« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

H邸 植栽増えました

Dscn1677

H邸、もうすぐ完成から一年経ちますが、
植栽を増やされたというので、
伺ってきました。

数本の高木だけだったお庭から、
芝生と木を増やされて、
すっかり見違えました。

これから葉が茂り、芝生が青々してくると、
室内に入る空気も少し涼しげになり、
見た目もさわやかで、
ますます、おうちでの時間が豊かになってきますね。

「芝生は芝刈りが面倒で・・」
とおっしゃる方が多いですが、

今までの経験から言いますと、

* 雑草だけより管理が楽(一緒に刈ってしまうのも可)
* コンクリート打つより、安い
* 砂利やコンクリートよりずっと涼しい!
* 子供が遊ぶのに、安全で最適
* 見た目が美しい
* ゆっくり育つ品種もある

ので、
手間を差し引いても、
ほんとお勧めです。

レモンの記念樹も・・。


Dscn1700

*****

H邸、二回に分けられて、
外構工事をされましたが、
このように
住みながら、作っていくというのも、
良いですよ。
不便な点も確認できますし、
家を育てていく楽しさもあります。
また、当初予算を確保できない場合も、
だんだん加えていくことが可能です。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

リニューアル工事スタート

Kimg0090

店舗リニューアル工事が始まりました!

消費税前の駆け込みなどの影響で、
3か月遅れの着工です。

6月にはお披露目の予定ですので、
進捗ご報告していきますね。


大規模リフォーム工事の方はそろそろ終盤で、
完成が見えてきました。

リフォームの時は、
古い良い部分を生かして、継承していくように考えますが、
今回も、
「残した意匠が生きてきた」とご感想をいただき
嬉しい思いです。

それも、あざとくなく、
新旧、全部が以前から、一緒にあったような・
そんな雰囲気になれば、成功です。


店舗も、住宅改修も基本は同じ。

使う人、住む人、訪れる人が、
「楽しい」気持ちになりますように。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

満喫!

Kimg0081

連休前半、
昨日は、ダンナと、
美味しいもの食べて、
のんびり、森のプチ散策をしてきました。

Kimg0080

私はなにしろ、春や初夏が大好きで、

緑が見えるところで、
風に吹かれて
美味しいものが食べられれば、
他に何もいらない・・
という人間です。


設計するときも、
緑や空が見えるかな・・
美味しくご飯が食べられるかな・・
ゆっくりお茶を飲みながら、
眺める風景はあるかな・・

と、いつも考えてます。


あ~~満喫!!


Kimg0082
山頂で「○」を叫ぶダンナ

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

アウェイ? ホーム?

昨日ご相談に来られた方が、

「設計事務所が遠いと、毎回打ち合わせに通うのが大変で・」

と、おっしゃられたのを聞いて
そういえば、クライアントさんに事務所に出向いてもらう回数が多い
設計事務所が主なのかな、と思いました。

私のところは、
最初来ていただいたら、
あとは、ほとんどがご自宅。
たまに、気分転換にカフェ。


カタログ・模型なども
車で運ぶので、
事務所に必ず来てもらう必要はありません。

なぜ、ご自宅で、かというと、

* リラックスしてお話ししてほしい
* 生活の様子や持ち物が、わかる
* お子さんがぐずる・あずける、などの心配がない
* 敷地が近くなら、何度も見られる

などの理由です。

どこでも行くのか、というと
一番遠くて岡山や伊丹市。
泊まりがけ、または、早朝出発日帰りで。

お身体が不自由な方のお住まいには
泊まりがけで伺い、
一日の動作で、どこにどんな不便があるのか、などを
確認させていただきました。

事務所でのプレゼンや打ち合わせは、
私にとって、ホームですから、やりやすいし、
時間の節約にもなりますが、
小さなことでも、日常の生活の中からヒントを見つけたいので、
あえて、アウウェイ(笑)へ、
出向かせて頂いています。


そんなところが、
「すぐになじんだ」
「前から住んでたみたいだ」
「ストレスがない」
と言っていただける理由だと思います。


***

Kさま、貴重な連休に
お出かけくださって
有難うございました。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

楽しいのがいい

今ブレイクしつつある、
スウェーデンの3ピースバンド
DIRTY LOOPSのPVを、ヘビーローテンション中。

その音楽的な魅力はさておき、
なんで、PVで見ちゃうかなあ・・と考えたら、

‘楽しそう!‘なんですよね。

スタジオで演奏してる様子が、すごく!


録画してるコンサートで繰り返し見るのは、
「くるり」で、
これもまた、セッションしてる様子が、
もう、本当に気持ちよさそう!

ヨーヨー・マが、ジャンルを超えて
仲間と演奏してるのも録画してて、
それはもう、クラッシックコンサートのときとは
又違う、リラックスした楽しそうな表情。

なんでもね、
‘楽しそうにする人‘が好きなんだなあ。


仕事も、楽しそうにする人がいい。


自分が楽しんでない仕事を、
クライアントは楽しんでくれないと思うしね。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

勉強会&懇親会

パッシブデザイン(自然の力を利用した家づくり)の
講習会と懇親会に行ってきました!

毎年数回参加してますが、
今年は、懇親会も皆勤賞にしよう!と
お邪魔しております。

みなさん、志が高い方たちなので、
すごく刺激になります。

10177286_744900548883589_8696391002
(事務局の写真から拝借。)


酎ハイ二杯で、電車内熟睡。

気が付いたら、
二駅(といっても、田舎の二駅は遠い・・・)乗り過ごしてました・・。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

調光・調色が安く簡単に! ダイコーの器具

Dscn1644

おおー何でしょうこれは!

こんなアタッシュケースを持って、
ダイコーの営業さんが来てくれました。

中には、

LEDダウンライトがセットされていて、
実際点けてみることが出来ます。

何のデモンストレーションかというと、

LEDダウンライトの 調光・調色
ためしてみることが出来る装置です!

こういうの、ツボです!(笑)

で、冷静にご説明しますと、

今までは、白熱球しかできなかった調光(だんだん明るく・だんだん暗く)が
LEDではできるのと、
さらに、一台で、

昼間のような昼白色から、
ろうそくのような温かみのある色にも
段階的に調色出来るのです。

それが、大仰なコントローラー無しで
簡単に‘安く!‘できます。


朝や作業・勉強するときは昼白色で、
夜テレビを見るときには、
暖かな色で薄暗く、
ということが、気軽にできるようになりました。

これは体験してみないとわからないのですが、
(なので、こんな重い装置を持ち歩いているのね)

今週工事スタートした、
リフォームショップリニューアルで、
リビングコーナーにセットしています。

是非是非、
見に来てくださいね。

6月オープンです!

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

もし、住まいづくりが‘家族旅行‘だったら  その2 資金計画

旅行に行くときに、
当然「予算」を考えます。

今使える金額を確認して、

「本当は海外に行きたいけど・・」

方向転換して、‘国内旅行‘を
楽しんじゃおう!というのもあり。

どうしても行きたい!というなら、
国内旅行をやめて、数年倹約して貯めて行く
という選択もあります。

また、車を買い換えようと思ってたけど、
旅行の思い出のほうが大事だなあ、
と考えるのもあり。


家づくりも、

自分にとって、家ってなんだろうな?

という、価値観の確認から方向が決まるので、
どれくらいかけるか、
というのも、目標値が変わってきます。

ほしい空間があって、そこに向かって
貯金していく、という選択が一つあります。
(実際、そういう明快な目標で倹約して資金準備されてくる
 クライアントさんもいらっしゃいます。)

反対に、建てるタイミングで、
予算が決まってしまう場合があります。
(自己資金+ローン)

子供が小さいときの家族旅行みたいなものですね。

その時にまずすることは、
「諸経費(引っ越し代・登記費用・設計料・カーテン代・測量費など)」と
「別途工事(外構費など)」の概算を
自分で出してみて、
「建築本体」にいくらかけられるか
計算してみること。

なぜなら、家づくり会社が「ご予算は?」と聞いた時の金額は、
建築本体の金額だからです。

また、チラシなどでうたってる金額も、
本体価格がほとんどで、
測量費などは含んでいませんし、
ローン手数料・地鎮祭代
もちろん引っ越し代なども入ってません。
(家づくりの総額と、建物建築総額は違うということですね。)


内容は、‘家づくりスタート雑誌‘‘ネットサイト‘
などから、簡単に項目がわかるので、
3か所くらいの情報を集めてみます。

項目ごとに、どれくらいかという目安も、
最近ではネットですぐ検索できるので便利ですね。

私が執筆参加した下記の本でもわかりますので、
購入してみてください。

Publish_photo011_2
(埼玉の建築家とつくる家)

ここで、見落とされがちなのが、
「地盤改良費」です。
経験から言うと、必要なのは半数ぐらいですが、
必要な時は100万前後かかりますので、
予算としてみておいた方が安心です。

また、分譲地以外は、
「測量費」「擁壁工事費」「配管費用」「解体費」などの諸費用・別途工事が
必要な場合もあります。
ここは、専門家が見積もりをしなければわかりませんが、
全体の予算として余裕を持っておくといいです。

なんだか難しそうですが、
とにかく今はネットでいろんなことがわかるので、
わかる項目だけでも計算しておいて、
あとは、専門家に早めに相談して、
資金計画をするのがグッド。

本体価格が出て初めて、
依頼先や規模、が、
具体的に検討できます。

お手頃パケージ旅行(パワービルダー)にするか、
高くても安心大手会社添乗員付き(メーカー)にするか、
日数(面積・設備)を減らしてでもこだわり旅館(設計者)にするか・。


ちょっと、むりくり、旅行に絡めた感もありますが、笑

旅行も家づくりも、
計画は大変だけど、いろいろ知ることが出来るし、
納得するためには大事な行程。
一生に一度の体験、
じっくりご検討くださいね。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

「もし、住まいづくりが、‘家族旅行‘だったら」

住まいづくりのご相談で、
必ず出る話題が、

「メーカー・工務店・建築家の家づくりは何が違うのか?」

そこで、
こんな風に置き換えてみました。

「もし、住まいづくりが、‘家族旅行‘だったら!」

まず考えることは、

1  どこに行こう?
2  そこではどんな体験をしたい?
3  期間とお金をどれだけ掛けられる?

ですね。

では仮に、
「京都」に、家族と行こうと決めます。

で、2が大事。

「どんな旅行をしたいんだろう?」
とじっくり考えること。

A コース考えたり手配が面倒 まあまあの内容でお任せしたい
B とにかく安く、お宿もこだわらない
C お宿が目的など、自分の好みで十分味わいたい

Aは、旅行会社が企画した豪華パッケージ旅行など。
  交通機関から、宿、行く先まで決まっていて、楽ちん!安心。
  添乗員さんまで付いていて、至れり尽くせり。
  その分高めで、規格を外れることができません。

  これは、メーカー住宅さんに近いですね。
  

Bは、格安バスツアーみたいな旅行。
  一通りそろっていて、お寿司の食べ放題なんていう売りもあり、
  人気。こちらもパッケージで楽ちん。
  ここはこだわりたい!というより、これで十分!気軽に楽しみたい人向け。

  パワービルダーさんやローコスト系工務店さんが近いかな。


Cは、パッケージには組み込まれない、こだわりの宿や、
  体験をしたい人向けの個人旅行ですね。
  こちらは、宿は自分で、交通機関も自分で、スケジュールも・・と
  なにしろ、自分で計画して自主的に動かなければならないので、
  手間と時間がかかります。
  でも、満足度と達成感は一番!
  行った先で、自由に行動できるのも最大の魅力。

  建築家や、こだわりの工務店さんが
  ここにあたると思います。 

  パッケージでない分、自分自身の手間もかかりますが、
  こだわりの住まいを手に入れることができます。

自分は、どんな旅行をしたいんだろう?

=自分はどんな家づくりをしたいんだろう?=

まずは、目的をはっきりさせるのが大事です。


  
  
(一番わかりやすいのは、住宅展示場に行ってみること。
 そこで、納得・気にいった建物があれば、パッケージタイプで
 大丈夫です。
 ‘住みたい‘と思える家がないなあ・・というかたは、
 自分でも気が付いていないこだわりがあるのかもしれませんね。
 建築家も、候補に入れてみてください。)

次回は、コストのお話・。
 

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

子育ての庭から、リフォーム

Dscn1639

うちのちっちゃな庭は、7坪程度。

今は成人、大学生の息子たちが
小さかったころは、
夏にはプールを二つも出して、
毎日、近所の子供たちとお母さん、
10人ぐらいで、ワイワイと楽しい時間を過ごしました。

Shukudai

もう少し大きくなってからは、
庭にピクニックテーブルを出して、
芝生の上で、宿題をしたり、
段ボールハウスを作って遊んだり・・。

なにしろ、芝生だけがあれば、
気持ちよく楽しく過ごせました。


Dscn1630

そんな、すてきな時間が過ぎ去ると、
草取りが負担になるだけの庭になってしまったので、

今度は、自分自身が楽しめる、
庭にリフォームしようと思い立ち、
まずは、一本の樹を植えてもらいました。

Dscn1632

選んだ木は、
3m株立ちの 「ハウチワカエデ」

ふわふわと、枝先が揺れて、
木漏れ日がきれいな木です。

葉が大きいので、
紅葉が特にきれい。


それにしても、
一本の木で、
これだけ雰囲気が変わってしまうんだなあ!と
改めて、植栽の力を感じました。

次は何を植えようかな?


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

アクセス解析でわかること  2

先日、アクセス解析で、
見てくださってる方の「地域」がざっくりわかるというのを
お伝えしました。

相変わらず、九州・四国・山陽が多いです。

(ぜひとも、ご依頼待ちしております。笑)


また、性別というのも、
どういうしくみだか、比率がわかるようになってますが、

8 割強が、男性です。

これも謎です。
(菊川玲ぐらいの美貌ならわかりますが。笑)


よく、女性設計者だから、
女性のご依頼がほとんどでしょう、と言われますが、
実は、実際のご相談も、
男性のほうが7:3ぐらい?で、
多いです。

もちろんその場合は、
ご夫婦で検討されて、連絡をご主人が、
ということもあると思いますが、
ご主人さまが先にネットで探されて、
奥さまに、連絡しといて!ということもあります。
また、店舗などは、男性からだけ、
というのがほとんど。


性別関係なく、
作品を見ていただいて、
ご訪問、ご依頼いただいてると思うので、
こちらも性別を気にしませんが、

男性で、「相談に行くのがちょっと気後れして・・」
という方がいらっしゃいましたら、
是非、遠慮なくご相談ください。

まあ、家族でさえ、
私を女性と思ってるかどうか・・?笑

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

建築現場の状況

ニュースでもお聞きになってると思いますが、

消費税・復興・オリンピックと重なった影響で、
職人さんと資材が足りず、
まだ混乱した状況が
続いています。

予定金額と合わずに、
特にコンクリートをたくさん使う
公共工事を中心に、
落札先が決まらないという、状況があちこちから
聞こえてきます。

住宅も、
職人さんが探せなくて(復興地域に移動している・値段が合わない)、
工務店からキャンセルした話や、
着工がいつになるかわからない・・といった
話も聞こえてきました。
昨年の今頃より、
コストもアップしています。


こんな時期は、

あちこちに声をかけて
ちょっとでも安いところを、と駆けずり回るより、
信頼できる工務店やメーカーに早めに声をかけて、
着実に、進めるのが良いと思います。

また、現実的に、
予算や内容を見直して、
社会情勢に合わせる必要もあります。

大事なのは、
工期も予算もプランも、
無理を通そうとせずに、
話し合いを確実に進めることですね。

そうしないと、
どこにも受けてもらえない、
という、状況になりかねません。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

その土地には建てられるか?

郊外地域の住宅設計をしていると、

持っている畑や、広い宅地を、
分筆するなどして、家を新築する
というパターンがとても多いです。

作品でご紹介してる中では、

「熊谷サマーハウス」
「田園カフェの家」
「ハンの木の家」などがそうです。

その場合は、
開発や農地転用なども絡んでくることが多く、
境界を確定するところから
始めなければなりません。

では、境界を決めて測量してから
設計事務所に相談に行けばよいか、
というと、
それだと、あと1mのところで、
希望のプランにならなかった、
ということも起こりうるので、
早い段階から、
土地家屋調査士さんと一緒に
参加させていただく方が
間違いありません。

また、
「こんな風に建てよう」、と思っていても・・

旗竿敷地では、県条例があって、
通路幅が決められたり、
農転は時期が決まっていたり、
農転できない地域もあったり、
集落排水は、戸数オーバーでつなげないことがあったり、
近隣との境界が確定していなかったり、
道路境界の査定が必要だったり
・・・・・・・  (@Д@;

