« 本日 PCお休み | Main | 雪の影響  工事遅延 »

配管スリーブ問題

Dsc0153979

(無事、OS変更終わりました。)

テレビや新聞で報道されてる、
億ションの欠陥問題、建て替えになったようです。

一般報道される前から、
専門家の間では情報が回っていて、

*一流大手の会社であること
*通常起こりえないミスであること
*ネット上の告発書き込みから、明るみになったこと

から、問題点のありかは、多岐に渡ります。

まずは、問題の概要は、

コンクリート工事では、
配管用のスリーブ(穴)は、先に補強をしながら、
構造上問題にならない位置に
事前に配置していくものですが、
(写真参照。最近の現場から)

図面上何百と抜け落ちていたために、
穴をあとから固まったコンクリートに開けることになり、
その時に、切ってはならない重要な配筋も
多数カットしており、
構造上強度を保てないことから、

販売を中止、建て替えとなった
という内容です。(報道から大まかに)


数か所のミスや、追加ということは、
ありうると思いますし、
その場合は、できるだけ主筋を切らないよう
気をつけるのですが、
どうも、構わず、穴をあけていったようです。


私は、以前から言っている通り、

「第三者監理(チェック)」の強化

が、最良であると思います。

優秀な会社でも、忙しかったり慣れがあれば、
ミスや、見過ごすことも出るだろうし、
今回のように、告発があって初めて表に、ということも
実際起こるわけです。

利害関係のない、第三者が、
複数でチェックにあたるのが、
再発せず、
お客さまの不利益にならない、
ただ一つの方法です。

(これはなにも、建築工事現場だけではありません)


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 本日 PCお休み | Main | 雪の影響  工事遅延 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本日 PCお休み | Main | 雪の影響  工事遅延 »