« アクセス解析で分かること | Main | 美しい照明のある暮らし #18 暗さがあるから生きる »

ラリーまたは、キャッチボール

884
477
309
269
230


(たぶん、平均すると200前後)

さて、なんの数字かというと、
それぞれ、お客様からいただいたメールの数です。
(クラウドに保存してる記録分。)

メールのやり取りは、
最初の「面談希望」から始まって、
打ち合わせ、スケジュール調整、工事中の確認、メンテナンス・・・
時には、旅行に行かれた時やご家族の進級のご報告なども・。

電話連絡や、携帯メール連絡が主の方もいるので、
この数字とやり取りの密度は、必ずしも比例しませんが。


家づくりのクライアントさんと設計者のコミュニケーションは、

長いラリー、またはキャッチボールをしているのと同じです。

こんな風に投げたらどう返してもらえるかな?
気持ちいい、球が返ってきたなあ!
お疲れかな?頑張って!

お互いの呼吸と力をはかりながら、
だんだんに、正確な位置に、良いタイミングで
返せるようになってくると、
家づくりはスムーズに進んでいきます。


返信には一週間以上あけて設計者の威厳をを持たせる、
という人もいるらしいですが、
私は、返信可能な内容には、読んだその場で、
確認が必要なものでも、
第三者の都合が絡まないものについては(メーカー回答を待つなど)、
2~3日以内には、お返事するようにしています。
(もし、一週間返事がなかったら、届いてないなどのトラブルの可能性もあるので、
 再送ください。)

やきもき、イライラさせずに、
気持ちのいい、ラリーを続けたいですね。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« アクセス解析で分かること | Main | 美しい照明のある暮らし #18 暗さがあるから生きる »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アクセス解析で分かること | Main | 美しい照明のある暮らし #18 暗さがあるから生きる »