« July 2013 | Main | September 2013 »

August 2013

M邸 プレカット工場へ

1

M邸、上棟が近付いてきまして、
いつも通り、材料の確認のために
埼玉、本庄のプレカット工場へ行ってきました。

木の香りがいいですねえ!

M2

初めて伺った工場ですが、
隅々まで整然とした、大工場で、
皆さんの挨拶も気持ちよく、
きちんとした加工をしていただけそうです。

M3

最新式の自動の機械あり、
手加工をする職人さん達が数人仕事をする加工場あり、
興味深く、拝見しました。

Photo

含水率は、概ね10.5~14.5程度。
問題ありません。

M

今日は、またまた、暑さのぶり返し。
周辺は、木々に囲まれ、熊谷よりは涼しい感じですが・・、

涼しい信州から来ていた監督さんは、
「これより、標高の低いところへは、下りられません・・・。」
と、暑さにびっくりしていました。

上棟は、9月の信州。

気持ちいいでしょうね!


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

打ち合わせでスカッコマットさんへ

昨日は、
ガーデン ソトさんと
外構の打ち合わせで、
近くのイタリアンレストラン
スカッコマットさんへ。

どうしてレストランかというと、
こちらは、お庭が見える席があるので。

事務所で、図面見ながら打ち合わせばかりではなくて、
業者さんも、クライアントさんも、
時々、こんな風にカフェやレストランで打ち合わせします。

H邸のグレーの壁も、
某レストランの壁の色を参考にアレンジ。

P1130728


実物を見ながらの方が、
わかりやすくて、
又、気分も変わって、楽しいものです。


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

お誕生日おめでとう

Picture082913_084957

次男誕生日でした。

プレゼントは、先日、
佐野のアウトレットで買ってあげたので、
当日は、いつもより、ちょっとだけ手を掛けた夕食と、
ケーキ。
(今年は暑いので、サーティーワンのアイスケーキ)

まあ、もうぐれる歳でもありませんが、
イベント好きの伊藤家としては、
なにかと理由を付けて、顔を合わせるようにしてます。
(だいたい、普段の日に家族そろって夕飯を食べること自体あまりない)

で、恒例、聞いてみました!

「いくつになった?」

「・・・・○○歳・・。 ヽ(´▽`)/ 」

って、もう間違ってるだろうが!!!

君は、本当に理系の大学生か! (ノ_-。) 
(線形代数だの統計だのやってる人が、何故、足し算できない?)


気を取りなおして、
駄菓子のプチプレゼント。
キョロちゃんに、きなこもち味が出てました!

ちなみに、
先日のダンナの誕生日には、
息子は奮発して、ハーゲンダッツのアイスをプレゼント。
・・・だったのを知らずに、
冷蔵庫に発見した私が、
完食してしまいました。
まだ、返してません。

ゆるい、伊藤家です。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

隣に建ったら嬉しい家

「吉岡賞」という、国内では有名な
住宅の賞がありまして。

今年の第一次審査の様子が
雑誌に載っていました。

その座談会の中で、

「・・○○の家は、自分が住んでる家の隣に建つ家が
 この家だったらいいな、と思いました。」

という審査員のコメントに、
なるほど、と思いました。

その候補の家は、
塀がなくて、公園のように芝生の庭が解放されていて、
建て物のボリュームもほど良く、
形体も色も、奇抜ではない・といっても
独特の空気感がある、建て物でした。
今はやりの閉鎖的な家、ではないところも
評価されていました。


‘周辺環境に配慮した‘でもなく、
‘街並みの形成に寄与した‘でもない、
難しいことはさておいて、

「隣に建ったらうれしい」

は、誰にでもわかる、すてきな、評価の仕方です。

(クライアントさん自身はよくても、近隣が拒否反応示すような
 家もありますからね。)


こんなすごい賞には縁がありませんが、
自分が設計する家を、ふと目にした人が、
ホッとして、嬉しい気持ちになる家だったらいいなあ、
と思った次第です。


Hk2_3

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

工夫して過ごす

Picture082413_091703


今日は良い風が吹いてますね。

やっと、窓を開けて過ごせる一日です。

私が、省エネ・パッシブを教わってる野池氏は、
閉め切って機械に頼る生活をするのではなく、
自然の力を借りて、人も工夫しながら生活しましょう、
という考え方で、
私も賛同しています。

前回の講義では、
いきなりエアコンのスイッチを入れるのではなく、
風の通り道を探そう、というお話し。

新築で、各部屋にエアコン・暖房を最初から設置してしまうと、
すぐスイッチを入れてしまい、
いつの間にかエネルギー消費量が増えてしまいます。

今日ぐらいなら、エアコン付けないで、
ブラインドを下ろし、窓を開けて、
扇風機で過ごます。

私が設計する家は、通常より窓が多いですが、
それでも、通風には下記のような工夫をしてくださいとお願いしています。

*風の入口と出口の二か所以上を必ず開ける
*地窓やトップサイドライト・天窓を開けるのも効果的(風は下から上へ流れる)
*季節や時間によって、風の吹く方向は違うので、色々試してみる
*庭に芝生を植える、木陰をつくる、などして、入る風の温度を下げる
 (北側にも植栽をすると効果あり)
*引き戸は開けて、家全体で、通風を考える

住みながら、「家の呼吸の仕方」を少しずつ確認し、
どうしても必要な時に
冷房のスイッチを入れたり、追加で設置する、

そうすれば、大事なエネルギーを過剰に使わず、
健康にも良いと思います。


涼しくなっていくこれから。

秋の午後の風は、こちらからが多いな・・
なんて、確認しながら、
窓をいつもより多く開けてみてくださいね。


(写真は、先日の大和屋さんの見学会で。
 家の周りのコンクリート量が減れば、それだけ涼しくなります。)

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (1)

パーティで

Picture082513_194441

昨日、長男の仕事の関係で、
都内、パーティに行ってきました。

どこに行っても、
ついつい、仕事目線で見てしまうんですよね。

こちらの会場も、リニューアルしたばかりということで、
素材や光の使いかたを、きょろきょろ。

もともと、店舗デザインからキャリアスタートなので、
こんな大胆なデザインも、どこか参考にできないかなあ、
と・。

それにしても、
非日常空間って、やっぱり光がポイントだな・と
再確認でした。


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

熊谷高気密高断熱モデルハウス見学

Picture082413_103646

いつも大変お世話になっている、
北欧建材の大和屋さんの熊谷モデルハウスがリニューアルということで
伺ってきました。

とても盛況で、関西弁も聞こえてきたので、
遠くからも参加されて、注目度が高いのですね。

Picture082413_103020

今回のリニューアルは、
「冷房を使わず」「暖房を使わず」
快適に過ごす家、の理想を追求した仕様、ということで、
ドイツ直輸入の日射遮蔽設備の数々、
断熱材は、壁で合計 38㎝! (通常は10㎝内外)
熱交換の換気システムにトリプルガラスの窓・・と、
かなりのハイスペック。

Picture082413_103120

日射遮蔽のブラインドやオーニングは、
良く国内で流通してるものと違って、カラフルで軽快な種類もあったので、
是非使ってみたいなあ、と思いました。

Picture082413_091325

ところで、「無冷房」というのは、現実的には難しくて、
冷房は使用、但し、効きが良くなるので、
電気代はかなり節約できる、ということらしいです。
実際、クーラー一台稼働で、それほど汗もかかず、過ごせました。
(曇りの比較的暑くない日ですが)

********

ここで、酷暑の熊谷の過ごし方おさらいです。

このように、
断熱材を40㎝近くにした高断熱住宅でさえも無冷房とはいかず、
そもそも外気温が高いので、「日中」冷房を入れないで過ごすのは
難しい、と思います。

断熱性能のいい家を建てて、
日中は、窓を閉め、ブラインドなどで、日射ができるだけ入らないようにして
過ごします。

早朝と夜間は、特別な日を除いて、
30度を切りますから、
窓を沢山開けて、空気の入れ替えをして、
室内の熱気と汚れた空気を、外気と入れ替えます。

OMソーラーの場合は、
自動で、夜間の涼しい空気を入れてくれますので、
比較的、熱気がこもりにくいです。

個人差と条件にもよりますが、
経験からいうと、OMソーラーの家は、
夜間、冷房を付けないで、(場合によっては窓を開けて寝ている)、
というお宅が多いようですね。

日中は、日射侵入を抑えて冷房を効率よく使い、
夜間は、窓を開けて就寝する。

そんな夏の住まい方ができる家、が
現実的で、快適な、家だと思います。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

ブラインドで事故

家の中の危険

足元だけではありません。

今日の朝のニュースから。

ブラインドのひもに、赤ちゃんの首が絡まって
亡くなってしまうという、痛ましい事故があったのだそうです。
お昼寝中のことらしいですが、
同様の事故は、たびたび報告されてるようです。

3歳ぐらいまでのお子さんがいるうちは、
手が届くところにひもがぶらさがってないか、
チェックしてみてくださいね。

上の方に引っ掛ける、
紐でないタイプ(バトン)にする、
など、工夫しましょう。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

