« おやつ | Main | お盆休み 17まで »

お盆に考えること

お盆ですね。

お墓参りを機会に、
懐かしく、大好きだった人のことなど
思い出してる方も多いと思います。

「おおかみ子供の雨と雪」の
主人公はなのアパートのシーンに
こんなワンカットがありました。

早くに亡くなった、はなのお父さんの写真が、
居間に飾られていて、
湯のみでお水が置かれてるのです。

はなは、お父さんが大好きだったんだなあ・。

一緒に居たいんだなあ、
忘れたくないんだなあ、、と
思いました。


大仰な仏壇までいかなくても、
亡くなった大事な家族と対話できて、
一緒にだんらんに加わってるような、
そんな一角があると良いなあ、
と思います。


リビングに小さな飾り棚でもいいし、
開き戸を付けたニッチでもいいし、
和室が作れるなら、床の間を転用でもいいし、
今は、モダンなデザインの仏壇もあるし、
工夫をすれば、
大好きだった家族と、ずっと一緒にいられます。

今までも、
押し入れに入れられそうだったお仏壇を、
空気の抜けるきれいな格子戸に変えて作ったり、

お仏壇が埃だらけで物置部屋の中に入れられていたのを、
明るい場所に移させていただいたりしました。

あるお宅では、
リフォームで、明るい部屋に小さなお仏壇を移したら、
お孫さんが、言われないのに、
毎日手を合わせに来るようになりました、
と、嬉しそうにおっしゃっていました。


私は、お仏壇を「モノ」とは考えません。
クライアントさんに繋がる
大事な、家族と考えますから、
気持ちのいい場所に、いていただきたいと思います。

***********

前にも書きましたが、

ある著名な建築家の見学会に行ったら、
お仏壇が、暗く狭いウオークインクローゼットの中に、
衣類と一緒に入れられていて、
とても残念に思ったことがあります。

せめて、もう少し大きな窓をつくって、
風と光が入る場所にしたら、
気持ち良かったのではないかしら?
と、今でも思い出します。


**********

Bannerkmh

大野建設モデルハウス
ブログ更新中!

************

Pmh_logo

パッシブ・モダンな家づくり  
伊藤裕子設計室 HP

************

< お知らせ >

作品集の発送は、
現在休止させていただいております。

新規ご相談の方は、
直接メールかお電話でお問い合わせください。
(現在、大変立て込んでいるため、
 余裕のある家づくりスケジュールをお願いしております)

|

« おやつ | Main | お盆休み 17まで »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おやつ | Main | お盆休み 17まで »