« 韻松亭 春 | Main | 家族ネタ  春編 »

伊藤裕子設計室の定番とお気に入り * 10 バスルーム *

<伊藤裕子設計室の定番とお気に入り>

* 10 バスルーム ユニットを上手に使おう  *

バスルームは、在来工法で作って、
大きなガラス張りに、石張りの床・・

と、スタイリッシュなバスルームが
雑誌では人気ですね。

私が設計するお住まいでは、
そんなフォトジェニックな水回りではなく、
日々の使い勝手を優先させた、シンプルな
ユニットバスが多いです。

ユニットバスは、デザイン住宅では
あまり使われない印象がありますが、
実際見学会などに行くと、
上手に取り入れてる例が多いです。

ユニットのいいところは、

*暖かい(特に床下が、コンクリート直接でないので)
*掃除が楽(目地掃除や木部のメンテナンスがない)
*点検しやすい(在来は床下を点検できません)
*構造材の腐朽・シロアリの害を受けにくく
 更新しやすい

などなど。

それでも、木やタイルの感じが捨てられない、
という方には、ハーフユニットをお勧めしてます。

もちろん、在来工法もすてきなので、
機会があれば提案したいですね。

↓こちらは、トクラスのユニットバス。
 中庭に対して、大きな引き違い窓をつけました。
 ミニテラスで、夕涼みもできます。
 窓面には、水回りで使える木製ブラインドを取り付け、リッチな雰囲気に。

 トクラスの特徴は、暖房が足元からなので暖かいこと。
 YAMAHAのアンプとスピーカーが標準装備なこと!
 音響好きにはたまりませんね。
Dsc_0039

↓こちらは、TOTOのユニットバス。
 シンプルなユニットバスも、白で統一して、
 シャワーヘッドなどの金物を、メタリックにグレードアップすると
 すてきになります。
Img_0999

↓こちらは、ハーフユニット。TOTO
下半分がユニットバスなので、二階でも安心です。
 上の部分は、タイル張りや木を張ることが出来ます。
 メンテナンスが難しい方は、20~30㎝程度、ユニット上部に
 タイルかバスパネルを張るといいです。
72

 ※見学したおうちで、木の部分に、木目の大判タイルを張っていたのがありました。
  それもなかなか良かったです。

↓INAXバスルーム
 この壁のお色は、さわやかな感じで、結構人気でした。
 カラーを上手に取り入れると、気分が変わります。
Img_9816

↓介護しやすい水回り例
 トイレも脱衣室に設置。
 ユニットバスは、広めの1.25坪で、三枚引き戸。TOTO
 車いすでも、介助付きで使いやすい作りです。
 窓は、大きな出窓にして、
 バスコートを眺めることが出来ます。
Om102


憧れだけではなく、
毎日の水回りは、
使い勝手とメンテナンスをしっかり考えて作り、
長く、気持ちよく使いましょう。


ちなみに、メーカー選びの最大のポイントは、

‘浴槽‘に実際入ってみて、くつろげること

必ず、ご家族みんなでショールームに行って、入ってみてください。
(ゆったり見るには、平日行くほうが良いです)

見た目すっきりだけど、窮屈・・とか
広すぎて、足先が届かず、お年寄りには危ない・・
子どもと入るには、こっちが良いな・・とか
びっくりするぐらい違うものです。

グレードも、そんなに高いものでなくていいですが、
ユニットバスは、

断熱部位の違いが価格に反映されてること

下位シリーズにオプション付けるより、
上位シリーズから、いらないものをなくすほうが、
安くなることもありますので、
両方で検討してみてください。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 韻松亭 春 | Main | 家族ネタ  春編 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 韻松亭 春 | Main | 家族ネタ  春編 »