« 春のウインドウ | Main | おうちでキャンプ »

その分筆 ちょっと待った!

埼玉近辺で多いのが、

農家などの親御さんが広い土地を持っていて、
その敷地を、分筆(分割)して、
子世帯の住まいをつくるパターン。

今までも何軒も計画したり、ご相談を受けています。

幸いなことに、
今までの計画は、分筆前にお話しをいただいたので、
理想的な配置を考えた上で、
分筆することができました。

また、ご存じない方が多いのですが、

「1敷地ごとに1建築物が原則」

「建築物の敷地は2m以上の接道が必要」

なので、
全くの別棟を子世帯のためにつくるときは、
その分筆した敷地が、
道路(市道など)に2m以上接することが可能か?

先に検討することが必要です。

また、
上下水が前面道路まで来てるか、
来てないと何百万もの費用がかかることもありますし、
(水道引くだけで、250万かかったこともあります)
地域浄化槽なら、つなぎこみの余裕があるかの確認、
農地転用が可能か、など、
いくつもの専門的な検討が必要です。

測量もされてないことが多いので、
近隣との合意の元で、境界確定し、
測量図をつくるというところから
始めなければなりません。
当然、その費用と時間もかかります。
近隣と不和があったりすると、境界も決まりません。


相談先によっては、

*とりあえず空いた敷地に図面を張りつけてきて、
 契約させ、そのあと、条件を出してくる
*敷地分割・測量が確定してなければ
 相談を受けつけない

というところも多いです。


分筆前にご相談いただいた方が、
手間と時間はかかりますが、
よりよりプランをお出しできると思います。


↓母屋の前にコンパクトな子世帯を建てた例。
 圧迫感を与えないようなスケールで。

 接道が、ぎりぎりでした。

Img_8302

Img_8267

**********

【 KUMAGAYA MODERN HOUSE 】が
美少女の帰る場所・・。
カインズ・自転車 「キラクル」TVCM放映中!

詳しくはこちら!→


**********

本多さおりさん×OMソーラー×伊藤裕子設計室コラボ  大野建設モデルハウス  熊谷にオープン!

ブログ イベント情報などこちらから!

Bannerkmh                  


************

Pmh_logo

パッシブ・モダンな家づくり  
伊藤裕子設計室 HP


|

« 春のウインドウ | Main | おうちでキャンプ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 春のウインドウ | Main | おうちでキャンプ »