« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

お喋り楽しかったです

Img_1108

昨夜は、事務所に突然の訪問者。

H邸のご主人さまが、
届け物があるということで、
立ち寄ってくださいました。

完成してしまうと、
クライアントさんと事務所でお会いすることはないし、
完成後のお話も、
点検や見学で行った時に
少し伺えるくらいで、
なかなか、ゆっくりと、
それもご主人さまと
お話しする機会はほとんどないです。

もともと
設計のご依頼いただいたくらいですから、
Hさん、20代と年は離れていても、
音楽やファッションなど、共通の話題も多く、
旧友のように(?笑)
楽しくお喋りに花が咲きました。
(ミナペルホネンやツモリチサト好きな男性はあまりいないなあ。
 履いてこられたスニーカーもかわいかった!)
お子さん、奥さまのお話も沢山聞けて、
う~ん、毎日楽しそう!

とても快適にお過ごしいただいてるとのこと。
すごくうれしいです。
特に、写真の書斎気にいっていただけてるようです。
有難うございます。

まだ、半年ですから、
お気に入りの洋服のように体になじんでくるには、
もう少しかかると思いますが、
だんだんに、使いこんでいっていただければと思います。

今度は、奥さま、お子さんにもゆっくりお会いしたいですね。
これからも
長いお付き合い宜しくお願い致します。

(考えてみたら、長男と4~5歳しか違わないんだなあ・)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

応急危険度判定士ネットワーク会議

Kimg0020_2

昨夜は、熊谷市の応急危険度判定士ネットワーク会議でした。

応急危険度判定士とは、
大きな災害があった時に、
建物の緊急の危険度を判定して、
紙を貼っていく役割をします。
(赤・黄・緑の紙が張られた建物を
 テレビで見たことないでしょうか)

今年も招集の連絡がこないことを
願うばかりです。

今年の会議の目玉は、
入力にipadを使う試みが
進んでいるということ。

実際にソフトを使って見ましたが、
なにしろ、入力したらすぐに本部にデータが転送できるので、
地域全体の被害状況が、早く判断できるということは
すごくいいことですね。

操作も簡単で、
早く実用化してほしいところですが、

まずは、端末は貸してもらえるわけではないので、
自前で持たなければならない・のが
最大のネックかな。
アンドロイドにもまだ対応してません。

被災地で充電なんかも大丈夫なんだろうか。

紙に書くのと違って、
対象の判定士すべてが操作の講習を受けなければ、
すぐに、混乱の中では使えなさそうです。

便利は、色んな条件の上で
成り立ってるのですね。

Kimg0021

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

リフォームのこと  大工さんのこと

リフォームしていて、
他の人の仕事をつぶさに見る機会があり、
よく思うのが、

私の仕事が、ずっと後になって、
誰かに解体された時に、

「ああ、ここまでちゃんと施工したのか」

と思われるような、
仕事(監理)をしたいなあ、ということです。

今回も、色々と
工務店さんにご苦労おかけしますが、
背骨がまっすぐになるような、
気持ちのいい仕上がりになると思います。


新築のK邸は、今日で大工さん最終でした。

腕が良いだけでなく、
すごく気持ちのいい大工さんで、
電話でお礼を伝えたら、

「楽しかったです!」

と言っていただきました。
(私も楽しかったです。(o^-^o))

造る人が楽しんだ現場は、
いい家になるんじゃないかなあ。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

メガネ

先日、
メガネをそろそろ変えたいなあ~と思って、
ダンナと連れだって、メガネ屋さんに。

自分のは、ピンと来なくて
二の足・・

そばで試着していたダンナが、
気にいったのがあって、
急遽ダンナのメガネ購入になりました。

大人のメガネは、
いろいろ事情があって(笑)高いんですよねー。
しばらく、自分のはおあずけだな。

で、新調したメガネをかけて会社へ。

「何か言われた??!」と聞いたら、

忙しくて人のメガネの変化に気がつく余裕も無さそう。
ま、おじさんのメガネに誰も興味ないか。笑


デザインは、妻のお気に入りです。 (o^-^o)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

2月の予定

2月のスケジュール帳は、
予定の書き込みが多い。

なんでかな、と思ってよく見たら、
出席予定の勉強会や会議が、数件。
(うち二件は、終日。テストもある。)
講師を務めさせていただくセミナーが二つ。
(どちらも遠方なので泊まりがけ)
定例現場会議が週に二回。
他にも検査・工事立ち会いなどがあるので、
ダブルブッキングしないように、
気を付けてます。

