんな内容なんだろう?と
どきどきしながら開いて、


涙目で閉じました。


「うちの家族が好きです。」


どんな、感謝の言葉より、
嬉しいものだと、

しみじみとした、

結婚記念日です。

| | Comments (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »