« November 2013 | Main | January 2014 »

December 2013

本年も大変お世話になりました

Img_1343

25日、信州M邸、
無事お引き渡しさせていただきました。
M様、おめでとうございました。

紆余曲折、完成まで2年半。
やり取りしたメールを整理しながら、
その時々を思い出し、
感慨深かったです。

中庭がメインのプランなので、
完成は植栽が終わる来春。
外構の打ち合わせを冬の間に進めながら、
本当の完成お引き渡しを、
楽しみに待ちたいと思います。

インテリアの詳細は、
年明けに改めてご紹介させていただきたいと思います。

K邸現場が明日までなので、
仕事納めは明日になりますが、
ブログは、今日で年末年始のお休みに入らせていただきます。

年明けは、
1/7スタートです。

今年も沢山の方々にお世話になり、
新しい出会いもありました。

慌ただしい年末、一年を振り返りながら思うのは、
つくづく
「人とのつながり」だなあ・・
ということです。

名刺一枚の出会いに助けられることもあるし、
思いがけないお声掛けで仕事になることもあります。

わたしをパートナーに選んでくださった皆さま、
私を支えてくださった皆さまに、
心から感謝申し上げます。

良いお年をお迎えください。


伊藤裕子設計室
伊藤裕子


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (4)

年末のあちこち

仕事の合間を縫って、
あちらこちらに出かけております。
まとめてご紹介。

20131203_154629

これはちょっと前になりますが、
監理の合間に、
ハルニレテラスへ。

クリスマスの飾りつけがあちこちにされてて、
すてき。
先日は雪も降ったから、
きれいだったでしょうね。

20131203_152915

良く見ると、建て物の外壁のあちこちに穴が・。
キツツキが開けてしまうんですね。
これはもう、いたちごっこだ。

Tanita1

タニタハウジングさんの、
「タニラボメンバーズミーティング」にも参加してきました。
ラボなどを見学させていただき、
共同開発中の製品の会議などにも
出席致しました。

Tanita2

屋上には、製品の経年変化を見るための
こんな装置が。
納得できないものは、製品として出さない、という
姿勢が形になっています。
次回は、二月。
普段お会いすることが無い建築家の方と
交流する場ともなっています。

Shokuji

これは、伊藤家と照明稲葉氏の
忘年会で、都内利き酒会に行ってきた様子。
京料理と京都のお酒を堪能してきました。

Asami4

で、これは、
昨冬の写真ですが、
またまた行ってきましたよ!
真冬のかき氷・阿左美冷蔵さん!

ストーブの前で食べるかき氷
格別です。
(ホットスープや餡蜜もあります)

何でこんな時期に行くか・・
というと、並ばなくてすむから。
(夏だと平日でも1時間以上待ち)

先日は、私たちの他に
5組ほど。
いるんですねえ、この寒いのに来る方たちが・。笑

今日は、クリスマスイブ。

皆さま、
楽しいイブをお過ごしくださいね。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

寒いお風呂には、一人の時に入らない

ブログの検索ワードは、
「お風呂が寒い」一色。

冷え込んできて、
何とかしたい!と
切実なのですね。

リフォームなどはすぐ、という訳にはいかないですから、
じっくり計画ねっていただきたいですが、
年配の方にはすぐにしていただきたいこと。

「一人の時には入らない」

交通事故より沢山の方が、
在宅時の事故で亡くなっていて、
お風呂での事故が本当に多い。

そのほとんどは、
転倒ではなくて、
寒さから湯船を出られず、
熱中症になったり、のぼせたり、
血圧に変動があって気を失ったりして、
浴槽でおぼれてしまう、というのが
原因です。

・家族がいるときに入る(家族は声を掛ける)
・暖かい日中に入る
・長湯しない
・浴場を利用する
・別に住んでる家族が電話で確認する

このような注意をするだけでも
事故は防げます。

そうそう、
この時期は、
おもちでの事故も毎年ありますね。

皆さんお気を付けくださいね。(o^-^o)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

K邸 足場が取れます

Dscn0902


Dscn0898

K邸、本日は、クライアントさん年内最後の現場確認で、
ご家族揃って来ていただきました。

遠いところ、お疲れ様でした。

そろそろ家具の選定に入ったり、
配置を考えたり、楽しくなってくる時期ですね。

現場は、年内に足場をばらすので、
最終チェックで、二階の屋根まで確認してきました。

男前なガルバリウムの外装材は、
奥さまのセレクト。
「ご主人さんかと思った」とは監督さんの弁です。
アンアンの飾りがつくようなおうちが多い住宅地の中で、
すっきり・モダンに建ち上がります。

次回いらっしゃる時を
お楽しみに!