などなど、
実は、いろんな条件が複雑に絡み合っていて、
すぐにプランを始められないことが
ほとんどです。
(通常の期間 + 6~12か月)

専門的な知識と、交渉が必要なので、
早めにご相談ください。

又、手続きと測量、開発造成工事、設備引き込み工事に
費用がかかりますので、
諸費用として、建築工事費・設計費とは別に用意します。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州 M邸 植栽

Dscn1595

昨日は、
信州 M邸の、植栽で、
位置決めに立ち会ってまいりました。

常緑樹は、コメツガ。

「信州に来たなあ・・」
と思える、地元ならではの樹です。

中庭の高木は、シャラ。

樹形が素直で、気持ちのいい木ですが、
クライアントさんは、山の中の五か所もの畑を、
造園やさんと回って決めたそうです。

愛着もわきますね。

足元は、焼石のロックガーデン。
これも、地元ならではの素材です。

Dscn1593

玄関前にも、シャラ。

これから、葉が茂ってきたら、
木製の玄関ドアにも映えて、
きれいでしょうね。


Dscn1582

こちらは、玄関ホールから中庭を見たところですが、
モミジの枝が、ちょっとのぞいて、
こちらも、秋の紅葉時には、
すてきでしょうね。

他にも、シャクナゲやジューンベリー、
山吹、アナベルなどなど・・・

季節ごとに、花が咲いて、
どの季節に行っても、楽しい、
変化のある、お庭になりました。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら


| | Comments (2)

消費税の影響は?

昨日は、仕事関係の買い物があって、
秋葉原の巨大なヨドバシに。

消費税アップでも、内税の金額は変わらず・ポイントもそのまま、
という、表示のためか、
まあまあの人出で、
エレベーターもなかなか来ないよ・という状態でした。

もちろん、3月はものすごかったのでしょうけど、
慌てて買わなくても、
金額は変わらなかった、ということですね。


むしろ、影響が大きかったのは、
輸送関係。

二週間前にお願いした、お菓子屋さんは、
やっと宅急便が正常になってきたので発送しました、
との連絡。

3月中旬に頼んだ、アスクルの家具は、
なんと、本日到着。

雪の影響に、消費税アップ、XPサポート終了・・・

大混乱の1カ月が過ぎてみれば、
案外、そんなにあわてなくても・・・という
ことも多かったかもしれませんね。

ちなみに、
マンションや建売住宅、パワービルダー系は
昨年度忙しくて、落ち込んでるところもあるようですが、
注文住宅は堅調、というより、
知り合いの建築家は去年より忙しくなったところも多いですね。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

毎日のできごと | | Comments (0)

ジャック・タチ 映画祭

知る人ぞ知るの、
映画監督・喜劇役者
ジャック・タチ

25年前、
友人から勧められてビデオで見た、

「ぼくの伯父さん」 は

すごい衝撃でした。

1958年に公開された映画ですが、
今見ても超モダンな最新式の住宅と、
無駄がいっぱいの魅力ある下町の生活の対比が、
ユーモアたっぷりに描かれていて、
これが、56年前の映画?と、
びっくりするはず。

その映画祭が、東京で開催されていて、
地方にも巡回するらしい!
未公開映画も含めて!

特に、建築関係者に
見てほしいな。

オートマチック・モダンすぎる空間が、
何を失ったか、
鮮明にわかるはず。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

毎日のできごと | | Comments (0)

美しい照明のある暮らし #18 暗さがあるから生きる

Photo

ルイスポールセン社から送られてくる
美しい照明のある写真を、ご紹介しています。

日本の一般的な空間とはかけ離れてるのですが、
ここにも参考になることが。


「暗い場所があるから、照明(光)が美しく見える」

ということ。


日本では、長く(今でも)、
天井の真ん中に、部屋全体を煌々と照らす、
フラットな照明を付けることが、主流だったので、
スタンド照明があっても効果的に使われていた、
とは言えないと思います。

最近はメリハリのある多灯式が増えてきて、
光景も変わってきました。

部屋の隅や、
本棚の横、
など、

ちょっと暗いな、と思うところに、
スタンドを一台置くだけで、
空間は変わりますよ。

*************************


アイルランドにある、コンファレンス・センターと朝食付きの宿泊施設「バリーウォルター」は、
これまで多くの国際的著名人や企業から指示を集めてきました。

この優雅なカントリーハウスには、ルイスポールセンの照明器具がたくさん使われています。

オーナーのダンリース卿夫妻は、デンマークを訪問した際、アンティークのPHランプに出会い、
150年の歴史ある邸宅をモダンで上品なゲストハウスに改築するために、これらの照明を選びました。

Photo Copyright: Kaslov Studio

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

美しい照明のある暮らし | | Comments (0)

ラリーまたは、キャッチボール

884
477
309
269
230


(たぶん、平均すると200前後)

さて、なんの数字かというと、
それぞれ、お客様からいただいたメールの数です。
(クラウドに保存してる記録分。)

メールのやり取りは、
最初の「面談希望」から始まって、
打ち合わせ、スケジュール調整、工事中の確認、メンテナンス・・・
時には、旅行に行かれた時やご家族の進級のご報告なども・。

電話連絡や、携帯メール連絡が主の方もいるので、
この数字とやり取りの密度は、必ずしも比例しませんが。


家づくりのクライアントさんと設計者のコミュニケーションは、

長いラリー、またはキャッチボールをしているのと同じです。

こんな風に投げたらどう返してもらえるかな?
気持ちいい、球が返ってきたなあ!
お疲れかな?頑張って!