勉強会に関しては、
今までも、パッシブ・エコロジーというのは
意識はしてきましたが、
国も省エネに本腰を入れてきてますので、
さらにつっこんで勉強して、
強化していきたいと思っています。

世の中は、
消費税増税、復興・オリンピック、と
目先の動向に右往左往している感がありますが、
10年、20年、50年先を考えた時に、
今の自分が何を学んで、何をしていかなければならないか、
ぶれないようにしたいと思っています。

ぶれない軸は、
子供や孫の世界に、
役に立つことかどうか、
と、問うと
見えてくる気がします。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

先週のあれこれ 

今、大規模リフォームの解体中です。

お住まい中で、事前に壊してみることが出来無い場合は、
解体して初めて、
こうだったか!とわかることも多いです。

現場の人間も、
うんうん悩みながら最良の方法を考えていきますが、
クライアントさんも柔軟に変更に対応してくださってるので、
スムーズに進んでいます。

******

先週、次男が、まさかのインフルエンザ発症!

病院連れてったり、ちょくちょく様子を見に帰宅したり、
慌ただしかったです。
幸い、重症にはならずにすぐに熱も下がり、
予防接種済の家族にはうつることもなく、
一安心。

その時のまさかの出来事。

うつらないように、
息子は当然マスク・手洗い。
私たちもマスク着用。

帰宅後、食事をして、
マスク付けて、
さて家事を、と思ったら、
食卓の上に私のマスクがある・・。(小さいのでわかる)

・・・って!
今私が付けてるこのマスクは??!

テレビを見てる次男は付けてない。 ( ̄▽ ̄) 

ということは、私が付けてるマスクは、
次男がつけて寝てたマスク!!!?

il||li _| ̄|○ il||li

これで、発症しないんだから、
予防接種ってすごいよね。
(って、感心する落ちじゃないでしょ!)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

美しい照明のある暮らし #17  2014 ルイスポールセン新製品

1173_r00147953


ルイスポールセン社から送られてくる
美しい照明のある写真を、ご紹介しています。

2月に新しい照明器具が発売されるよう・。

写真では、天井付けですが、
ペンダントが私的には好みです。

最近思うのは、
インテリアに、北欧のようなカラフルさやあたたかさ、ユーモアがもっとあると、
いいなあということ。

照明器具も、
もっとカラフルで、楽しいバリエーションがあっていいですよね。

*********************


コペンハーゲンの公立小中学校「オレスタッド スクール」。

設計したKHRアーキテクツは新しい照明器具も同時に考え、
ルイスポールセンと共同で「LP サークル」をデザインしました。
機能的でありながら色彩を加えることで、
子供たちに、いきいきとした雰囲気をあたえています。

デザイン: ミケル・ベードホルム/KHRアーキテクツ
写真: Louis Poulsen

新製品「LPサークル」: 2014年2 月 日本発売です。
(埋込、半埋込、直付け、ペンダントの4種類、2つのサイズ。)

| | Comments (0)

信州M邸 完成#6 個性

Img_13102

ちょっと、取り上げ方が変わりますが・。

私が設計した家は、
その方の個性に合わせるように
作っているので、
一軒一軒、結構印象が違います。

完成した時、クライアントさんは、
「品が良い」
「暖かな感じがする」
「かっこいい」
「かわいい」
色んな感想を言われるのですが、
それはそのまま、
私のクライアントさんに対するイメージと重なることが多いです。