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

信州 検査合格

Dscn0886


信州 M邸
先日の雪の日、役所とフラットの完了検査でした。

まっしろ・・。

雪の中から杭を探したり
ちょっと大変でしたが、
問題なく終了。

こまごまと忙しく見る検査員さんで、
今回は感想は聞けないかなあ・・と思ったら。

「こういうプランはいいですね」
と、ぽろっと。

平屋のコートハウスを
褒めていただきました。 (o^-^o)

外からはわかりませんが、
中庭に面した部屋はどこも明るく、
ご近所を気にすることも無いので、のびのびしてます。

あと、
お二人の検査員さんそれぞれに

「トイレ2つあるんですね?」

と言われましたが、
30坪足らずの平屋とはいえ、
セカンドハウスという性格上、
二家族で泊まったときの朝の混雑と気がねを考えると、
必須です。

別荘を持ってる方が、以前このプランを見て、
「こういうプランがいいんですよね。
 私は失敗したわ。」
とおっしゃったのが、
ゲストルームと主寝室の配置。

二間続きにしたところ、
音など気兼ねして、夜くつろげないのだそうです。

仲良しの二家族でも、
就寝する時は、
静かな環境にいたいですよね。
M邸では、LDKを挟んで、離して配置。
トイレもそれぞれあるので、
夜の起床も気になりません。

学生のころから、
友人の別荘を泊まり歩いて、
いろんな印象と感想を持ちましたが、
その経験も沢山盛り込みました。


来週お引き渡し。
春の植栽が終わってからが、
本当の完成です。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

年末年始のお休み

もう年末だというのに、
毎日現場などに飛び歩いております。
ぎりぎりまで現場が動くので、
気が抜けません。

年末は、27日まで、
年始は7日から営業です。

現場に行ってることが多いので、
お電話の方は
携帯にお願致します。(o^-^o)

090-1818-3727

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

壁の厚みを利用する  

20131212_145005

工事中のM邸の室内です。

壁の厚みを利用して、
色んな仕掛けをすっきり見せることができます。

ベッドの枕元に、棚が欲しいな、
と思った時に、
テーブルを置くのもすてきですが、
こんな風に、壁をふかして、照明を入れることもできます。

一緒に、エアコンも少し壁に埋め込んだ形にしています。

20131212_145203

また、沢山出てくるスイッチやコントローラーも、
壁の中に入れ込むことができます。

(ここはこれから、扉を付けて見えなくします。)

断熱材や、筋交いなどで、
希望通りのところに開けられないこともありますし、
深さによっては、部屋内側に若干狭くなることもありますが、
このすっきり感は、建築時しかできないので、
検討してみてくださいね。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

おしゃれ

私は、人がおしゃれしてるのを見るのが好きです。

次男が男子校で
何が嫌だったって、
ジャージしか着ないことですよ。 (゚ー゚;

部活と、男だけの空間で、
本人も、だんだんあきらめてくのですが。

大学生になって、
「これでおしゃれさせられる!」 と喜んだのは私。笑

多少投資も必要ですが、
だんだんに効果も表れてきて、
朝出ていく姿もすがすがしい。 (o^-^o)


その横で、しょぼくれつつあったダンナもテコ入れ。
少しは、こちらも効果が出てきてるようで、
よしよし・・!と。

自分自身は、
仕事最小限の服しか買わないので、
一番、タンス、すかすか。


(そんなお母さんはいない、変だ、と次男に言われる。)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

吉祥寺 北欧WALK 2013

20131215_155818

昨日は、(かつての)教え子と一緒に
吉祥寺めぐり。

知り合いの建築家 小久保さんの
丁寧なお仕事を拝見し、

ご案内いただいた、
ギャラリーKAIで、レクリントの新作照明を見て、

クライアントのHさん御用達の
北欧ビンテージ家具ショップ ベルベットさんへ。

ほんと久しぶりの吉祥寺公園前は、
原宿竹下通りのようになっていて、
年末のひとごみの中、
あちこち散策しました。

それにしても、
サロンの多い街だ!
こんな4~5軒に一軒が美容院というような
通りでも、成り立つのね。

25日まで、 「吉祥寺 北欧WALK」開催中。

クリスマスマーケット気分で
お出かけになられては。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

午前様

忘年会で、午前様です。笑

ご近所さんたちと一緒。

子育てを一緒にしていた、
ママたちとは、22年のお付き合い。
一緒にスキーに行ったり、
お泊り会したり、
バーベキューにいったり・・
というのは、子供が中学にあがったころから
無くなりましたが、
一年に一度のおしゃべり会は健在。