お互いの呼吸と力をはかりながら、
だんだんに、正確な位置に、良いタイミングで
返せるようになってくると、
家づくりはスムーズに進んでいきます。


返信には一週間以上あけて設計者の威厳をを持たせる、
という人もいるらしいですが、
私は、返信可能な内容には、読んだその場で、
確認が必要なものでも、
第三者の都合が絡まないものについては(メーカー回答を待つなど)、
2~3日以内には、お返事するようにしています。
(もし、一週間返事がなかったら、届いてないなどのトラブルの可能性もあるので、
 再送ください。)

やきもき、イライラさせずに、
気持ちのいい、ラリーを続けたいですね。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

アクセス解析で分かること

ブログのアクセス解析が、
最近、詳細になって、
いろんなことがわかるようになりました。

たとえば、
どこの地域の人が見てくださってるか・
ということがわかる、
色分けされた日本地図。

南が多い んですねえ。
なぜか。

特に、九州の方たちが一番アクセス多いようですが、
知り合いも多くないし、
九州に関係した記事も書いてないし、
仕事を依頼されてる方もいないし、

なのに、
もうずっと、ダントツなのが
不思議です。

ちなみに、事務所がある埼玉より
はるかに多い!


九州といえば、
一度だけ、若いころ、兄弟と旅行したことがあります。

宮崎・柳川・阿蘇・福岡・長崎・・・
国民宿舎に泊まったりして、
大方回りましたね。

現在のつながりといえば、
福岡・飯塚に、いつもお願いしてる
建具屋さんがいらっしゃることぐらい。

なにはともあれ、
ずっとご訪問いただけてるのは
嬉しいことです!

感謝です。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

毎日のできごと | | Comments (0)

設計者と工務店の関係が変わる   

Dscn1567

建築の専門家が読む雑誌
「住宅特集」で、
こんな記事が掲載されました。

巻頭が、
建築家の先鋭的な作品ではなく、
24pに渡る、作り手(工務店)へのインタビューです。

Dscn1568

カリスマ的な職人さんや
特殊な会社が取り上げられることはあっても、
家族経営的な小さな普通の工務店が、
「デザイン紙」で大きく取り上げられることは
あまりありません。

私が理想とするのは、

クライアントさんと設計者、施工者が、お互いフラットな状態で、
円卓で話し合うような家づくり、です。

ご契約いただくお客さまにも、
ご理解いただけるよう、
お話しています。

クライアントさんは、夢を語り、応分の予算を用意する
設計者は、アイディアを提供する
施工者は、持ってる最高の技術で実現する

だれかが、威張ったり、無理を通そうとしたり、
ごまかそうと思わないで、
誠実に役割を果たす、

そうすれば、必ず、
良い家が出来るし、
家づくりの現場も、うまく循環していくと思います。

でも、実際は、
無理な設計、工期のしわ寄せが
工務店さんだけに、
かかっていくという現場も少なくなく、
‘疲弊してるんです‘という言葉を、
あちこちで
聞くようになりました。


大事なパートナーの工務店さんに、
光があたって、
三者お互い、立場を思いやりながら
対等に仕事をする場が、増えていくことを願い、
また、私自身もそのような仕事を
していきたいと思っています。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

家族ネタ  春編

落第が多数出るので有名な大学に在学中の次男。

以前お伝えした通り、
今年は、
首の皮一枚でつながったようで、曰く、

「 怖かった・・・。 ( ̄◆ ̄;) 」

入試以上の緊張感だったようです。

で、心を入れ変えて
勉学に励むのかと思いきや、

「 ダーツの大会に出る! ( ̄▽ ̄) 」

と、ラウンドワンに通い詰め、
挙句、
自宅廊下に
音響も出る、
本格仕様のダーツの的が設置されました。

私も指導を受け、
筋が良いと、ほめられました。


絶対に、来年も、ヤバいわ・・・。 (;;;´Д`)


(ダーツって、暗算も得意じゃないとできないのね。
 そろばんやってた次男は、昔取った杵柄。)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

毎日のできごと | | Comments (0)

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り * 10 バスルーム *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 10 バスルーム ユニットを上手に使おう  *

バスルームは、在来工法で作って、
大きなガラス張りに、石張りの床・・

と、スタイリッシュなバスルームが
雑誌では人気ですね。

私が設計するお住まいでは、
そんなフォトジェニックな水回りではなく、
日々の使い勝手を優先させた、シンプルな
ユニットバスが多いです。

ユニットバスは、デザイン住宅では
あまり使われない印象がありますが、
実際見学会などに行くと、
上手に取り入れてる例が多いです。

ユニットのいいところは、

*暖かい(特に床下が、コンクリート直接でないので)
*掃除が楽(目地掃除や木部のメンテナンスがない)
*点検しやすい(在来は床下を点検できません)
*構造材の腐朽・シロアリの害を受けにくく
 更新しやすい

などなど。

それでも、木やタイルの感じが捨てられない、
という方には、ハーフユニットをお勧めしてます。

もちろん、在来工法もすてきなので、
機会があれば提案したいですね。

↓こちらは、トクラスのユニットバス。
 中庭に対して、大きな引き違い窓をつけました。
 ミニテラスで、夕涼みもできます。
 窓面には、水回りで使える木製ブラインドを取り付け、リッチな雰囲気に。

 トクラスの特徴は、暖房が足元からなので暖かいこと。
 YAMAHAのアンプとスピーカーが標準装備なこと!
 音響好きにはたまりませんね。
Dsc_0039

↓こちらは、TOTOのユニットバス。
 シンプルなユニットバスも、白で統一して、
 シャワーヘッドなどの金物を、メタリックにグレードアップすると
 すてきになります。
Img_0999

