« ブラインドで事故 | Main | パーティで »

熊谷高気密高断熱モデルハウス見学

Picture082413_103646

いつも大変お世話になっている、
北欧建材の大和屋さんの熊谷モデルハウスがリニューアルということで
伺ってきました。

とても盛況で、関西弁も聞こえてきたので、
遠くからも参加されて、注目度が高いのですね。

Picture082413_103020

今回のリニューアルは、
「冷房を使わず」「暖房を使わず」
快適に過ごす家、の理想を追求した仕様、ということで、
ドイツ直輸入の日射遮蔽設備の数々、
断熱材は、壁で合計 38㎝! (通常は10㎝内外)
熱交換の換気システムにトリプルガラスの窓・・と、
かなりのハイスペック。

Picture082413_103120

日射遮蔽のブラインドやオーニングは、
良く国内で流通してるものと違って、カラフルで軽快な種類もあったので、
是非使ってみたいなあ、と思いました。

Picture082413_091325

ところで、「無冷房」というのは、現実的には難しくて、
冷房は使用、但し、効きが良くなるので、
電気代はかなり節約できる、ということらしいです。
実際、クーラー一台稼働で、それほど汗もかかず、過ごせました。
(曇りの比較的暑くない日ですが)

********

ここで、酷暑の熊谷の過ごし方おさらいです。

このように、
断熱材を40㎝近くにした高断熱住宅でさえも無冷房とはいかず、
そもそも外気温が高いので、「日中」冷房を入れないで過ごすのは
難しい、と思います。

断熱性能のいい家を建てて、
日中は、窓を閉め、ブラインドなどで、日射ができるだけ入らないようにして
過ごします。

早朝と夜間は、特別な日を除いて、
30度を切りますから、
窓を沢山開けて、空気の入れ替えをして、
室内の熱気と汚れた空気を、外気と入れ替えます。

OMソーラーの場合は、
自動で、夜間の涼しい空気を入れてくれますので、
比較的、熱気がこもりにくいです。

個人差と条件にもよりますが、
経験からいうと、OMソーラーの家は、
夜間、冷房を付けないで、(場合によっては窓を開けて寝ている)、
というお宅が多いようですね。

日中は、日射侵入を抑えて冷房を効率よく使い、
夜間は、窓を開けて就寝する。

そんな夏の住まい方ができる家、が
現実的で、快適な、家だと思います。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

|

« ブラインドで事故 | Main | パーティで »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラインドで事故 | Main | パーティで »