« 本多さおりさん 新刊 重版! | Main | モデルハウス 家具が入ってきました »

 転ぶ前に  早めのリフォームお勧め

先週末、
以前一部をリフォームさせていただいたお客様のお宅で、
追加リフォームのご相談を受けてきました。

おばあさまが、転んでしまって
二階の寝室を、
一階に下ろそうということになったらしいです。

使っていない応接間を改装することになりました。

実は、もう何年も前からの計画だったのですが、
ご本人は、使いなれた寝室で、
まだ大丈夫、大丈夫、と思って
下に下りるのをためらってらっしゃいました。

大けがをされなかったのは幸い。
早め早めに
手を打つのが大事ですね。


また、新築計画する時には、

ベッドを置けそうなコーナーや個室が、
(子供部屋・和室などから転用するのでも構いません。
 リビングのコーナーでも良いです。)

一階にあることが重要です。

二階に寝室の場合は、
高齢になった時に、 「介護」 も 「避難」 「救急搬送」 も出来にくくなります。

20~40代の若い時に建てることが多い住まいですが、

自分自身が、高齢になった時のことも考えましょうね。


**********

大野建設モデルハウス いよいよ  11/21.22.23  グランドオープンです!

ブログ更新中

Bannerkmh


************

Pmh_logo

パッシブ・モダンな家づくり  
伊藤裕子設計室 HP


|

« 本多さおりさん 新刊 重版! | Main | モデルハウス 家具が入ってきました »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本多さおりさん 新刊 重版! | Main | モデルハウス 家具が入ってきました »