« もうすぐお引き渡し | Main | 今日のあれこれ »

中古住宅を購入するときに

先日、「既存住宅現況検査技術者講習会」
というのに行ってきました。

最近は、中古住宅を購入してリフォームしたい
という人が増えていますが、
「質に不安・・」という人も多いでしょう。

そこで、
「建物現況検査・インスペクション」というのが
あるのですが、ほとんどの人が知りません。
一部を除いて義務化されてませんからね。

目視で検査する簡易なタイプから、
一部を壊して詳細に調査するものまでいろいろあり、
費用も大きく差があります。

今回講習を受けたのは、
その、もっとも簡単な基礎的な検査について。

点検口から、覗ける範囲なので、
安心とはいきませんが、
全く検査を受けないよりいいですね。
(ちなみに、消費者アンケートでは、受けた人は
 たったの5.5パーセント!知らない人7割。)

検査と保証がセットになった
「既存住宅瑕疵保険」というのもありますから、
あとからの大きな補修出費に備えるためにも
検討されてはいかがでしょう。

年代で言えば、
1981年
又は2000年以前の建物を購入するときは、
耐震基準が違いますから、要注意。
特に1981年以前の建物は、大規模な耐震補強を
計画に入れて、購入されることを
お勧めします。

見た目の古びた感じがいいし、安いし、
と、好まれる若い方も多そうですが、
建物は安全が第一ですから、
ちゃんと補強して住んでくださいね。

又、
建物だけでなく、
地盤・ハザードマップ
ご近所の人間関係など、
基本的なことも調べましょうね。


************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« もうすぐお引き渡し | Main | 今日のあれこれ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« もうすぐお引き渡し | Main | 今日のあれこれ »