« バリアフリーリフォームを感じさせないこと | Main | 熊谷モダンハウス  ブログ紹介 »

待合室で

先日、ある、待合室で。

多分生まれて間もない赤ちゃんが
元気いっぱい泣き声を上げていました。

ほれぼれするような、生命力!

すると、後ろの座席から声が

「いい声だねえ。 何か、話したいんだろうな。」

どうも、70を超えたご夫婦の、
ご主人さんの一言。

「昔は、うるさいなあ、なんて思ったこともあったけど、

いいねえ。」


こういう、声は、小さくささやかれて、

「子供の声は騒音だ」と決めつける声は大きい。


実家は、小学校と中学校に挟まれた環境で、
毎日部活や、行事の大音響が聞こえてきたけど、
おじいちゃんも、おばあちゃんからも
「うるさい」とは聞いた記憶はなくて、
(思ってたかもしれないけど。。)

祖父は、不自由な体で、毎日玄関口に座って、

「お早う」

と、小学生達に声をかけていました。

きっと、生きる力をもらっていたんだと思う。


一か所一か所、保育所・公園などに反対する理由は
さまざまでしょうが、
社会全体が、子供の声を排除したいと思うなら
街から、生き生きとした生命力が
失われてしまいそうで、
恐いです。


**********

【大野建設さんモデルハウス ブログ】 

Bannerkmh                

************

Pmh_logo

パッシブ・モダンな家づくり  
伊藤裕子設計室 HP


|

« バリアフリーリフォームを感じさせないこと | Main | 熊谷モダンハウス  ブログ紹介 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バリアフリーリフォームを感じさせないこと | Main | 熊谷モダンハウス  ブログ紹介 »