右も左もわからない土地に引っ越してきてから、
皆に沢山助けてもらってきました。
おむつ変えた子供たちも社会人。
今年も無事に過ごせたなあ、
と、皆の顔を見ると、
ホッとしますよ。 (o^-^o)

仕事関係の忘年会も先週終わりましたが、
こちらも、午前様。
刺激に満ちた会話で、
勉強になりました。

今週末には、
家族忘年会です。

皆さま、
飲みすぎませんよう。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

埼玉 K邸 順調です

20131213_145115

埼玉 K邸 スケジュール通り順調に進んでおります。

あと、二カ月着工がずれていたら・・
断熱材や合板が品薄、職人さんの手配もつかなくて、
こうは進んでいなかったですね。
とてもラッキーでした。

現場には、
床材のパインが入っていました。

節もあまり目立たなくて、
きれいな材です。

今回は、コンセント位置などの確認で、
遠い現在のお住まいから、
電車で奥さまに来ていただきました。
有難うございました。

タイトなスケジュールだったので、
今までゆっくりお話しする機会が無かったのですが、
二人でランチをしながら
沢山お話しさせていただき、
とっても楽しかったです!

奥さまがおっしゃるには、
「私くらい、沢山の建築家のHPを見てきた人はいないと思いますよ」
と、いうことで、
HP、雑誌、、
見比べ、実際何人かにはご相談されてからのご依頼、
・・・感激と感謝の気持ちでいっぱいです。

優秀な設計者さんは沢山いらっしゃいますから、
初めてあったその日に?即決?というのは、
やはり、ご縁があったのだろうなあと思います。

このご縁を、
ずっと良い形で、続けていきたいですね。

次回の監理でお会いするのも
楽しみにしております。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州M邸 仕上げも順調です

20131212_144941_2

M邸、雪がちらちらと舞う中、
監理に行ってきました。

もう、お引き渡しまで、
何回もありません。
現場も順調で、仕上げが9割がた
終わった状態です。

今回は、
照明が点灯されました。

この壁のニッチと照明が何なのかは、
また改めてご紹介しますが、
なにしろ、きれいだ!
自分で言うのもなんですが。
現場の仕事がうまいので、図面以上の出来です。


「仕事にはサプライズが必要だ」


とは、
ニコライ・バーグマン×RUMIKO・照明稲葉氏の言葉ですが、
きっと、この場所に初めて来た人は、
びっくりしていただけるのではないかしら。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

雪でした

本日は、監理で信州へ。

雪がちらちら、舞っていました。

OBクライアントの、
小諸のTさんに、
近くを通るのでご挨拶を・・と思ったら、
お昼時でごはんをごちそうになってしまいました。

いろいろと積もる話を
おしゃべりさせていただき、
楽しい時間でした。

甥っ子さんが、
この家でOMを気に入って、
新築されたとか。

風景を狙って開けた窓が、
カーテンいらずで、
近所の人が、「外が見える!」と
びっくりされるとか。
(同じ風景に囲まれてるのにね。笑)

OMで寒いところがないので、
一日家全体を使ってるというお話。

何といっても、
こんな遠くでも、
「建った後も、伊藤さんががっちり守ってくれてる感じがして安心。
 頼んで本当に良かった。」
と言っていただけたのはうれしかったです。

家も家族も、変化していくものですから、
ずっとご相談にのっていきたいと思っています。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

記事数 3000件突破! と、窓の話題

ブログの解析見てたら、
私が書いた記事数が3000件を超えていました。

毎日と言いつつ、
毎日でもないですが、
10年近いので、年に300は書いてきたということですね。

昨日は、毎日見てます、という方もいて、
こうなると、お休みするのも申し訳ないです。
又、一晩のうちに500を超える記事数を一気読みする方も
結構いて、寝不足を心配したりしてます。

日記も家計簿も趣味も続いたことないですが、
ブログだけは続いてるのは、
なんでしょう、
やっぱり、建築に関して、沢山の方にお伝えしたいことが
あるからではないかなあと思います。
(たまにくだらない家族ネタもはさみますが。)

なので、お友達中心のFBは、
お留守という感じですね。

ましてラインは・・笑

で、今日の話題は。

「冬のカーテンは開けましょう!」 です。

20131114_114926

これは、工事中の写真ですが、
窓から壁に、日が差してるのがわかりますよね。

実は、壁のプラスターボードは、
蓄熱します。
床の無垢材もそうです。

夏は、これが暑いので、
ブラインドなどを下ろしてください、
とお願いしてますが、
冬は、是非開けてくださいね!