↓こちらは、ハーフユニット。TOTO
下半分がユニットバスなので、二階でも安心です。
 上の部分は、タイル張りや木を張ることが出来ます。
 メンテナンスが難しい方は、20~30㎝程度、ユニット上部に
 タイルかバスパネルを張るといいです。
72

 ※見学したおうちで、木の部分に、木目の大判タイルを張っていたのがありました。
  それもなかなか良かったです。

↓INAXバスルーム
 この壁のお色は、さわやかな感じで、結構人気でした。
 カラーを上手に取り入れると、気分が変わります。
Img_9816

↓介護しやすい水回り例
 トイレも脱衣室に設置。
 ユニットバスは、広めの1.25坪で、三枚引き戸。TOTO
 車いすでも、介助付きで使いやすい作りです。
 窓は、大きな出窓にして、
 バスコートを眺めることが出来ます。
Om102


憧れだけではなく、
毎日の水回りは、
使い勝手とメンテナンスをしっかり考えて作り、
長く、気持ちよく使いましょう。


ちなみに、メーカー選びの最大のポイントは、

‘浴槽‘に実際入ってみて、くつろげること

必ず、ご家族みんなでショールームに行って、入ってみてください。
(ゆったり見るには、平日行くほうが良いです)

見た目すっきりだけど、窮屈・・とか
広すぎて、足先が届かず、お年寄りには危ない・・
子どもと入るには、こっちが良いな・・とか
びっくりするぐらい違うものです。

グレードも、そんなに高いものでなくていいですが、
ユニットバスは、

断熱部位の違いが価格に反映されてること

下位シリーズにオプション付けるより、
上位シリーズから、いらないものをなくすほうが、
安くなることもありますので、
両方で検討してみてください。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

韻松亭 春

13

お花見の季節ですね。

先週、上野 韻松亭 で、夕刻
8分咲きの桜と、鳥すきを堪能してきました。

まず、予約なしで無理でしょう、と思ったのですが、
雨の後、早い時間で、ラッキーなことに入れました!

22

ここは、照明デザインが、石井幹子さん。(東京タワーのライトアップ)

ご本人がいらしたことも。

サクラ、料理、照明、趣のある建物・・・と、
どこをとっても、
上野の喧騒を忘れる、極上の料亭です。


| | Comments (0)

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り * 9 洗面所-2 既製品 *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 9 洗面所-2 既製品を利用しよう *

昨日に続き、洗面所です。

木製のカウンターは、すてきですよね。
でも、こまめな拭きとりなどの、メンテナンスが必要です。

とはいっても、メーカー品のセットそのままだとちょっと・・。

という方には、一部既製品利用したり、
シンプルな製品をお勧めしています。

↓パウダールームのイメージのK邸。
 カウンター部分はYAMAHA(トクラス)の既製品。
 鏡と間接照明を造作でつけるだけで、こんなにリッチな雰囲気になります。
 とにかく、ミラー面を大きくするのが、リッチに見えるポイント。
 トクラス得意の人造大理石で、掃除もしやすいです。
 サニタリーパネルも張って、日々の使い勝手もいいです。
 
Img_6797

↓KO邸。複数の家族が同時に立てるように、1200Wの洗面台です。
 このサイズでメーカー品だと、高価になるのですが、
 サンワカンパニー製で、コストもダウン。
 三面鏡もセットです。
 引き出しがない、などが、リーズナブルな理由ですが、
 見た目もスタイリッシュで、人造大理石、なので、
 お勧めです。
 ハイバックが使いやすい方も、お勧めです。
 照明ブラケットもお手頃品ですが、暖かな雰囲気に。
Img_1399

↓木の雰囲気も捨てがたいなあ、という方には、
 カウンターだけを人造大理石に。(TOTO製)
 他の造作は、シナで使い勝手良く作りました。
 照明器具は、リフォーム前に使っていた思い出の品。
 レトロな雰囲気が良いですね。
Img_4088

照明器具でも、
結構雰囲気が変わるのに
気が付いていただけましたか?

洗面所照明というと、
カタログには数種類しか載っていませんが、
いろいろ雰囲気によって使い分けます。

洗面所のポイントをまとめると

* 木のカウンターは、メンテナンスできるか、考える
* 収納量はどれくらいか
 (着替えも置くなら、広めにつくる)
* 既製品も上手に利用する
* ボールと水栓は使い勝手があるので、
  できるだけ実物を見て確認する
  ボールは、写真で見るのと実物は結構違う
* 水栓は、背が高い、ホースで伸びる、などのタイプが、
 掃除や洗髪しやすくて便利。
 花瓶に水を入れるにも、便利。

キッチン以上に、
毎日ハードに、家族全員が使う場所ですから、
良く考えて作りましょうね。

  

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り * 8 洗面所 木製カウンター *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 8 洗面所-1 木製カウンター *

先週お引っ越ししたKさんから、
「とても快適に過ごさせて頂いております」と
メールをいただきました。
まだまだ、荷物も片付かない中、
こんな感想を頂けると嬉しいです。

また、これも先週末お会いして、カフェで楽しい時間を
過ごさせて頂いた、リフォーム築7年のMさんにも、
「快適です」と感想をいただきました。

出来るだけ早くなじんで、
ずっと快適な住まいがいいですね。

洗面所も、そう考えながら、
デザインしてます。


洗面所は、実はキッチン以上に、
住まい手の使い勝手が強く反映されるところです。
なので、デザインもいろいろ。

今日は、
人気の「木製カウンター」の洗面所を
ご紹介します。

木製カウンターは、ぱっと見、とても素敵ですが、
カビやすい素材ですから、
日ごろのメンテナンスや、塗装やさんによる塗装替え が
必要になります。

毎回、水気を拭いたり、時々オイル塗ったり、
物を置き過ぎないで、風通し良くさせておけるか、
よく考えて選びましょう。

↓T邸 ウオルナット(ガラス塗装・モクト)の洗面カウンターです。
 ご自身で塗装のメンテナンスをされています。
 床は、コルクタイル。ウオルナットの色と合ってますね。
Img_9821

