« 見掛けによらない | Main | 江戸からかみ ショールームへ »

注文住宅が向いてる人・向かない人

昨日は、埼玉のK邸、
クライアントさんを迎えての、
現場監理でした。

シンプルな箱のようなつくりですが、
狙ってあけた窓があって、
そこから見える風景を、本当に喜んでくれたのが
すごくうれしかったです。


性能や使い勝手も大事だけれど、
「ここが好きだなあ」と、
‘その方に‘思ってもらえる
そんな場所をつくるのが、
設計の‘きも‘だと思っています。


すてきな風景があったとして、
このクライアントさんだったら、
「バーカウンターでみせるか」
「大開口で見せるか」
「立って見せるか・座って見せるか」
と、
そこでの生活を想像して窓の形を決めます。

さらに、季節風の方向を考慮して、
開ける方向も決めます。

クライアントさんの個性や
場所性を織り込まない
建て売りや規格住宅との違いは
ここに出てきます。

又、注文住宅でも、
「○LDKでオープンキッチン。出窓とらせん階段が夢。」というような
クライアントさんの希望をそのまま形にする
一般に言う注文住宅と、
客観的に見たクライアントさんの個性と可能性や場所性を
織り込んでいく設計者による注文住宅は、
全く違います。
なので、「建築家があなたの夢を叶えます!」というのは
ちょっと違うと思ってて、それ以上の提案をすることに、
設計料を払う意味があると思います。

土地のポテンシャルを
最大限に引き出したい方、

自分の希望にとどまらず、
生活の仕方の可能性をもっと広げたい、と思う
柔軟な考え方の方、

には、設計者との家づくりが向いてると思いますよ。


*******************

設計事務所とメーカーどちらがむいてるか?
少し私の印象をまとめてみました。(o^-^o)
(個人的な意見も含みますので、悪しからず。笑)


<設計事務所の注文住宅が向いてる方>

*土地に特徴がある(狭小・旗竿など)
 又は、魅力を引き出したい。
*自分の意見や好みがはっきりしてて、妥協したくない。
*クラフト・アートなど個性的なものが好き。
*つくる過程を見る・参加するのが好き。職人さんの手仕事が好き。
*体が不自由な人がいるなど、特別な配慮が必要。
*自分の感性を信じる。
*住宅展示場で、ここにずっといたい、と思う家が無い。
*プロの意見を聞くのも楽しい。


<大手メーカーなどが向いてる方>

*ネームバリューのあるものが好き。
*人の意見がかなり気になるほうだな、と思う方(一般的なものが安心)。
*家づくりは自分で一つ一つ確かめなくていいので
 お任せしたい。
*建った家にはできるだけ手を掛けたくない。
*車のように家は完成品を買うものだ、と思う。
*自然素材のひびや割れなどは、気になる。
*住宅展示場は楽しい。豪華ですてきだなと思う。
 住みたいところがいっぱいあって迷う!
*自分の意見を通したい。そのまま形にしてほしい。


いかがですか?
あと、これとは別に、工務店さんという選択肢もあります。
こちらは、得意な分野(地元県産材の家とか、カフェテイストの家とか)を持ってますから、
そこにぴったり合うと、良いですね!

 
*************

* 10月 リニューアル! 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 見掛けによらない | Main | 江戸からかみ ショールームへ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 見掛けによらない | Main | 江戸からかみ ショールームへ »