« 無垢材のお手入れ | Main | 信州 M邸 仕上げに入ってます »

図面などについて

初めてお仕事をさせていただいてる
工務店さんとの現場監理で、

大工さんと監督さんから、
褒められたことがあって、
ちょっとうれしい。(o^-^o)

イケメンの大工さん「ここまでの内容を描いてくれる方いないですよねえ。
             わかりやすい。」

イケメンの監督さん「ベランダ、ここまで雨仕舞を考えてする人はあまりない。
             安心ですね。」

まだまだ、改良の余地ありですが、
沢山の建築家とお仕事されてる方達から言っていただけたので、
気を付けてるところが間違ってなかったかなあと思い、
嬉しいです。

暗く、寒かったり暑かったりする現場で、
大工さんがイライラせずに図面を読める、というのは大事。
枚数は、多すぎても少なすぎてもダメ。

又、不要なメンテナンスが生じないような、
安全なディテールを考えるのも大事。


そうそう、安全、といえば、
私が設計する家の屋根勾配は、
3.5寸以下が多いのですが、
これは、小屋裏収納をつくりつつ、
屋根の上を、職人さんが安全にメンテナンスで歩けるぎりぎりの勾配。

職人さんも高いところはやっぱり怖くて、
落ちて大怪我することもあります。

メンテナンスに同行してると、
安心して見てられる勾配は、3.5寸以下ですね。

職人さんが、安全に、ストレスなく、
楽しく仕事ができるような設計をする、
というのも、設計者の責務だと思うので、
いろいろお話を聞くようにしています。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 無垢材のお手入れ | Main | 信州 M邸 仕上げに入ってます »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 無垢材のお手入れ | Main | 信州 M邸 仕上げに入ってます »