足元は、あけておくことが多いです。
湿気がこもらず、明るく、脱衣籠なども置けるので便利。

ボールは、Tさんがネットで選ばれた、大型のベッセル型。(ヒッツなど)
このサイズで平底のはあまりないので、便利。
Img_8866

↓H邸 洗面所です。T邸と同じのボールを選ばれながら、
 壁の腰は、モザイクタイル、床は黒のリノリウムで、イメージが変わります。
 鏡は、壁いっぱいに建築工事でつけます。
 ホテルライクに見えて、リーズナブルです。
Img_0698

少し広めにしたので、着替えなどを入れる棚も
造りつけにできました。
Img_0700

↓M邸 セカンドハウスの洗面所です。
 別荘は、洗面所も立て込むので、ツーボールにしました。(ボール サンワカンパニー)
Img_1320

↓MA邸 コンパクトなスペースでも、木のカウンターは
 暖かな印象にします。
 収納スペースを増やすために、三面鏡をつけました。
 間接照明も付いたすぐれ物は、サンワカンパニー。(ボール アドヴァン)
Img_0447

↓T邸は、実験用シンクを採用しました。(TOTO)
 なにしろ、容量が大きい!ので、大物を洗いたい方などに向いてます。
 値段もリーズナブル。
 ただし、水栓が、シンク上ではなく、カウンター上に付くので、
 お掃除はこまめに。
 正面の収納は、鏡が左右にスライドする家具特注品。
 小物は見えるところに置きたい、方に便利。
P1110213

↓T邸 サブ洗面スペース。(ボール サンワカンパニー)
 余裕があれば、1・2階それぞれに、洗面コーナーがあるといいですね。
 収納は、壁の厚さを利用しただけで、
 結構の量を置けます。
Img_8877

ちなみに、ほとんどの場合、
洗面所の腰は、合板か、サニタリーパネル、タイルにします。
ちょっとした水はねも、気にしなくていいですね。


「すてきだけど、毎日、木のカウンターの水気を拭いておく自信ないなあ・」

という方は、次回をご覧ください。

ちなみに、今までで業者さんを呼んで塗装替えをされたのは、
一軒だけで、それも、置いていたものの下に水がたまっていて、
という原因なので、
それほど神経質になられなくて大丈夫です。


※ボールを選ぶポイント  輸入品は容量(L数)が小さいのが多いので確認。
  ボールの後ろが仕上がってないものもあるので、
  鏡に写りこまないか、などチェックしましょう。
  水栓は、国産なども組み合わせがききますが、
  吐水口の位置・高さ、配管開口大きさなど関係しますから
  確認してもらいましょう。
  

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り * 7 キッチン -3 収納 *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 7 キッチン -3  収納 *

キッチンと収納 これはもう、永遠のテーマですね。笑


雑誌などを見てると、
ここにはこの収納で、こんな仕掛けで・・と
凝りに凝ったディテールのキッチンが・・。

私は、
キッチンに限らず、
収納は、ざっくりとしているのが良いなあと
思っています。

家族構成や、趣味・住み方が変わると、
収納するものもがらっと変わりますから、
あんまり細かく決め込まないほうが・。

たとえば、伊藤家では、

夫婦二人の食事が増えてくると、
ホットプレートの出番がほとんどなくなったり、
おやつの買い置きは減って、
備蓄用の飲料水のスペースが必要になったり・・。

よほど、収集してる食器や道具が多い
というのでなければ、
ゆったりめのスペースに、収納グッズも使って
収納するのが、長く便利に使えるような気がします。
(収納の仕方は、本多さおりさんで検索!)

↓ T邸、キッチンです。
  このように、食品庫を設けることが多いですね。
  もらったジャガイモや、ビールケースなども、そのまま入れられるので
  便利です。
  また、あまり使わない食器や、発酵品など、
  結構使い勝手が良いです。
  一坪とれれば、今ある食器棚をそのまま入れることもできます。

Img_9662

Img_9663

(結構奥行きあり。)
Img_9664

↓ H邸 食器収納庫は、キッチン奥の引き戸を開けた場所です。
  ここが優れモノなのは、さらにその奥は、もう一枚引き戸があって
  玄関に通じてること!
  玄関から、重い荷物を食品庫にそのまま入れることが出来ます。

Img_0912

(玄関左の引き戸の奥が、食品庫。キッチンへショートカットもできます。)
Img_1039

↓T邸 ダイニングとキッチンの間の特注家具。
  すてきな食器を沢山お持ちなのに、しまいこんでいらっしゃったTさん。
  どちらからも取り出せて、きれいに見えるような
  食器棚を作りました。
  コレクションをお使いになる頻度も上がったようです。

P1110249

↓M邸 引き出し
  細かいことですが・。
  引き出しを作るときは、よほど大きなものでなければ、
  「完全スライド」という金物を使って、
  引き出しの奥まで引き出せるようにします。
  見やすくて、便利ですよ。

P1120031

他にも、いろいろと工夫があるのですが、
又の機会にして、
お次は、洗面所にいきましょう。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り * 6 キッチン-2 *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 6 キッチン -2 *