Mさんご夫婦は、
私から見た印象は、

「華があるご夫婦だなあ」

ということでした。

多分、他の人から見てもそうだと思います。

その、華のある雰囲気を、
建築で表現したいなあ・と、
苦心したように思います。

それは、色彩豊かに空間自体を鮮やかにつくる
ということではなくて、
いつもきれい色のお洋服をお召しになる奥さまが
光棚の前に立った時に絵になったり、
ソファに座るご主人さまが、かっこよかったり、
メリハリのあるライティングで気持ちが華やいだり・、
人が加わった時に感じる華やかさのようなもの。
クライアントさんのオーラをさらに広げるための
装置とでもいいましょうか。

なので、壁の塗装から
キッチンまで、「白」を基調にして、
Mさん自身が引き立つようにしました。

訪れた方たちが、

「Mさんらしい」
「Mさんに似合う空間」

と、思っていただけたら幸いです。

もちろん、
ご本人にとって、
ぴったりくるなあ、
と思っていただければ、
大成功です!

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

階段下もとことん利用!

Dscn1110

工事が進んでるK邸の
階段下です。

収納になってるのですが・・

Dscn1111

ぐるっと、こんな低いところまで、
余すところなく、収納にしてしまいます!

普通は途中で壁にしてしまうところですが、
私はできるだけ奥まで使えるように設計します。
(指示しなければ、ここまで作ってくれません)

こんなところ、使いづらいでしょ・と
思われるかと思いますが、
たとえば、

*工事で余った壁紙等の資材(リフォームの時取り出せればいい)
*どうしてもとっておきたい想い出の品(子供の工作など)
*一年にいっぺんだけの雛人形

など、めったに使わないけど
置いておきたいものの収納に使えます。

前の部分を、キャスター移動できるようにしておけば、
奥の物を取りだすのも簡単。
(小屋裏収納より取り出しやすいです。)

ただ、奥に何が入ってたかなあ~~?と
思い出せないと意味が無いので、
入口の壁に、リストを貼っておくと良いですね。(o^-^o)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

新しいスタート

店舗のお客様が、
拠点をかえて、新しいスタートをされるというので、
伺ってきました。

毎年お伺いしてましたが、
改めて見ると、
店内は8年経ったとは思えないくらい、
きれいなままです。
とても大事にメンテナンスしてくださっていたんですね。

クライアントさんの空間に対する
想いも沢山聞かせていただき、
そこまで考えてくださっていたのか!
と、驚き感激してきました。

愛情をかけた空間が、
愛されてきたこと、
気に入っていただいた方に
そのままの形で引き継がれること、
新しい場所に移っても、
お付き合いは続いていくこと、
沢山のことに感謝しながら、
帰ってきました。

次の世代に続く新しいスタート、
心より応援しております!


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

お日さまにはかなわない

Dscn10902

珍しく、家電製品を衝動買いしました。

布団乾燥機。

ふかふかのお布団が良いのだけれど、
なにせ、休日は打ち合わせか、お出かけで、
お天気のいい一日家にいることが
ほとんど無い。

ふと、ネットで見た、
象印の乾燥器がなにやらとっても
評判が良いので、ついぽちっと・。

で、早速使ってみて、
簡単・暖か!で
乾燥機の中では、相当優れモノと見ましたが・・

お日様にはかなわないんです。(^-^; 

かなりふんわりするけど、
朝までもつほどではないし、
敷布団を乾燥するには、限界が。
当然ですが、電気代がけっこうかかりそう。

予備として使うには十分で、良い製品と思いますが、
やっぱり、お天気のいい日にはお日様にあてよう!
と、改めて、太陽の有難さに気が付きました。 

監理に行ってきたK邸は、
雪が舞うかも、と予報されてる今日でも、
日があたるところはぽかぽか。
断熱がしっかりしてるせいもありますが、
まずは、熱が入って来ないとダメなので、
冬場は、しっかり日光を入れるような、
設計が必要ですね。

「ベランダ幅広いんですねえ!」と
先日業者さんに言われましたが、
やっぱり、お布団沢山干せるおうちがいいな。(o^-^o) 

 12282


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州M邸別荘 #5  別荘で大事なことは?

セカンドハウスを考えるとき、
大事なことは何か?

私は、

‘稼働率を上げること‘

だと思います。

リゾートホテルと違っていいところは、365日使えるということですから、
とにかく沢山行って、使い倒していただく!
のが理想です。

M邸もそのためにいくつか工夫をしました。

地元でヒヤリングした時に、
「最初はよく使っても、奥さんが面倒になって来なくなる」(^-^;
というのを聞きました。
理由は明白。

そこでの家事が面倒だから。

私も何人かの友人の別荘に招かれたことがありますが、
まず、到着してするのが、
雨戸を開けて、風を入れて、
拭き掃除をして・・・と、総出のメンテナンス。
遊びに行く前に大仕事です。(^-^; 

そこでまず、雨戸は設けませんでした
訪れた時の作業が減りますし、
不在の時でも、日光が入り、湿っぽくなりにくいです。
又、防犯上は、雨戸が閉まってる方がやり放題なので、
問題があるという考え方もあり、
防犯ガラスを採用しました。
又、雨戸は寒冷地では、凍ってしまって開かないことも!

次は掃除ですが、
気密性を高くすれば埃っぽくなりませんし、
ここでも、ルンバを使えるぐらい、
段差をとことん無くします
できるだけ引き戸にするのも、住宅と一緒。
掃除機担いで上り下り、一部屋一部屋掃除・・
という負担が軽くなります。
お茶飲んで一服してる間に、
ルンバが掃除、っていうのがいいなあ~。(いや、私が使うんじゃないって。笑)

又、断熱性能も、寒冷地次世代基準までアップ!
寒くて行けない、ということが無いように。
(実際、雪の積もった12月末のお引き渡しでも暖房がきっちりきいて
 とても暖かかったです。)

食事を作るのも面倒ですよね。
そこで、キッチンは、誰でも参加できるオープンキッチン
一緒に作ったり、後片付けしたり、
と、声を掛けやすいプランです。

Img_13102

前にもお伝えした通り、
廊下も広く、手摺も要所要所につけた
バリアフリー仕様
これで、誰でも使えますね。

Img_13222

二世帯で行っても気兼ねなく、使いやすいプラン
というのも、ご紹介しました。
友達に、「行こう行こう!」と言ってもらえれば、
行く回数も増えるというもの・。(o^-^o)

もちろん、大事なのは、
空間自体に魅力があること。
見回すと、メーカーの一般住宅と変わらないような別荘も増えてるようですが、
やはり、
「家とは違う、あそこで過ごしたいなあ」
「友達呼びたいなあ!」
「こういうイベントも出来るかも!!」
 と
思ってもらえることが大事。

それは今回は、中庭だったり、光棚だったり、インテリアだったり、
できるだけ、ご自宅と違う雰囲気を目指しました。

家族だけで使うコテージというよりは、

「高原のゲストハウス」

をイメージしてます。


是非是非、
色んな方と、沢山使ってくださいね! (o^-^o) 

***********

「稼働率を上げるといいこと」の一つに、
建て物の寿命が延びる・ということがあります。

住んでない家・閉め切った家は、
劣化するのが早いといいますよね。

室内に風を通したり、
早めにメンテナンスしたり、
建物の健康には、やはり
定期的な使用が理想です。

人気のない建物には、
動物や虫が入り込んで巣をつくったり
ということも起こります。

最近は雪も減って、
信州でも冬期の利用が増えてるそうですが、
行く回数を増やすだけでなく、
四季を通して、
一定の間隔で行きやすい、
というのも重要ですね。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州M邸別荘 完成#4 光棚

Img_13532

Img_13442

完成前からご紹介していたこの光棚、
何だろうな?と思ってらっしゃるでしょうね。

実は、クライアントさんは、アクセサリーの作家さん。

ご自宅でもサロンを開いていらっしゃるので、
セカンドハウスでは、又違った形で、
展示やおもてなしが出来たらいいなあと
考えました。

Dscn08742

ニッチは、上、または下に
間接照明が仕込まれてるので、
ちょっとしたギャラリーのように、
飾ったものが浮かび上がって見えるようになっています。

展示会の時には、アクセサリーを並べて、
そうでない時は、お気に入りの小物を飾ったり、
何もなくても、
窓辺にキャンドルを並べたような、
暖かさと華やかさを演出します。