使ってない部屋だから・と
雨戸を閉めたっきりにしたり、
ブラインドをきっちり下ろしてると、
せっかくの太陽の熱が入ってきません。
家が冷え切ってしまいます。
その冷気は、他の部屋にも流れ込みます。

不在の時でも、窓の厚いカーテンは開けておいて、
日が落ちたら、室内に蓄熱した熱を逃がさないように
カーテンを閉める。
その、ベースの暖かさを利用して、
加算する暖房のエネルギー消費を押える・
というのが、エコロジーな生活の仕方です。
こんな小さなひと手間で、大事な地球のエネルギーを、
使う量を減らせるんですよ。 sun

(OMを利用していても同じです。
 太陽の直射のエネルギーが一番効きます)


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (2)

ブリ大根の季節

Kimg0014

いただいた大根が一本あまってたので、
早朝からブリ大根をコトコト。

圧力なべなので、
早いぞ。
火を消しておけるので、
気にしないで他の家事をできるから
便利ですね。
(写真は、減圧のあと 煮詰めてるとこ。)

ホウレンソウもその間に
茹でてしまって、
これで、夜はプール寄ってきても、
慌ただしくなくていいね!

と思ってたら、

ご飯セットしてくるの忘れた・・・。 ┐(´-`)┌ 

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

お泊り

本日、今年最後の図面納め。


「お母さん、何で帰ってこなかったの? ( ̄▽ ̄)/ 」 by次男


う~~ん。
最後、図面が渡ってしまうと思うと、
タイル品番一つでも、ぎりぎりまで悩んでしまうんだよね。 (;´▽`A``


で、君は、一昨日何で帰ってこなかったの?


「( ̄ー+ ̄)」


ちなみに、ダンナは、
これから帰るね!と電話してきてから、
友達につかまって二晩帰ってこなかったことがあります。 (゚ー゚;


皆、夢中になると、
連絡もしませんが、
家族も大して気にしない、
という、ゆるい伊藤家です。

(女の子ならこうはいかないですね。)

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

M邸 一年点検

20131208_112341

M邸 一年点検でした。

小屋裏収納のOM機器や、
小屋組の状態まで、しっかり監督さんがチェック。

クライアントさんからは、
特にご指摘は無かったですが、
いくつか気になるところの手当てをお願いしました。

板張りの外壁は、塗装替えが必要な状態でもなく
きれいなままでした。

20131208_103451

パインの床材も、
良い色に、やけてきました。

20131208_103301

設計上のご不満、ストレスも無いということで、
ホッといたしました。
ただ、お住まいになるほどに変化もあり、
使い勝手も変わりますから、
いつでもご相談くださいね。


お子さんを抱っこさせていただき、
おでこすりすりもしてもらって感激。(o^-^o)
クライアントさんの笑顔が
一番の力です。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

クリスマスマーケット 

ルイスポールセン社から送られてくる
美しい照明の写真をお届けしています。

1111_l101262131


1113_l101256931

北欧はクリスマスマーケットの時期ですね。
11月のコペンハーゲンの様子だそうです。

改めて写真で見ると、
素朴な暖かさが伝わってきます。

街が明るすぎないのも、
早くあたたかなおうちに帰りたいな・という気分にもなって
いいですね。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

一級建築士定期講習会 暖かい家で健康に

三年おきに受けなければならない
一級建築士の定期講習会に
行ってきました。

9:00~17:30
びっちり。
最後には試験。 (ρ_;)

今回は、色々勉強になりました。

前の講習にはなかった、
エネルギー問題が多く取り上げられていて、
改めて、
これからの建築は、エネルギーの問題と
取り組んでいなければ、
成り立たない、と感じました。

なにしろ、
建築(製造・新築・運用・改修・解体)
に関することだけで、
CO2排出量の40%を占めてるのです!