システムキッチンを採用した例です。


↓K邸 YAMAHA(当時)のシステムキッチン
 背面の食器棚は、一部特注品で、レンジ前に収納式の扉を
 つけてもらいました。

 YAMAHA(トクラス)は、人造大理石のカウンターや、鏡面塗装が得意なメーカー。
 デザインもシンプルなので、空間なじみ、よく使います。

 最近出た、ハイバックカウンターは、掃除しやすいのではないかな。 →☆

Img_69192


↓M邸 セカンドハウス キッチン。 サンワカンパニー
 ここは、一般の方は知らない人が多いと思いますが、
 デザインがしゃれてて、安くて、国産が多い、という、
 設計者がよく使う会社です。

Img_13102

Img_13302

 機能も性能も十分で、ぱっと見は、
 上記のトクラス製品と変わらないようにも見えますが、
 面材の仕上げや人造大理石の厚み、など、
 コストを抑える工夫がされてますので、
 違いは、ショールームで確認しましょう。
 
 また、提示の金額は、定価で値引きは無く、
 別途、運送費や取り付け費がかかりますので、
 総費用を確認してください。

↓こちらもYAMAHA(トクラス)。 T邸、リフォームです。
 カラフルなシンクも人気で、選ばれる方も多いです。
 
 「朝から元気に、キッチンに立ちたいから」との理由で、
 オレンジは、奥さまのご希望。
 ちなみに、リフォーム前は、壁付けの濃い木目のキッチン。
 家族みんなで、明るいキッチンを囲みたい、
 という、きっかけでした。
22_2

↓K邸、TOTOのI型キッチンです。
 こまごまとした、気配りが多いのが、
 システムキッチンの強み。
 Kさまが、何度もショールームに足を運んで、
 細部まで、お気に入りの機能でまとめられました。

 色は、白で、
 しっくい壁が基本のインテリアに合うようにしました。

 「白」は、ショールームでは特徴がないように見えますが、
 空間になじみやすく、明るく清潔感があり、
 無垢の床材などにも、よく合います。
 K邸は、背面に、お持ちだった無垢の木のすてきな食器棚が
 置かれます。

Img_14092_2

他にも沢山のメーカーがありますが、
性能的には、どこも遜色ないと思います。

* 機能てんこ盛りにして、無駄に高価にしないこと
* 空間全体でどう見えるか、を考えること
 (キッチンだけが、不自然に立派で目立つチラシを良く見ますが)
* 木目を選ぶと、無垢の床材や家具との違いがわかって
 違和感があることも・。

など、お気を付けくださいね。


ちなみに、メーカー品ではなく、
ローコスト製品(輸入・国産共)を見ることがありますが、
とりつけてる工務店さんの話を聞くと、
「それなり・・」 で、
補強や、扉の交換なども出ることもあるようですから、
金額なりの性能だと、理解して購入しましょう。
交換時期も、少し早くなるかもしれません。

メンテナンスも、ちゃんとしてくれるか?
確認してくださいね。

上記メーカーで、
今まで、私の現場ではトラブルはありませんでした。

キッチン編、まだ続きます。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り  * 5 キッチン -1 *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 5 キッチン -1 *

奥さまだけでなく、最近は、キッチンに立たれるご主人さまも
増えたので、
皆さま、こだわりがありますね。

大きく分けて、
二つの方向。

* オリジナルで作る場合

* システムキッチンを使う場合

があります。

システムキッチンをお勧めする場合は、

・ 真っ白なキッチンなど、木目以外が良いとき
 (真っ白なキッチンを家具屋さんできれいに作るとなると結構高価)
・ 小さなポケット部分など、小回りのきく機能優先のとき
・ ショールームで実物を見て決めたいとき
・ 打ち合わせ時間が十分取れないとき(決まった中から選ぶので楽ちん)
・ お気に入りのシステムキッチンがあるとき
・ 多人数など、ハードな使い方が予想されるとき

など。

オリジナルをお勧めするときは、

・ 空間に対して、なじませたいとき
・ 大工工事でシンプルな機能なら安くなることも
・ 木の素材感がほしいとき
・ ざっくりした機能でいいから、使い勝手に合わせたいとき
・ 狭小住宅など、システムキッチンが納まりにくいとき

などです。

システムキッチンのときに使うメーカーは、
以前ならTOYOキッチン(最近は高級路線になってしまいました)
最近は、TOTO,RIXIL,トクラス(旧YAMAHA)、サンワカンパニー
が多いです。
それぞれ、特徴がありますから、
実物をご覧になるのが良いですね。

どのメーカーでも、お勧めするのは、
リーズナブルライン。
機能は十分ですし、あまり‘立派‘なものになると、
空間の中で浮いてしまいます。

今日は、オリジナルキッチン
いくつかご紹介いたします。

↓H邸。リビング側からは、キッチンらしきものは見えません。
 本棚・ペンダント・壁の間接照明と飾り棚で、機能を
 感じさせない空間作りをしています。

Img_07152

Img_07102

キッチン本体は、シンプルな、シナ合板を使った大工工事。

Img_07282

↓無垢の木の面材を使った、キッチン製作会社によるオリジナル。
 オープンでも、空間になじむ素材感です。

Img_79092

↓H邸とK邸。シナ合板による、大工工事で作ったオープンキッチン。
 吊り戸棚がないことで、リビングと一体でも、キッチンっぽさがなくなり、
 すっきりした印象に。 食品庫があるので、収納量は確保されてます。
 キッチンの窓から、緑が見えるのもポイント。

Img_8204

Kaki1

↓T邸。都内のコンパクトな空間に、ぴったりで作った、
 オリジナルなコの字型のキッチン。
 コックピットのような、使い勝手のよさです。

Takakitchennaka

キッチンの話は、もう少し続けましょう。

************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

住まいのコラム | | Comments (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »