« 投票 | Main | お風呂が寒い 2013 »

職人さんのセンス

* 10月 リニューアル! 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

************

20131022_135002

信州M邸は何箇所か
鉄平石で仕上げています。

鉄平石は、色合いも形も巾が大きいので、
産地と職人さんのセンスが、そのまま
仕上がりに反映されます。

監督さんが、
「きれいですよ。実際に見てほしいので、写真は送りません」と
言っていたのですが、
現場で見て、納得。

近くの産地ではなく、外壁に合うように、
わざと青っぽい深い色の産地(諏訪)を選んで、
専門の職人さんに施工していただいたのですが、
絶妙な感じで、茶色の一枚。

うまいなあ・。

この一枚が無かったら?と想像してみてください。
平坦な印象になるでしょ。
この一枚で、一歩踏み出したくなる衝動にもかられます。


建築は、図面が出来て、監督さんが良ければ
それで同じか、というと、
最後に手を掛ける職人さんのセンスと愛情で、
全く違う空間になってしまう、
繊細なものです。

障子、石張り、床張りなどなど・
私が業者さん、職人さんまで直接指定し、
コミュニケーションをとっていくのは、
お施主さんに、石の最後の一枚までも、
気持ちのこもったものを、お渡ししたいから。


一般の方には、ここが違う、とわからなくても、
全体の空気が違うのは、
感じてもらえるんじゃないかな。


*こちらは、H邸でヘリンボーンを手掛ける職人さん。
 誰でもきれいにできるわけではありません。

Hg26


|

« 投票 | Main | お風呂が寒い 2013 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 投票 | Main | お風呂が寒い 2013 »