また、「非日常的な空間」をご希望でしたので、
そんな驚きや浮遊感も、
この光棚で作られてると思います。

別荘だから・と思われず、
住宅でもこんな仕掛けを、
一つ二つ作るだけで、
気分が変わったり、
お持ちのコレクションが、生きてくるかもしれませんよ。

Img_10722

こちらは、H邸の光棚。

食器棚のバックをすかして、
間接照明の光が落ちるように作っています。
ガラスの製品などがきれいに見えます。

*********

M邸の光棚、深さを確保するために、
通常より壁を厚くし、その隙間を使って、
換気配管をしました。
また、ファンヒーターなども、ニッチの中に
入れ込んですっきりさせています。

無駄なく空間を使い切ります。

20131022_1344472

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

K邸 軒天塗装

Dscn1107

世の中、職人さんや資材不足で
滞ってる現場も多いようですが、
K邸は、順調そのもの、着々と進んでおります。

本日は、軒天の塗装が入ってました。

軒先は、ガルバリウムでシャープに決めて、
白の塗装もくっきり。
軒も深いので、陰影もはっきり出てます。

ご近所にはない、
すっきりモダンなお住まいです。


* 工事関係者の方に、「こういう住みやすい家がいいですよ」
  と言っていただけましたが、
  そういえば、Mさんもブログで
  「スタイリッシュでありながら、使いやすい家づくり」とご紹介してくださってて、
  とても、うれしかったです!
  やっぱり、美しいだけでなく、生活しやすい家が、
  長く満足していただけるのではと思います。(o^-^o)

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

OMお湯採り お引っ越し後の光熱費比較

2013

これは、一年点検でお邪魔した
熊谷Mさんのお宅の一年間の光熱費です。

OMお湯採り、オール電化という条件で、
RCマンション時代とどれだけ変化があったかを
記録していただきました。

ご家族は5人。
奥さまは日中子育てでおうちにいらっしゃる、
延べ面積30坪の木造のお宅です。

新築した地域はプロパンだったので、
ガスの使用を無くして、
オール電化にしました。

OMソーラーを採用で、冬の光熱費は、
エアコンの補助暖房のみとなり、下がります。
又、OMお湯採り(エコキュートソーラーヒート)も付けたことで、
夏場の給湯費用も下がります。

冷暖房は、エアコンのみ。
日当たりも良いので、
冬の日中は暖房なしだそうです。
(伺った時も暖かかったので、
 動いてるのはファンヒーターかな、と思ったのは、加湿器でした)
夏も、マンションより体感的には涼しかったそうですので、
冷房の使用は増えていないと思います。

そこで、数値を比較します。

トータルは、マンションのころより、
安くなっていますね。
(電気代が上がるのは、調理のIH使用と、エコキュート採用のため)

で、驚いていただきたいのは、
面積は、ほぼ倍になっている、のに、
光熱費が下がっている、

ということです!
(マンション≒55㎡→100㎡)

さらに、上下階、隣も部屋に囲まれていて
断熱的には有利な鉄筋コンクリートのマンションから、
窓の多い木造の一戸建てにかわっている、
ということも、見逃せません。
(エアコンの対応面積も、木造と鉄筋コンクリートでは違いますよね)

そこで、よく言われるのが、
設置費用に対する効果ですが、
単純に光熱費が下がるだけでなく、

「寒いところが無い=隅々まで部屋を使える」
「吹き抜けも寒くない=のびのびしたプランが採用できる」
「熱気がこもりにくい=冷房の使用を減らせる」
「じめじめしない=結露・カビが少ない」
「喘息などアレルギーに効果が出る時もある=健康に良い」
「消費するエネルギーを減らせる=エコロジーにつながる・子供の世代のために・。」

といった、良い面が沢山あります。

写真のまん中に見えるのが、
OMのダクトです。
ここを、あたたかな空気が下りてきて、
床下から暖めます。
このように仕切らない、のびのびしたプランは
OMならでは。

Img_0535

高い・安い
だけでなく、トータルの判断で、
家づくりはしたいですね。


OMソーラーは詳しくはこちら→★

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州M邸別荘 完成#3 プランニング 3 水周り

Dscn09202

別荘に行く時は、
家族だけでなくて、二世帯だったり、友だちも一緒だったりというのが
楽しいですよね!

