« 台風ご注意  対策あれこれ | Main | うれしいメッセージ 有難うございます »

えんとつ効果で 涼しく

Monohoshi


先日、あるお宅に伺ったところ、
「通風には窓を二か所開ける」
実践していてくださって、
住みこなしていただいてるなあと、
嬉しかったです。

風を入れるには、
入口と出口、二か所の窓が必要です。

同じ一部屋内に限らず、
引き戸を開けて、家全体で、通風を考えます。

時間や季節によって、
風が吹いてくる方向がまちまちですから、
住みながら、いろいろ試してみてくださいね。

もうひとつ、ちょっと気がつかないのが、
「通風を縦(立体)で考える」 ということ。

あたたかい空気は、階段や吹き抜けを上に登っていきますので、
階段室のトップライトや窓、吹き抜けのトップサイドライト、
二階個室の窓、などを積極的に開けて

一階の窓から、二階へと風をうながします。

煙突効果とも呼ばれます。

Takamado


P1130658


高い位置にある窓は、
防犯上も安心ですから、
夏の夜、寝室(近辺)の窓を開けて、引き戸をすかしておき、
吹き抜けや、階段室の窓を開けて就寝すると、
熱気がこもらず、快適です。
(ただし、外気温が28度以下になってから)

卓越風向なども考慮して窓を設けていますから、
いろいろ工夫されて、
是非、住みこなしてください。

(ちなみに、高い位置の窓は、チェーンか、
 電動で開閉するようにしています。
 トップライトは、雨センサーもオプションでつけられます。)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 台風ご注意  対策あれこれ | Main | うれしいメッセージ 有難うございます »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 台風ご注意  対策あれこれ | Main | うれしいメッセージ 有難うございます »