« 余白を残すこと | Main | 夏もそろそろ終わり »

住宅設計は科学

Dscn3327_2

昨日は、講習会でした。

省エネルギー対策の実践 ブラッシュアップです。

もう、4~5年勉強してますが、
出てくる記号が、

η(イータ)
UA(ユーエー)
μ(ミュー)
・・・・・

これが数年後義務化してくるので、
無視はできませんし、
家づくりは、
「感性」「デザイン」等・・で終わらず、

これからは、科学的なアプローチが重要。

なんとなくあったかい
なんとなく健康に良い

ではなくて、
ちゃんと数値で説明できること。
計測して検証すること。

それが大事。


カッコいいけど、エネルギーダダモレ、の家は
もうこれから、成り立たなくなります。


Dscn3328

これは、温度と、湿度を計測する機械。

必要に応じて、
計測結果を検証しています。


**********

Bannerkmh

大野建設モデルハウス
ブログ更新中!

************

Pmh_logo

パッシブ・モダンな家づくり  
伊藤裕子設計室 HP

************

< お知らせ >

作品集の発送は、
現在休止させていただいております。

新規ご相談の方は、
直接メールかお電話でお問い合わせください。
(現在、大変立て込んでいるため、
 余裕のある家づくりスケジュールをお願いしております)

|

« 余白を残すこと | Main | 夏もそろそろ終わり »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 余白を残すこと | Main | 夏もそろそろ終わり »