« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

銀座は、秋の風情

昨日は、定休日で、
都内に出かけて、建築の展覧会など見てきました。

銀座にも立ち寄ったのですが、
ウインドウはもう、ところどころ、
秋服のディスプレイ!

Kimg0221
(松屋銀座)

あちこちで、子供連れの家族が写真を撮っていて、
夏休みだな~と感じました。

地下鉄車両の前で、急いで記念撮影!というご家族もいて、
子供の方は、「もうこんなところで、やめてよ~~」といった表情。
今も昔も変わりませんね。笑

(伊藤裕子設計室は、8/13~17でお休みいただきます。)

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

空家率 13.5パーセント で、思うこと

昨日のニュースで、
空家率 13.5パーセントという
驚きの数字が公表されました。
数にして、820万戸

多くは、老朽化が進んで、解体したいが、
費用と税制上の問題で、放置・
そのうち関係者がいなくなる・・という
流れなようです。

税制上の問題は、いかんともしがたいですし、
リフォーム・リノベーションの流れも加速すると思いますが、
それでも今のところ堅調な新築
どう考えるか、というのも大事なように思います。

以前、お客様が、今まで住みなれた築20年を超える家を売却して、
遠方に新築して引っ越そう、というときに、
市場に出す前に、知り合いに、いい条件で買ってもらえた
ということがありました。

そこは旗竿敷地で、駅近ということでもなかったのですが、

なにしろ、

「お庭がきれいで、家も十分にメンテナンスされていた」

ことに尽きると思います。
「中古」ではなく、「そのまま、住みたい」、と思える家でした。
多分、知人の方も、訪問するたびに、良いなあと思っていたのでしょうね。

又、私が設計した店舗も、
8年経っていたのにもかかわらず、
クライアントさんが拠点を移されるときに、
気に入って、そのまま居ぬきで買ってくださった方がいました。
お客様は8年間、とても大事に、愛情持って、
きれいにメンテされていました。
手前味噌で大変恐縮ですが、
「流行に流されない空間」を当時考えていたことも、
解体を免れた一因だったと思います。
「伊藤さんに頼んでよかった」と、最後に言っていただいた時、
複雑な心境ではありましたが、
やはり、力を尽くしたことは無駄ではなかった、と思いました。
愛情のバトンは、私の知らない人にまで、ひき繋がれていきます。

建物は、設計者の手から離れますが、
クライアントさん自身の手からも離れることがあるので、
その時に、どれだけ、自立して価値と魅力を持てるか
というのも、大事なことです。
それは、「資産価値」というハード面だけでなく、
「好きだなあ」と愛情をかける対象足りうるか、ということです。

私は、見学会をした時に、
だれか(特に若い方)が、
「このまま、ここに、住みたいなあ・・」 という独り言を聞くと、
やった。大成功!と思います。
(うれしいことに、時々耳にすることがあります。)

それは、次の世代の感性と、第三者が良いな、と思える家なら、
大事にされ、‘住みつがれていく‘可能性が高いから。

実は、冒頭のクライアントさんのために設計した家も、
20代の甥っ子さんがとても気に入ってくれたのだそうです。

こんなブログ記事が続いてますが、
最近さらに、「遠くを見ながら、今も良い」、という空間づくりをしたい・・
と、繰り返し、強く、考えています。

(ちなみに、ソフトバンクの孫さんは、30年後だけを見るな、300年後を考えよ・と言うそうです。
 スケールが大きい!)

************

追記

先日、埼玉県立近代美術館で、
近代建築の名作住宅を扱った展覧会を見ましたが、
現存しないものも多いです。
あまりに個人的な想いで作ったもの・つくりやプランが特殊なもの・
大きなもの(相続?)・は、残りにくい印象を持ちました。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

スイッチ GLAY  子育てのために500曲?!

よく見る番組に
スイッチ(NHK)があって、
カリスマ同士のリアルな対談がすごく面白いのですが、
先日見てびっくりしたのが、
GLAYのTAKUROさんの発言。

子供ができたと知った瞬間、 「10か月の間に500曲書こう!」と決めて、本当に作ったそうです・・・・!!!
それは、子育て中、家族との時間確保するため、
人に楽曲を提供することもあるTAKUROさんは、
仕事の前倒しをした、ということ。

すごい!!
バンドを率いるプロとしてもすごいし、
家庭人としてもすごい!!!

育休・産休っていうと、
権利ばかりが主張されることが多いですが、
やるべきことはやる!!っていう姿勢がすごくかっこよくて、
さらに、自分(とバンドメンバー)の幸せが前提というところも、
激しく同感。

仕事もきっちり、家庭も幸せっていうのが、
本当に大事なことだと常々思ってるので・。

その他の発言も、なるほどー、と思うところが多くて、
人気バンドが休むことなく活動を続けられている、本質が
見えたように思います。
曲の完成度も大事だけれど、メンバーが気持ちよく力を出し切れることの方が
もっと大事、とか。
すごく共感します。
(建築も、すごく完成度の高いものができたけど、施工者もスタッフもぼろぼろ・って、
 少し違う気がする。)

さらに、レコーディングも夕方の6時には終わるんだそうですよ。
集中力切れるから、っていう理由で。
(普通は深夜までおこなう。)
ここも激しく同感!!!

共感した方、
再放送あったら、見てくださいね。

対談相手のマキタスポーツも笑えます!

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

建築セミナーにて  エアコンを使わない冷房

Kimg0212_2

ちょっと、今日は暑さが和らいでいますが、
エアコンの冷房が苦手な人は、
梅雨明けから、辛い毎日でしょうね。

今日の朝日新聞にも出ていましたが、
いかにこの数十年で気温が上がってるか・

昔は我慢した、昔の家は涼しかった・・と言っても、
現代でなにかしら設備・仕掛けを使わずに、
外気温40度近い中で、健康に過ごすのは、
難しい・というのが実情です。

写真は、昨日参加してきたセミナーで体験してきた

「輻射式冷房(暖房)」 です。

以前から同様のものはありますが、
これは、プラスチック樹脂でできていて
なにかとメリットがあります。

エアコンと何が違うかというと、
風を起こさないので、不快感がなく、
機械内のカビの心配もなく、
無音であること。

建物の高気密高断熱が前提で、
扇風機でいくらか対流が必要になり、
設置コストも高めですが、
一つの選択肢として、検討の価値はあります。

4時間ほど滞在していましたが、
心地よく、十分涼しかったですよ。

展示品は、
クール暖

なんでピンクかというと、
パイプが半透明で、不凍液がピンクだから。
水を流す場合は、色がつきません。

エアコンはいやだなあ・・。
でもなにかしら設備は必要・・という方は、
一度チェックしてみてくださいね。

***********

そもそも、 「機械に頼りたくない」 、という場合は、
まずは「家の周りを緑でいっぱいにする」、のが一番効きます。
どんなに断熱性能上げて、庇を出して、ルーバーつけて、
調湿性のある建材を使い、建物で工夫しても、
外気温を下げなければ、
まずエアコンなしは難しいと思います。
(但し、エアコンの使用を減らすことが出来ます。)

南だけでなくて、北側にも緑地をつくると
より効きます。

環境と、コスト、住み方によって、
どの組み合わせが良いか?
一緒に考えながら、
家づくりをしませんか?

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

メンテナンス感謝!

Img_1611_3


昨日の記事

「クライアントさんが愛情持ってメンテナンスしてくれるような空間をつくるのが大事」

と、書かせていただきましたが、

昨日、オープン2か月のリフォームショップさんに伺って、

こんなうれしいお話を聞きました。

「別棟にいる営業さんは、今まで打ち合わせ以外あまりショールームに
 来ることはなかったが、リニューアルしてから
 毎朝、2~4名、掃除に自主的に来てくれるようになりました。
 白いテーブルの鉛筆後も、消しゴムで消してくれます。」

生の植物が多いウインドウディスプレイも、
毎日汗だくになって、掃除してくれてる人もいるそうで・。

嬉しいですね!
本当にうれしいです。

Dscn1885

ディスプレイデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん
コーディネーターさん、
もちろん私も、愛情込めて一生懸命お仕事させていただきました。

その愛情のバトンが、従業員さんに渡って、
来てくださるお客さまにも気持ちが伝わってるといいですね。

秋のディスプレイは、
9月初旬から。

こんな暑い時期から、打ち合わせするんですよ。(o^-^o)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

`住み継ぐ‘の反対は?

ネットの建築の記事を読んでいたら
こんな言葉を見つけました。

‘住み潰す‘

靴は、履きつぶすなんていいますよね。

でも、住宅でこんな言葉を使うことがあるなんて
びっくり、悲しくなりました。
一部の、質の悪いローコスト住宅の住み方を言うらしいですが、
とりあえず、ローンを払ってる20年間
住めればいい、という意味らしいです。

でも実際は、20代で建てれば平均寿命まで60年以上あるわけですし、
できれば子供に住み継がせたい・売却もあるかも・・と思うと、
もっと長いサイクルで考えなければなりません。

私たち設計者が設計する家は、

‘住み継いで、何代も持つ資産‘

になるよう、考えます。

20~30年で、償却する、 ‘商品‘ とは考えません。

実際、クライアントさんから、
自分の後は、「○○が住むから」、「△△に使い方を変える」、と伺うこともあります。
そうすると、現時点の希望だけでなく、その先のことまで、
十分考えなければなりません。


そのために気を付けるのは、

* できるだけ劣化ではなく,経年変化する自然素材を使うこと
* 設備を更新しやすくすること 点検しやすくすること
* だれでも住みやすいプランであること
* 環境を読んだ、地域に合ったプランであること
* 構造を丈夫につくること
* あまり特殊な方法で建てず、誰でもリフォームできること
* 一時の流行を追わず、素材感を生かしてシンプルに作ること。

そして、もっとも大事だと思うのが、

* 住み手が、愛着を持って、メンテナンスし続けられる、丁寧な家づくりをすること

どんなに気を配って作っても、メンテナンスをしていただかなければ、
寿命は短くなりますから・。

これはもう、
作り手が(設計者・工務店・職人)どれだけ
その一軒に、愛情と手間を注げたか、

に尽きますね。
愛情のバトンタッチです。

100円ショップも便利ですが、
壊れたら買いなおせばいいか、と
大事にしにくいですよね。
その点、顔が見える作り手の、一点物は
大事に扱います。

時間と手間と知恵を絞った分、高くなりますが、
予算が。。、という方には、
「小さく、質を高くつくる」、という方法もあります。


資源も少なくなってきてる今、
「小さく・丁寧に・ずっと・・」という考え方が、
もっと広まっていくといいなあと思います。


「住み潰す」

こんな言葉を聞かない住宅業界になるといいな。


************

色んな種類の現場を渡り歩いてる腕のいい大工さんが、
私の現場を担当して、ある納得した部分があったようで、

「これなら、もちますよね。他のつくり方は、
 将来どうなるんだろうって、正直思いますよ。」

と、おっしゃっていたのが、
印象的でしたが、
そもそも‘将来‘を考えてないビルダーさんがいるのですね。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

夏の贈り物

Kimg0210

小さい頃、お店のアイスいっぱいの冷蔵ケースを見て、
これがうちにあったらなあ・・と思ったものですが、

大人になった今も、
コンビニで、ハーゲンダッツ一つ選ぶのに迷ってしまって、
全部うちにあったらなあ・・なんて思ってしまう私。
そんな性格を見すかされたのかどうか・・
こんな夢のような、夏の贈り物が届きました。 ヽ(´▽`)/

事務所に届いたのですが、
自宅に持ち帰る勇気が、どうしても出ません・・。笑
(ハイエナのような次男にあっというまに食べつくされるはず)

Dscn2218

こちらも夏の贈り物。

う~~かわいいです!
オリジナルです!


ほんと、何をもらっても嬉しいですが、
こうもツボにはまると、
びっくり!

有難うございました!! o(*^▽^*)o

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

家相について

先日、住宅建築家 宮脇壇さんのエッセイを読んでいたら、

「いろんな流派を調べていくと、
トイレはどこにも配置できなくなる」

というようなことが書いてありました。

私自身も調べた時に、
ずいぶん流派によって違うんだなあと
思った記憶があります。

「一般的な配慮」といっても、
中心の取り方から、鬼門の範囲(○○度)も違うので、
これを守れば大丈夫、というのはありませんし、
根拠も諸説あるので、
正解というのは無いと思ったほうが良さそうです。

家相の先生のご指示でも設計したことが
何度かありますが、
指示の内容は結構違っていました。

一つ、私の経験から言えることは、

「家相は一種の統計学。
 家相を守った家を建てること=幸せ・絶対安全
 という単純なことではなく、
 生き方すべてが人生に出る」

という、当たり前のこと。

私が計画時、
これだけある流派から一つをお勧めすることはありませんし、
反対に気になさる方であれば条件の一つとして考慮します。

ただ、鬼門・裏鬼門など良く言われてることを守るだけでも、
限られた敷地の中で、
ご自身のご希望とバランスを取るのは結構難しいので、
「本当に自分が守りたいことで、そのことですごく安心する。」
絶対条件なのか、
考えてみるのが良いですね。
(たとえば、北道路という条件で、南に玄関は非現実的。)

ちなみに、私がかかわった件ではありませんが、
構造が不安定になるようなものを見たことがあります。
そこは、きちんと設計者や工事店の意見も聞きましょうね。

又、自分は気にしないけど、親族の方が気にするという場合。
「親族が意見して来るのがすごく気になる」なら、
守った方が良いですし、
「何言われても別に気にならない」
というなら、自由に建てられた方が
宜しいのではないでしょうか。
今までもどちらのケースもありましたが、
ご自身で判断されれば、どちらでも特に問題にはなりません。

お気持ち次第ですね。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

美しい照明のある暮らし #20  LCシャッターズ

1421_erik_japgrgensen_10


ルイスポールセン社から届く

美しい照明のある空間をご紹介しています。

今回は、私も一押しの 「LCシャッターズ」

紹介文の中に出てくる、
「・・・建築家のご両親にもプレゼント・・」はうちの両親のことです。笑

なんと、私のブログを見て、「ほしい!」と言い出したのは父。

さすが、良いセンスしてます! (* ̄ー ̄*)

1422_saxobank_193


******************

“今週のルイスポールセン”では、建築、住宅、
ルイスポールセンの照明などの美しい写真をお届けしています。

かわいらしいイメージをお持ちの方も多い「LCシャッターズ」は、
建築家や照明デザイナーさんが、
実は、ご両親へのプレゼントに選ばれることも多い、
プロを虜にする器具です。

「LCシャッターズ」は、高度な技術で生産されています。

1枚のアルミ板を曲面に成型した後、回転させながら、
1ミリの狂いなく正確にパターンを押し抜いて、2つのレイヤーをつくり出しています。

レイヤーの隙間に、光の美しいグラデーションが生まれますが、それは、
デザイナーのルイーズ・キャンベルが、
南欧の町のよろい戸(シャッター)から漏れる光をイメージしたものです。

よろい戸のように光は沢山欲しいけれど、
「(コストを抑えるためにも)シェード部材は1枚だけ」という課題を、上手にクリアした製品です。

Photo Copyright: ルイスポールセン

1423_gse_6012x


1424_gse_5609p

************

カラーもあります。
うちの実家に付けたのは、カラー。
楽しい雰囲気になります。

P1110022


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

熊谷うちわ祭り

Kimg0204

名実ともに関東の祇園 熊谷うちわ祭り 

本日まで開催です。

今年は、総代の何人かが知り合いだったので、
一緒に歩いたり、地元のたまり場に入れていただいたりして、
ディープな祭り体験をさせていただきました。

ゲームや携帯ではなく、
鐘をたたいたり、山車を引いたりするのに夢中な子供たち。

久しぶりに会う、老若男女の同級生たち。

沢山の人が、外に出て、わいわいと食べてしゃべって、
やっぱりいいですねえ。

朝、新聞で見たばかりの、
7人制女子ラグビー 優勝チーム アルカス熊谷のメンバーもイベントで登場。

是非、世界でも活躍してほしいですね!

Kimg0206

最後は、目の前を通る山車を見ながら、
ガレージで飲み会。

20140721_21_28_39

夜が特にお勧めです。
夜店もいっぱい!

是非お出かけください。 ヽ(´▽`)/

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

三連休ですね  「ビヨンド ザ エッジ」

三連休ですね。

私は、昨日と今日がお休み。

ダンナと、あちこち出かけています。

昨日出かけたのは、
有楽町の映画館。

「ビヨンド ザ エッジ」

それ何?
そうです、これは、興味のある人しか全く分からない世界。
「エベレスト初登頂」の記録です。

(下記、興味ない方にはごめんなさい)

自分は、小学校生の時から、登山を途中リタイアするくらい
高いところが嫌い、今でもハイキングすらしませんし、
スキーも行きませんが、
なぜか、冬山・北極・南極・アラスカなどの話が超がつくほど大好きで、
星野道夫は読破、今は角幡唯介にはまり、
マロリーの本を読書中。
エベレストについては、 「空へ」 という、ベストセラーがあるので、
そこから興味を持ちました。

小さな写真や、文章でしか知らなかった、
「ヒラリーステップ」「アイスフォール」の映像を
こんなにリアルに見られるとは。

圧巻は、当然、頂上からの光景です。
本当に、地球でいちばん高い場所なんだなあ。


と、感無量に書いていたら、
今年の春先も、大事故があって
沢山のシェルパが亡くなってるのですね。

映画も命がけの撮影だったんだと思います。


二人の初登頂15分間の感動は、
600人のシェルパ達の力と命の上に
成り立ったものなのですね。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

キリンジ 始動

解散したキリンジ、お兄さんの方が新しいユニットで始動。

「進水式」 いい曲ですね。

歌詞に、ぐっときます。

8月発売のアルバム、予約しました!

弟さんの方も、
ニコ動でライブを公開するということで、
こちらもチェック済み。

解散は悲しかったけれど、
二つの道に大きく広がったのだと思えば、
楽しみも二倍以上になります。


これから新しい道に進もうとする人は、

「進水式」の歌詞を、是非かみしめてください。

元気が出ます。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

パーフェクト! 健康診断

Dscn2215

健康診断の結果が出たので、
クリニックに行ってきました。
いわゆる、メタボ検診。(;ω;)

「パーフェクト! ( ̄ー+ ̄)」 BY ドクター

有難うございます! ヽ(´▽`)/

ハタチのころから比べて、体重増加は1~2キロ、
3キロ超えると、体調に響くので抑えるようにしています。
(もっとも、出産前は14キロ増えましたけどね~。
 当時は8キロ以下にせよ!というきついお達しで怒られましたが、
 今は、これで良いらしいですね。
 自然に起こることは、良いのじゃないかなあ。)

ご飯がおいしくて食べすぎて、
4キロ増えたころがあり
さすがに動きも鈍くなってきたので・
主に食生活を変えました。

*朝、野菜中心で、重くないものを。 炭水化物少なめ。
Kimg0075

*昼は、おなかすいてたらご飯もたっぷりのお弁当など。
 お昼寝して体休ますのも、いいらしい。

*夜は消化の良さそうなものを。
 昨日は、夏野菜たっぷりのトマトスープ中心で。男性陣には焼き魚もプラス。

Kimg0190
(90歳のクライアントさんに先日教えてもらったトマトスープ。
 豆3種・ズッキーニ・玉ねぎ・ナス・ジャガイモ・ミズ菜・きのこ・ニンニク)

ダンナの健康診断結果も、昨日届いて、
数値改善しててよかった~。 ヽ(´▽`)/

あとは、できるだけゆるい服を着ない ことと(体型の変化がわからない)
体重計を乗りやすいところに置くこと、でチェック!

先日、電気工事をしていた女性とこの話で盛り上がり、
次の日その方も、作業着ではなくて、
赤チェックのかわいいタイトなシャツを着てきて、
現場が華やかになりました。(o^-^o)
現場でもおしゃれしたいですよね。

まあ、残念ながら体型は変化しますが(崩れるともいう)、
食べすぎず、飲みすぎず、適度な運動、というのが
健康の王道なんでしょうね。

あとは、もっとコンスタントにプールに行くことだなあ・。

また、パーフェクト目指して一年頑張りま~す!

(いろんな健康法、いろんなダイエット法があります。
 自分の体に合った方法でしましょうね。
 そもそも、痩せなくていい、一食でいい、っていう人もいるくらいだから。)

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

NEW LAND MARKET 2014.7.19-20

Newland

熊谷 NEWLAND MARKET
7/19(土) 10:30~20:00
7/20(日) 10:30~18:00

開催だそうです。

NEWLAND2周年イベントでBEER GARDENも開催!

行きます。絶対行きます!!

二周年おめでとうございます!!! ヽ(´▽`)/

熊谷を、じんわりと?おしゃれに・楽しく・オーガニックに・・・
変えてくれてるNEWLANDさんです。

ちなみに、木曜定休になりました。
忘れてて出かけたら休館。
なのに車がいっぱいとまってたのはなにかな?

*写真は、HOUSE 棟。 ここも面白いものがいっぱいあるって、気がつかないのよね。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

無垢の床材にふれるセミナー ご案内

無垢の床材、良いですね。

私は、特に理由がない限り、
パイン、杉、カラマツ、クリ、ナラ、ブナ、などの
無垢材を使います。

壁紙のように簡単に張り替えがきかないインテリア材で、
唯一肌に触れることが多い材料ですから、
作りものではない本物を使いたいと思います。

でも、住宅メーカーさんなどですと、
「無垢材は傷がつきやすいですよ」とか、
「床暖房に向きませんよ」など、
誤解されてるような意見をおっしゃるところもあり、
クライアントさんたちは、迷ってしまうようです。

*樹種によって傷つきやすさは違います
*塗装によって汚れ方や、手入れの仕方が違います
*床暖房対応の床材は沢山あります
*傷の補修は、無垢材の方がしやすいです

そんな疑問に答えてくれるセミナーが、
8/2(土) 新宿OZONE マルホンショールームで開催されます。

お申し込みはこちら→ 

ショールームには、80種類以上の床材サンプルがありますので、
好みの床材を選ぶこともできますね。

無垢材と合板フローリング、
どちらにしようかな?と迷われてる方は、是非
参加してみましょう!

Img_69192
(このリッチな感じの床材は、カリンに似てますが、ちょっとお安い‘ピンカド‘
 クライアントさんの一目ぼれ)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

キュア整骨院さん 5周年  

宮原駅近くに、5年前設計させていただいた、
キュア整骨院さん、
五周年ということで、お葉書が届いていました。

おめでとうございます!

S006002


設計当初、現地周辺をリサーチしていて
驚いたのは、
‘整骨院激戦区‘であるということ!
歩き回っただけで、近隣に数件、
ネットで調べると駅周辺ひしめき合う地域。

院長さんの技術も人柄も、間違いないのですから、
店舗デザインの責任重大、です。 (@Д@;

‘クールにカッコよく‘つくりすぎると一部の人には受けても、敷居が高くなるし、
‘整骨院らしく‘つくると、差別化ができない。

そこで、女性を意識して、
ファサードは、
スクリューさんが考えてくれた、かわいいロゴを
全面にとにかく賑やかに展開。楽しく目を引くように。

反転、店内はシックなエステサロンのように、落ち着いた雰囲気で。

「あまりにキレイで、整骨院っぽくなくてびっくりしました・・」
「店内の印象は、エステのサロンに来てる感じがします
」との
アンケート感想も沢山紹介されていて、
狙った通りで嬉しいですね。 o(*^▽^*)o

写真紹介はこちら→

思いのほか、男性も多くご来院されていて、
女性に受けると、男性にも受ける、
と、いつも考えてる通りです。

とにかく、効く!かつ、やさしくてすてきな院長さんなので、
大宮近辺の方で、お悩みの方は、
是非ご相談くださいね!

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

男性のロマン

最近ご依頼者にお渡ししてる
「住まいへのご希望シート」は、
共通の一枚のほか、
ご主人さまと奥さま、別々でもご用意させていただいています。

面倒かもしれませんが、
お互い話し合って共通の意識を持っていることと、
それぞれ、思ってることは少し違ったりしますので、
とても参考になります。


住宅設計を始めたころと、
今の、大きな違いの一つは、

ご主人さまの居場所や繊細な要望を、より大事に考えるようになったこと。

最近の住宅は、キッチンをはじめとしたインテリアへの興味や、
お子さんの環境優先、収納の充実志向などから、
奥さまの希望の方が強く反映されることが多いですが、

ローンの大半を払って、
気苦労の多い仕事から帰るご主人さまが、
自分自身の楽しみ、癒し、こだわり、
を、自分の家で得ることが出来たら、
どれだけ、ストレスが減るだろう、

と、より、強く思うようになりました。
(それはもう、仕事は戦場ですから)

「書斎(デスクスペース)なんて使わないんじゃない?」

という奥さまの意見を、今まで幾度となく聞いてきましたが(笑)
実際は皆さん、使われますし(お子さんと使うパターンも多い)、
短い時間しかいられなくても、
自分の居場所がある、
という安心感があるのではないかと思います。

(複数の依頼先にプランを頼んだら、
「伊藤設計だけが、希望の書斎を入れる工夫をしてくれた」
 というので、ご契約いただいたこともあります。もちろん十分活用されてます。)

その他今までのご希望・・・

・好きな絵を飾るスペースを作ること
・料理をのびのびできること
・オーディオルーム
・子どもとテントを張る庭
・ビールを飲むデッキ
・ミニカーを並べる棚・・・

もちろん、広さやご予算、その他のご希望と
バランスのとれたものでなければなりませんし、
もし、本当に使わなければ他に転用できる、という仕掛けも必要ですが、

案外、ロマンティストの男性の方たちの、
ささやかな?希望に、
奥さまたちも、是非ご理解いただければと思います。 (o^-^o)


**********

家づくりからは話がそれますが、

ちなみに、うちのダンナの癒しは、
お酒の収集。

沢山は飲めませんから、
「邪魔なのに、なんでこんなに買うの??」と意見したこともありますが、
どうも、
「限定」 とか「もう手に入らない」 という、ストーリー性に引かれて
ついぽちっと買ってしまうようです。笑   
(最近は、もっぱら私が飲んでる。)

食器棚の一部などを、収集スペースにして眺めては、
実際はノンアルコールを飲む、という毎日。
男性って、面白いですね! (*^-^)


また、昨日書いたように、私自身の現在の癒しは、「庭」

興味のないダンナは、
心地よく風に吹かれてデッキチェアに座る私を、
網戸越しに室内から覗いて、出てきません。 笑

夫婦って面白いですね~~!

理解できないところが、楽しいんじゃないでしょうか?(o^-^o)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

庭の楽しみ

自宅の小さな庭を整えてから、
毎日庭に出るのが楽しいです。

苦手で、ダンナまかせだった芝刈りも
私の仕事に。(ダンナびっくり)

住宅設計の名手だった、
宮脇 壇さんの、子育てを終えたころの著書を読んでいたら、

デザイナーですから、服に凝ったり、名作椅子に凝ったり、
料理に凝ったり・・いろんなものを味わいつくして最後行き着いたのは庭・・、
「自宅マンションのベランダを緑いっぱいにして過ごした」
という記述があって、

すごく納得しました。


庭があっての、家庭。

緑を身近に感じることが出来る住まいが、
やっぱりいいなあ、と
思います。

というか、木々が見えて、風に吹かれて、美味しいもの食べられたら、
私の場合、それ以上のものはいりません。 (o^-^o)

Shibakari

(うちの芝刈り機)

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

夏の室内は、とにかく‘暗く‘

P10102392


P10102372


そろそろ梅雨明けでしょうか?

一気に35℃越えの毎日です。

このところ毎年夏の過ごし方をお伝えしてますが、
実践していただいていますか?


「真夏の日中は、直射日光が入る窓を閉めて、ブラインドなどで暗くすること」

とにかくこれに尽きます!(ちなみに、どんなパッシブ資料を見ても同様です)

直射日光が入ることで、室温が上がるだけではなく、
暖められた‘壁‘や‘床材‘に蓄熱されて、
夜間放出されるので
、いったん入れてしまうと厄介です。

暗くする方法は

*カーテン・ブラインド・障子を閉める
*シャッターや雨戸を閉める
*すだれやよしずを使う
*ターフや布製のシェードを外に付ける
*ゴーヤカーテンなどを作る

がありますが、
手間がかかっても有効なのは、緑のカーテン
(写真は、リフォーム(手前)したお客さまのお住まい。毎年見事なゴーヤカーテンです)

植物自体が、日を遮るだけでなくて、
気温も下げてくれるからです。
(スダレなどは、それ自体が蓄熱します)

今年はもう間に合わないよ、という方は、
窓の外にシェードなどを付けてみましょう。

窓の外側で遮る方が効果的です。
また、デッキも蓄熱しますので、よしずを立てると効果的です。


「真夏の一日の流れ おさらい」

1)早朝出来るだけ多くの窓を開けて、冷えた空気を室内入れて
 壁などに蓄冷する。

2)気温が上がってきたら、窓を閉める

3)日が射してきたら、ブラインドなどをおろす=暗くする
 (北窓の明るさや、LED照明利用)
 冷房や扇風機利用

4)夜間、外気温が28度を下回ったら、窓をできるだけ開けて
 暖かい空気を排出し、冷えた空気を取り込む。
 OMソーラーなら、自動で取り込んでくれるモードがあります。

通風だけでなく、
日射の遮り方も住み手の方が工夫して、
できるだけエネルギーを使わずに
気持ちよく過ごしましょう。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

アーネ・ヤコブセンの建築

Kimg0186

昨夜は、とても楽しみにしていた、
ルイスポールセンショールームでの
「アーネ・ヤコブセンの建築」-建築写真家 吉村行雄氏によるフォトグラファーレクチャー
がありました。

席を増設しても間に合わないほどの人気ぶり。
参加できたのは、ラッキーでした。

内容は、吉村さんが撮り続けているヤコブセン建築の写真集出版に
合わせたもので、
スライドの中には、写真集に含まれないものもあり、
大変、興味深い内容でした。

ヤコブセンの名前は知らなくても、
下記のAJランプを見たことがあるのでは。
(写真は、ショールーム内で、サイン本を撮影)

Kimg0187

スワンチェア・セブンチェア・エッグチェアなど
有名な家具も、アーネ・ヤコブセンのデザインです。

H邸では、
AJランプを、ベッドサイドにつけましたが、
設置されたとたん、空間の質ががらりと変わったのを覚えています。

すばらしいプロダクトが空間に加わることの意味
というのを、強く再確認した経験です。

Img_12332

Img_12372


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

うれしいメッセージ 有難うございます

Img_7849


先日お伝えした「埼玉建築文化賞」の賞状が、
クライアントさんの分もあったので、
お送りさせていただいたところ、
うれしいメッセージをいただきましたので、
転記させていただきます。 (o^-^o)


「・・我が家も公園前に3年。地元の風景に馴染んできたと思います。
程よく外に開かれた造りで 
ご近所や公園の利用者との距離も程よい関係が築けています。

表彰されたような、伊藤さんの意図された設計が実感として感じられています。
ありがとうございます。」

Tさんの丁寧なお手入れあってこそ、だと思いますが、
意図をご理解してくださり、
‘実感‘してくださっているのは、
何にもまして、嬉しいことです。

2年、3年と経ってから、
「伊藤さんがおっしゃていたのは、こういうことだったんですね。」と、
ご理解、お褒めいただくことが時々ありますが、
環境と、ご家族の将来を考察して形にしたことが、
わかっていただけた!、と
心から嬉しい瞬間です。


完成、賞の受賞、など、
嬉しい瞬間は沢山ありますが、
本当に達成感があるのは、
ひそかに組み込んだテーマが、
数年後効果として実感していただけて、
喜んでいただけること以外
ありません。

Tさん、有難うございました。
これからも宜しくお願い致します。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

えんとつ効果で 涼しく

Monohoshi


先日、あるお宅に伺ったところ、
「通風には窓を二か所開ける」
実践していてくださって、
住みこなしていただいてるなあと、
嬉しかったです。

風を入れるには、
入口と出口、二か所の窓が必要です。

同じ一部屋内に限らず、
引き戸を開けて、家全体で、通風を考えます。

時間や季節によって、
風が吹いてくる方向がまちまちですから、
住みながら、いろいろ試してみてくださいね。

もうひとつ、ちょっと気がつかないのが、
「通風を縦(立体)で考える」 ということ。

あたたかい空気は、階段や吹き抜けを上に登っていきますので、
階段室のトップライトや窓、吹き抜けのトップサイドライト、
二階個室の窓、などを積極的に開けて

一階の窓から、二階へと風をうながします。

煙突効果とも呼ばれます。

Takamado


P1130658


高い位置にある窓は、
防犯上も安心ですから、
夏の夜、寝室(近辺)の窓を開けて、引き戸をすかしておき、
吹き抜けや、階段室の窓を開けて就寝すると、
熱気がこもらず、快適です。
(ただし、外気温が28度以下になってから)

卓越風向なども考慮して窓を設けていますから、
いろいろ工夫されて、
是非、住みこなしてください。

(ちなみに、高い位置の窓は、チェーンか、
 電動で開閉するようにしています。
 トップライトは、雨センサーもオプションでつけられます。)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

台風ご注意  対策あれこれ

台風が近づいています。

台風シーズンが近づくといつもお伝えしていることなど。


* 二階ベランダの排水口はふさがれていませんか?
 枯葉やビニール袋で詰まっていると、
 プールのようになってしまい、室内に水があふれます!
 知り合いの工事現場でそんな事故がありました。
 風が強くなる前に確認してみてください。

*植木鉢、自転車など、飛ばされて危険ではありませんか?
 外壁が傷ついたり、窓ガラスが割れたり、通行人にけがを負わせたりします。
 固定する、室内に入れる、など工夫を。

*崖地に家がある方は、早めの避難、または、
 裏山が崩れても危なくない部屋で就寝しましょう。

*浸水が心配な方へ。(基本は早め避難です)

 ・シャッター用製品。 文化シャッター止めピタ

 ・自宅にあるもので出来る対策例

*台風が去ったら・・
 建物の周りを点検してみてください。
 樋が壊れたり、なにか倒れたり傾いたりしてないか、チェックします。

皆さんにお怪我や被害がありませんように。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

雨を見る

Dscn2175

先日見学させていただいたお宅の鎖樋です。

鎖樋とは、筒状の樋を付けにくいところや、
意匠的に樋を見せたいときに使う樋です。

雨が落ちていく様子も、
風流に眺めることが出来ます。

和風の家の玄関先についてるのを良く見ますよね。
その、現代バージョン。


P1140005

リフォームさせていただいた、こちらのお宅は、もともと軒先に樋はありません。

下屋(小さな屋根)の軒先から落ちてくる雨を眺め、
落ちた雨は、石にあたって土中に染み込みます。

台風も大型化し、ゲリラとも呼べないような突発的な雨が降るようになり、
雨をめでる・・という余裕が忘れられていますが、
小さな屋根で、通常の雨量なら、
眺めて楽しい樋、雨・というのも
取り入れて良いのではと思います。


(ちなみに、桂離宮に行かれたら、是非樋をご覧ください。
 竹で作った樋とその経路などが工夫されていて美しいです。)

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (4)

埼玉建築文化賞 

Dscn2196

ケヤキの見える家 「埼玉建築文化賞」の賞状が届きました。

お客さまと一緒につくった家が、
個人の満足に終わらず、
地域の街並みや環境にとって良いものであるなら、
本当にうれしいことだと思います。

有難うございました。

*OMソーラー
*長期優良住宅
*施工 田村建設株式会社

*環境に対して閉じないこと・
 外構も街並みに参加すること
 太陽の熱を利用すること
 公園の涼風を取り入れること
 立体通風・卓越風を考えること
 漆喰、無垢の床材や家具など自然素材で構成すること
 許容応力度計算による安心の構造

 などを形にしました

Img_97352


Img_97762


Img_97782

Img_98272


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

見学会に行ってきました。  自然素材

10455030_671484142931860_6336891352

建築家奥山裕生さんの、マンションリフォーム見学会に行ってきました。

壁・天井は珪藻土、アクセントの木部はすべてタモ、と
すっきりして、暖かな雰囲気のお住まいでした。

マンションでさえ、これだけ自然素材を使って住みたい・・
と思われる方が増えてきているのですが、(特にお若い方たち)
なぜか、売り出されてる戸建て住宅やメーカー住宅は、
プリントの新建材がほとんど・・。

自然素材に力を入れてるのは、建築家か一部の工務店に限られます。

安いこと(ものによっては無垢より高い)、
表面強化してるので、表面的には手入れしやすい、
ばらつきがないのでクレームがきにくい、
ことなどから、‘施工者側から‘は新建材が使いやすい のですが、

本当に、それが、住み手に取って、気持ちのいい空間になるのか?
素材による呼吸は?
足触りや、手をかけた時の心地よさは?
経年劣化ではなく、経年変化を楽しむには・・?

コンクリートの箱にいれたマウスは早く死んでしまうそうですが、
木でつくられたり、木で内部を囲った箱の中のマウスは
長く生きるというのは、有名な話です。

人間自体が、ポーラスだらけの、
自然な存在なのだから、
やっぱり多孔質の自然素材の中で過ごすのが
自然だと思います。


直接体がふれる無垢の床材に、私がこだわるのも、
そんな理由からです。


奥山さん、有難うございました。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

家のにおい  ペットのにおい

その家特有の匂いってありますよね。

特にこの梅雨時、ドア開けたとたん、
気になることも。

ところが、この家の匂いは、
住んでる本人たちには、慣れてしまってるので
わかりません。

先日、猫を10匹近く飼ってる人の家に
上がらせていただいたところ、
強い匂いにびっくりしました。

「驚いた?でも慣れちゃったのよ」ということでしたが、
アレルギーの方などは入れない、とのこと、
猫好きの方には気にならなくても、招ける人が限られるというのは、
ちょっと残念な気もします。

1匹程度なら通常の24時間換気システムで大丈夫と思いますし、
気になったことはありませんが、
複数飼う場合や、少しでも匂いを抑えたい方にお勧めの一つは、
OMソーラーシステム。

ソーラーでしょ?
と思われるかと思いますが、
このシステムは、屋根で温めた空気を室内循環させるものなので、
新鮮空気が、通常の家より多く入ってきます。
夏も、こもった室内空気を定期的に排気することもできます。

先日伺ったOMのお宅は、

「長期間の旅行から帰ってきても、ムッとしない」

とおっしゃっていましたが、
閉めたっきりの別荘でも採用があるのは、
そんな理由によるものです。

動物に限らず、家の匂いが気になるなあ、という方は、
暖房・お湯採り・太陽光発電もセット出来る(クワトロ)
OMソーラーを考えてみませんか?


おひさまの匂いがする家って
良いですよね! (o^-^o)

きっと飼われてる、嗅覚鋭いペットちゃんたちも、
気持ちいいのではないかしら?

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

梅雨時の洗濯物干し場所  #1 サンルーム

又、梅雨空が戻ってきました。

洗濯物を外に干せなくて、
イライラされてる方もいらっしゃるでしょうね。

室内で干す場所については、
プランに応じて、ご提案をしますが、
いくつか、ご紹介して行きましょう。

Img_93552

まず、床面積が広く取れる場合で、
外に干すことがあまりない場合は、
サンルームをご提案します。

こちらは、平屋で、4畳ほどのスペースを設けました。
(撮影の後、天井に物干し金物がついてます)

1/3は、土間になっていて、
庭仕事用の道具を置いたり、
もらった野菜を仮置きしたり、
作業場も兼ねています。

最近は、ガーデニングが大変人気ですから、
外に流しやアルミ収納を設置だけでなく、
こんな場所があるといいかもしれませんね。

木製デッキにもつながっていますから、
楽に外に出られます。

特に定年後の建て替えで、

「もう、部屋数はいらない。
 庭を楽しんで過ごしたい。」

という方には、是非お勧めのスペースです。

P10501822

こんな小さな、流しも設けました。
お花の水揚げしたり、野菜の泥を落としたり、
便利に使えます。

トップライトもありますが、
温室のようにガラス面を大きくし過ぎると、
夏が暑すぎるので注意。
窓を大きくして、風を通した方が洗濯物は良く乾きます。

寒冷地で、冬は寒過ぎて乾くのに時間がかかるので、
加湿も兼ねて、室内にも物干し金物を設けました。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

グリーン あれこれ

Dscn2188

花水季さんに、事務所の、
夏のウエルカムコンテナを作ってもらいました。

去年の夏とは全く違うアレンジ。
う~~ん、さすがだ。
ふわふわ揺れる赤い花(名前、即効忘れた)が、
日にあたってきれいです。

有難うございました。

Kimg0182

こちらは、今日の朝、庭で収穫したブルーベリー!!

美味しいよう~  ( ̄▽ ̄)

毎日、朝夕、庭に出るようになったので、
腕は、蚊に刺された跡が、沢山・・。

蛇まで遭遇。即、ダンナを呼ぶ。  (ノ_-。)

でも、めげずに、
草木の成長する様子が楽しくて、
いそいそと、出ております。


夢は、ガーデンランチ! 狭いけど。(^-^; 
頑張れ私!!

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (3)

設計事務所カフェ 伝えたかったこと

先日ゲストスピーカーで招かれた「設計事務所カフェ」
思いがけず、熱い反響をいただき感謝です。

感想アンケートにとどまらず、
メールなどを直接沢山いただきました。
有難うございます。

参加前に、私が一つ心にとめていったことは、

「自分の息子(子供)と思って、話しよう」

ということです。

ちょうど皆さん、私の社会人の息子と同じくらいの年齢なんですね。

自分に足りないことは、謙虚に学び、
それでも理不尽な言葉を投げかけてくる人の言うことは
気にしないんだよ。
誰にも、あなたの‘人格と将来‘をネガティブに言う権利も根拠も無いのだから。

そうして、楽しく、続けていく。

もし、方向を変えなければならないのだとしたら、
自分の意思で、責任もって進む。

すべてのやる気のある若い人たちが、
自分を大事にして、
前に進めますよう! (o^-^o)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

鎌倉の見学会

Dscn2162


週末、鎌倉まで、見学会で行ってきました。

設計監理は、若原アトリエさん。

漆喰の壁と、桐の天井、絶妙なスケール感が、
静かな空間を構成しています。

若原さんは、ルイスポールセンの器具を上手に使われる方で、
PH5が、求心力となって、
心地よい居場所を作っています。

ペンダントは、このように、
低めに下げるのが、○。(テーブルから60~80㎝)
(座った時に、光源が見えない。
 親密さが増す。重心が下がって落ち着く。)


若原さん、すばらしい体験有難うございました。

想像以上の空間でした。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

« June 2014 | Main | August 2014 »