M邸も4~5人、2家族は泊まれるようなプランになっています。

人数が多くなると、混み合うのが水周り。
ゴルフのスタート時間が決まってたりすると、
慌ただしいですね。

30坪のコンパクトな面積ですが、
トイレと洗面ボールは二つ用意しています。
カウンターやボール、鏡も大きめで、
ゆったり使えるようにしています。
さらに予備で、鏡のある手洗いスペースも設置。
お化粧ならここでも。

ウォールナットの無垢のカウンターが、
リッチな雰囲気を作ってます。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州M邸別荘完成 #2 プランニング 2 平屋

Mokei7


Img_13162

M邸は30坪、平屋 で計画されています。

これは、二世帯・且つお客さまが多いMさまが、
どなたでも利用しやすいように、と
最初からのご希望でした。

私もこれには大賛成!

日常を忘れるための別荘だからこそ、
体の状態に関わらず、
色んな方にストレスなく使っていただきたいですね。

仮に車椅子を使用されてる方がいらしても、
アプローチだけ簡易スロープを利用していただければ、
室内は段差なく、廊下も広いので移動しやすく出来ています。

寒冷地で平屋だと、
こんな深い基礎が必要なので、
割高にはなりますが、

ずーっと使える、ストレスなく移動できるメリットの大きさは、
コスト以上ですね。

P1130545

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

家族三人 風邪模様

三連休

土曜日は二件打ち合わせがあって、
日・月は、
建築家ノーマンフォスターの映画を渋谷に見に行こう、
と思っていたところ・・・、
家族三人、ビミョーな風邪ひきになってしまいました。

中でも、一番症状の軽い私が、
一番厚いダウン着て風邪薬を買いにお出かけ。

たっぷり寝たので、
三人ともだいぶ回復。

明日から工事が始まる新規のリフォーム工事、
元気に現場に行かなくちゃ!です!


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

結露

今頃は、
結露でお悩みの方も多いでしょうね。

特に気になる窓まわり。
結露防止シートを張ったり、
二重サッシュにしたり・・

で、一見、結露水は付かなくなるのですが、
さて、見えなくなった水分はどこに行ったでしょう?

正解

押し入れや壁の中、タンスの裏などに
結露する。(→そこからカビが発生する)

です。

要するに、見えないところに移動してるだけ です。

サッシュメーカーさんが、
「二重サッシュにしても、水蒸気減らさないと
意味ないんですよね。
むしろ、窓ガラスに付いた方が拭けるので
安全かもしれない。」
と、言っていたらしいです。

二重サッシュにしつつ、水蒸気発生量も減らす、
というのが、正しい対処の仕方です。

*水蒸気を発生しやすい灯油ストーブは、
 使いすぎない。
*お風呂や洗面所、キッチンの水蒸気は
 換気扇で排除する
*加湿器を使いすぎない
*室内に洗濯物をあまり干さない

過乾燥になりがちなOMやエアコン使用の家は、
これと反対に、加湿が必要になります。

どちらにしても、
どこかに結露が生じるということは、
水蒸気量が多い、ということですから、
湿度計を家に置くなどしてチェック、
生活の仕方から見直していきましょうね。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

幼なじみは続くよどこまでも

連日たて込んでて、
じっくり作品紹介する時間が取れないので、
ちょっと家族ネタ。

自宅マンションは、
一階が庭付きで、ご近所付き合いがしやすかったおかげで、
近隣でも評判の仲良し。
(その噂で越してきた人も)

今は社会人の子供たち十数名も、
小さいころは、
お泊りしあったり、
庭で連日プールはいったり、
旅行に行ったり・・と
家族のようなお付き合いでした。

でも、
男女混ざってるし、そのうち引っ越した子もいるし、
進路もばらばらで、
疎遠になるかと思いきや・・

先日朝帰りの大学生次男は、
その時の仲間男女7人で、遊んできたとのこと。
(小学生の時に引っ越した子とも連絡取ってるの?)

また、近畿に就職したお隣男子が帰省してたので、
久しぶり!と挨拶したら、
「明日、○○(長男)と会うんです!」
って、お互いものすごく忙しいのによく時間とるね!

はいはいしてた頃から
一緒に育った子って、
また、違うんだろうねえ。

もちろん、ママたちも
毎年忘年会を欠かしません。

子育てのころの友達って、
大事ですね。

それと、お付き合いの中心は「庭」だったので、
閉鎖的にならない、家の作りも重要だなあ。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

根津に行ってきました

お正月休みが終わったばかりですが、
水曜定休にしてるので、
お出かけしてきました。

お正月、家にこもったきりだったので、
気分転換。

この日の予定は、
*国立新美術館
*銀座
*秋葉原
だったのですが、

ちょっと根津に用事が・という
ダンナに付き合ったところ、
*根津で串あげと散策
*上野散策
*アメ横

というルートに変化・・。笑
計画あるのに無計画行動をとる夫婦です。

(一緒に行動したことがある後輩が、‘ミステリーツアー‘と呼びました。
 どこに連れていかれるかわからない。笑)

Kimg0014

立ち寄ったのが、
くしあげどころ はん亭さん。

明治時代からある建物で、
ゆったり串あげをいただきます。

Kimg0013

下町風情を楽しみながら、
大判焼き食べたり、
不忍池歩いたり、
最後は賑やかなアメ横歩いて、
何故かタケヤでお買い物。笑

六本木で美術館、のつもりが、
楽しい下町散策となりました。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

年末年始のあれこれ

今日は、事務所定休日なので、ちょっとラフな話題で・・

「年末年始のあれこれ」

なんといっても大変だったのは、仕事納めで、さて、年賀状を・・
と思った矢先に、パソコンのハードディスクが飛んだ ことでしょうか・・!

ハードディスクは壊れるんです・。
今まで二度経験してます。
クラウドなどにバックアップとってあったとはいえ、
忙しくて更新してなかったものも結構あるので、
一瞬、「カタカタ」と音を立ててランプが点滅するハードディスクを見て
頭真っ白・・。 ∑(゚∇゚|||) 

しかし!
こんなこともあろうかと、スクリューのTさんが、
外付けハードシスクで、ミラーリング(同じ情報を自動で二つのHDにコピーする機能)
にしておいてくれたので、
お正月明けには、復活!!! (≧∇≦) 

Tさんには、どんなに感謝してもしきれません!!! (人><。) 
皆さまにもお勧めです!

と、同時に壁掛け時計もストップ。
一晩のうちに、なにか、機械類が、仕事納めで、
張りつめていた緊張がぷつっと切れたようにダウンした
年末でした。

そして、恒例となってしまった、
年末大整理と大掃除!

今年は窓ふきの担当で、楽勝!と思ったら・・
そう、うちは、二重サッシュなんです・・・・。。゜゜(´□`。)°゜。 

単純に窓ガラスが、二倍あります・・・。
年末暖かったのがせめてもの幸いでしたが、右腕がしばらく重かった・・。

カーテンも洗濯機フル回転で洗濯!
窓周りが明るくなって、爽快です!

今年の整理は、一昨年・昨年の大整理が効いてて、
大きなリバウンドなし。
本は、ブックオフに持っていったところ、
6000円なり!
息子の着なくなった服は、友人宅に送る約束にして、
懸案だった、写真類もファイル購入して、テレビ見ながら
2時間で完了。
来年はもっと楽になりそうだなあー。

31日・1日は、
久しぶりに、一人暮らしの長男も帰ってきて、
4人で、とりためたコンサート等を見て過ごしました。
(アジカンの横浜ライブが一番盛り上がった)

2・3日は、
箱根駅伝と、大学ラグビーのTVライブ観戦!
何と言っても、次男の友人がどちらも出てる というので、
力の入り様が違います!!!
放映の次の日、本人に会ったので思わず
「頑張ったね!!」と握手してしまった。笑

初売りは、
ネットショップで、狙ってた商品が下がったところを、即ゲット!!
寒い中出かけて、並ばなくても買えるのって便利。

なかなか読み切れてなかった
高村薫の小説をじっくり読んだり・・・。

毎年、鎌倉に初詣行ったり、初売り行ったりするのですが、
今年は、ぼ~~~っとして
過ごしてみました。
普段、出かけてばかりで落ち着かないので、
こんな年末年始も、
のんびりして良かったです。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州 M邸別荘完成 #1 プランニング その1

Dscn09892

新年スタートは、
昨年末竣工したばかりのM邸を
ご紹介していきたいと思います。

M邸は、信州に建つ
別荘です。

別荘地というと、高い木立ちの中や、
見晴らしのいい傾斜地を思い浮かべますが、
Mさんが気にいったのは、
周りに古くからの住宅もある、便利な、平坦な敷地。
元は、テニスコートだったということで、
敷地内には、木々はなく、ぐるりと隣地に囲まれた場所です。

敷地に木立や借景があれば、そこを狙ったプランになりますが、
将来を見通しても、広い敷地の周りは、
住宅地に近いので、
ご希望の「非日常的な空間」を作るには、
一工夫が必要でした。

又、日当たりのいい別荘地の大変な点は、
行くたびに、広い敷地の草むしりをしなければならないこと・。

この二点を解決するために、
あえて、外側を閉じた、 「コの字プラン」 をご提案し、
中庭をルーバーで軽く閉じることにしました。

このプランで、
各部屋の大きな窓は、中庭に開くことになり、
周辺の環境の影響を受けにくくなって、開放的な「非日常的空間」を
作りやすくなります。

又、室内から良く見えて、手入れが必要な庭は、
主に小さな中庭になるので、
草むしりのストレスの軽減にもなります。

雪のために、まだルーバーと植栽が出来てないので、
写真は、道路から見た玄関側をご紹介します。
三角屋根が見えてるのは、東側の隣家です。

ぱっと見、中にどんな空間があるのか、
わからない感じですね。
外に開放的に出来ない敷地環境の場合、
別荘であっても、「あえて閉じる」、手法です。


次回は、「平屋」にした理由です。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

10年の節目の年です

昨年の秋に事務所開設10年を迎えました。

それまでは、熊谷に住んではいても、
仕事は都内が主だったので、
全く、つても紹介も何もなく、
HPとブログだけで、立ちあげた事務所でした。

最初のHPは、自分でタグの意味から勉強して
手作りしたもので、何人もの人に、
「ホームページから仕事はこないよ」
と言われたものでした。
又、埼玉県北でデザイナーの仕事はないよ、
と言われたこともあります。

それでも、つたないHPやブログから、
こうして、10年、埼玉県内のみならず関西からも
ご依頼をいただいて、仕事を続けてこれたのは、
本当に、幸せなご縁に巡り合ってこれたから、
ということにつきると思います。

最初のころ、
プランをこれからご提案しようという時に、
ご主人さまが心配されて、
「プランが気にいらなかったら?」と奥さんに問われたところ、
「それでも伊藤さんとつくりたい」
と答えられたことがありました。

もちろん、プランは気にいっていただけましたが、
まだ作品数も少ない女性の設計者を
どうしてそこまで信頼していただけたのか、
とても驚いたのを憶えています。
ただ、そこまでお任せいただいたら、
どこまでも誠実に
仕事を全うしたいと心から思いました。

次の10年についても、
あれこれ考えを巡らせておりますが、

「誠実に」
「ご縁を大事に」

という二つは、
見失わないようにして、
精進していきたいと思っております。

Itosan0232

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

皆様に、幸多い一年でありますよう、
お祈り申し上げます。

営業は、1/7からになります。

本年も、宜しくお願い申し上げます。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

« December 2013 | Main | February 2014 »