又、
高断熱の住宅が、
健康にどれだけ関係してるか、という
資料も載っていて興味深かったです。

全国一万軒の調査で、
断熱が優れた住宅に越した後、
各疾病が改善されることが分かっています。

アレルギー鼻炎
アトピー
喘息
肺炎
糖尿病
心疾患・・・などなど。

「寒い」ということが、
どれだけ、健康に害を及ぼしているか、
というのが良くわかりますね。

これはなにも、
暖房付けっぱなしで
一日中25度を維持しようというのではなく、
断熱性能を上げて、
自然エネルギー(日光を入れる・蓄熱する)を使いながら、
16~23度で工夫しながら住む、
というのがこれからの住まい方だと思います。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

信州 M邸 仕上げに入ってます

Mg13


信州 M邸
昨日現場監理でした。

もうすぐお引き渡しで、
現場も順調、
仕上げ工事の最中です。

今回は、塗装仕上げの部分が多いのですが、
かちっと仕上がっていて気持ちいいです。

次回来たら、
照明も点灯できるので、
すごく楽しみです。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

図面などについて

初めてお仕事をさせていただいてる
工務店さんとの現場監理で、

大工さんと監督さんから、
褒められたことがあって、
ちょっとうれしい。(o^-^o)

イケメンの大工さん「ここまでの内容を描いてくれる方いないですよねえ。
             わかりやすい。」

イケメンの監督さん「ベランダ、ここまで雨仕舞を考えてする人はあまりない。
             安心ですね。」

まだまだ、改良の余地ありですが、
沢山の建築家とお仕事されてる方達から言っていただけたので、
気を付けてるところが間違ってなかったかなあと思い、
嬉しいです。

暗く、寒かったり暑かったりする現場で、
大工さんがイライラせずに図面を読める、というのは大事。
枚数は、多すぎても少なすぎてもダメ。

又、不要なメンテナンスが生じないような、
安全なディテールを考えるのも大事。


そうそう、安全、といえば、
私が設計する家の屋根勾配は、
3.5寸以下が多いのですが、
これは、小屋裏収納をつくりつつ、
屋根の上を、職人さんが安全にメンテナンスで歩けるぎりぎりの勾配。

職人さんも高いところはやっぱり怖くて、
落ちて大怪我することもあります。

メンテナンスに同行してると、
安心して見てられる勾配は、3.5寸以下ですね。

職人さんが、安全に、ストレスなく、
楽しく仕事ができるような設計をする、
というのも、設計者の責務だと思うので、
いろいろお話を聞くようにしています。


*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

無垢材のお手入れ

Ta14

OBクライアントさんのブログを拝見したら、
偶然、二軒のお宅で、
木カウンターとテーブルのお手入れの様子が
アップされていました。

一軒は、ご相談も受けていた、
ガラス塗装の洗面カウンター。

メンテナンスで塗装屋さんにご依頼の予定でしたが、
まめで器用な方なので、
ご自身でのメンテナンスをご提案。
問題なく、きれいに仕上げられたようです。
(もちろん安上がり!)

もう一軒は、ご自身で購入された
無垢のダイニングテーブル。
こちらも、ヤスリとオイルで、
きれいになったようです。


水が落ちる可能性がある無垢木部には、

*ウレタン塗装仕上げ
*オイルや蜜蝋塗装仕上げ
*ガラス塗装仕上げ

が、方法としてあります。

お子さんが小さかったりして
水がかかる頻度が多いようなところは
一般的なウレタン塗装にしますが、
水のふき取りが不十分だったりすると、
ひびが入ったところからカビたり、はげたりすることがあり、
その場合は、‘プロによる再塗装‘が必要になります。
又、表面につるっとした膜をつくりますので、
木の風合いは、若干劣ります。

オイル・蜜蝋は、風合いもよく、
自分で簡単に塗り重ねることができて
メンテナンスしやすいですが、
輪ジミなども出来やすいので、
気になる方は、
頻繁にメンテナンスが必要になります。

ガラス塗装は、
材料は高価ですが、
木の風合いが良く、オイルより水もはじきやすく、
小さい面積なら、お施主さんでもメンテナンス出来るので、
自分でされたい方には、お勧めです。
万が一、ウレタン塗装に変更したいような場合も、
表面の塗料を落とすことで、対応出来ます。

いずれにしても、
じゃぶじゃぶ水がかかったまま、という条件では
使えませんので、
マメに水分をふき取る、
メンテナンスする、ことで、
あたたかな木の風合いを
楽しんでいただけたらと思います。

※ ご注意
  自然オイル系は、拭きとりに使ったウエス(布)から発火する場合があります。
  注意書きをよく読み、水に浸すなどの処理をしましょう。

*************

*  伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

| | Comments (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »