« 埼玉建築文化賞  | Main | 台風ご注意  対策あれこれ »

雨を見る

Dscn2175

先日見学させていただいたお宅の鎖樋です。

鎖樋とは、筒状の樋を付けにくいところや、
意匠的に樋を見せたいときに使う樋です。

雨が落ちていく様子も、
風流に眺めることが出来ます。

和風の家の玄関先についてるのを良く見ますよね。
その、現代バージョン。


P1140005

リフォームさせていただいた、こちらのお宅は、もともと軒先に樋はありません。

下屋(小さな屋根)の軒先から落ちてくる雨を眺め、
落ちた雨は、石にあたって土中に染み込みます。

台風も大型化し、ゲリラとも呼べないような突発的な雨が降るようになり、
雨をめでる・・という余裕が忘れられていますが、
小さな屋根で、通常の雨量なら、
眺めて楽しい樋、雨・というのも
取り入れて良いのではと思います。


(ちなみに、桂離宮に行かれたら、是非樋をご覧ください。
 竹で作った樋とその経路などが工夫されていて美しいです。)

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 埼玉建築文化賞  | Main | 台風ご注意  対策あれこれ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

ありがとうございます。
住まい手と雨との関係を少しでも良質なものにできればと思います。

Posted by: 雨のみち | 07/08/2014 at 01:44 PM

雨のみちさま
製品化楽しみにしております。
雨に限らず、保育園の子供の声まで騒音と感じる、×か○かの昨今の感性が、あやういものに感じます。
関係をつなぎなおす仕掛けは大事ですよね。

Posted by: yuko | 07/08/2014 at 02:02 PM

子供の声まで雑音になってしまうんですね。
将来の私たちを支えてくれる人材なんですが・・・(笑)

Posted by: 雨のみち | 07/08/2014 at 02:20 PM

私もニュースを聞いた時はびっくりしました。
雨も困ったところだけでなく、役に立つこと、美しいこと、いろんな見方をしたいですね。

Posted by: yuko | 07/08/2014 at 02:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 埼玉建築文化賞  | Main | 台風ご注意  対策あれこれ »