« 新しい敷地を見てきました | Main | 夏の夜の過ごし方 »

素足で歩ける床材

Dscn3226

家をつくるときに、
「床材」は、面積が大きくて、赤ちゃんがハイハイしたり、
素足で歩いたりする、大事な素材です。

唯一、体に長時間密着する素材です。

写真は、事務所の床材、北欧のパイン 20㎜。
ちょっと白い色がついた製品ですが、これでもう5年目。

夏に嬉しいのは、

「湿気を吸ってさらっとしていて、素足で歩いて気持ちいいこと」

私も、気がつくと、スリッパ脱いで
過ごしてたりします。


パインは、針葉樹の仲間で、
ナラなどの広葉樹に比べて、柔らかめですが、冬暖かく、
夏さらっとするのが特徴です。

ナラなどの堅い木は、傷も付きにくく、
節も無いというメリットがあり、
ウレタン塗装をすると、掃除もしやすいです。

どちらも一長一短ですが、
できれば、
「子育ての家」は、
針葉樹で、
沢山、はいはいしたり、寝転がったり、
自然の木と触れ合う床材が
良いなあと思います。

ご心配されるほど、
傷は目立たず、
クレームになったことはありません。


ちなみに、一般的に流通してるのは、
0.△△㎜の薄い板を合板に貼った上に、ウレタン塗装などをしたフローリング。
調湿効果はありませんし、はだしで歩けるような心地よさはありません。

3層フローリングは、表面の板が厚いので、
無垢に近い風合いですが、案外高価。

針葉樹系の無垢材(パイン・国産松・杉など)は、さほど高価ではないので
コスト的にもお勧めです。


床材を決めるときは、
見た目でだけではなく、
触って決めましょうね!


**********

Bannerkmh

大野建設モデルハウス
ブログ更新中!

************

Pmh_logo

パッシブ・モダンな家づくり  
伊藤裕子設計室 HP

************

< お知らせ >

作品集の発送は、
現在休止させていただいております。

新規ご相談の方は、
直接メールかお電話でお問い合わせください。
(現在、大変立て込んでいるため、
 余裕のある家づくりスケジュールをお願いしております)

|

« 新しい敷地を見てきました | Main | 夏の夜の過ごし方 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新しい敷地を見てきました | Main | 夏の夜の過ごし方 »