整理整頓が命にかかわる?  ホントです。

お盆休み前の朝日新聞に、
「家の中の安全」の記事がありました。

2010年 「家庭内の不慮の事故」で‘死亡‘した65歳以上の
1万1429人のうち、
平面上で滑ったり転んだりした人は、
1278人。

階段や建物から転落した人は317人なので、
その4倍!が、「平たいところで転んで亡くなっている」のです。
(亡くならなくても骨折で入院、等を含めたらもっと沢山の事故数になります)

転ぶ理由は、

*スーパーなどの袋
*本や、新聞
*電気コード

などなど、床に散乱してる雑多なものにつまづくこと。

廊下の段ボールや、飛び出した家具、
マット、他にも沢山ありそうです。

夏休み、
実家に帰って、
「なんだか物が増えてるなあ・・」
と、思いませんでしたか?

特に夜中にトイレに行き来するルートに、
つまずきそうなものがあるなら、
そこから整理整頓されると良いですね。

(帰省した先でも、つまづいて転んで出血する怪我をした、と言ってました。
 他人ごとではありません。)


*************

整理収納をお勧めすると
良く出てくるフレーズに

「家族がさわると怒る」

「もったいない」

というのがあります。

まずは、自分のものから整理・というのがルールらしいです。
きれいになって、過ごしやすくなれば、
家族も、自分も・・、と思ってくれるかもしれませんね。

もったいない、は、

‘使わず、死蔵させておくこと。あることも忘れてしまうこと。‘
‘物が場所を取って、家に座る場所も十分になく、空間が生かされてないこと。‘
‘人一人が生活するのに、必要以上のものを持つこと。‘

お客さま布団で押し入れがいっぱい。
お部屋に物があふれてて、お客様は泊められない、
という、本末転倒の例も少なくないです。
使われない布団も、空間も
もったいないですよね。 (^-^;

高齢になると、
大がかりな整理・収納は、
体力的に難しくなりますから、
若い時から、物を持ちすぎない・整理整頓する
習慣を持っておくと良いと思います。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

高速教習&佐野アウトレット

次男が自動車教習場、最終段階。

もうすぐ、高速教習だというので、
先日、私の運転で、近場に予習で乗ってきました。

佐野のアウトレットに行ってみたいということで、
小一時間のドライブと、ショッピング。

実は私も初めてだったんですが、
お店多いんですねー。(今更?笑)

イッタラもあるんだ!

レゴショップでは
気になってた有名建築シリーズが見られて、大盛り上がり。

コルビジェのサヴォワ邸、
フランクロイドライトのグッゲンハイム美術館、
などなど、買っても作らないからなあ・・と
眺めるだけでしたが、
楽しかったです。

41ffy34lvql__aa160_
(実物をフランスに見に行ってきた、サヴォワ邸)

次男は、高速教習のイメトレができた上に、
誕生日プレゼントも買ってもらえて、
ラッキー。ヽ(´▽`)/

私は・・・

あれ?
何も買って無いぞ。 ( ̄Д ̄;;


(イッタラもレゴも服も、眺めて満足してしまった・・)

******

ブログ見てる方から、
息子さんとよく一緒に出掛けますね、と
言われるので次男に聞いてみました。
「お母さんと一緒に歩くのはずかしくないの? (^-^;」

「・・? 中学までは、恥ずかしかったけど、今は、
 大人二人が一緒にあるいてるだけじゃね?
 親子って感じじゃないよ。」

と、本人は、母と歩いてるというより、
大人の一人と歩いてる、感覚らしいです。
そういえば、長男も、誘うとどこでもついてくるな。

昔、自分じゃ入れないような、
おしゃれだったり、かっこいいお店に連れてってくれた上司や先生に憧れて、
よく、ついてまわったけど、
そんな大人になれたらいいな~。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

窓が大事なわけ

なるほど!と思ったコラムが
雑誌にありました。

建築環境学者の方のお話し。

「人間の体は、口・目・鼻・汗線などの穴だらけ。
そこから、呼吸し、水を飲み、汗をかく。
だから、建築が人体の延長にあると考えると、
建築にもそれなりに‘穴‘が必要で、
開け閉めできることが大切。」

衣類に、ビニールのような呼吸できない素材は使いませんよね。


なのに、どうして、今の建築は、
つるつる・ぴかぴかで、閉じたものが多いのかな。
皆、本当に心地よいと感じているのかな?

どうも、エアコンディショニングに頼りすぎたり、フリーメンテナンス、防犯を
求めすぎた結果のように思えます。


*窓を効果的に開ける

*無垢材・塗り壁など、穴のある素材を使う
 ウレタンより、穴をふさがないオイル仕上げ

当たり前のようですが、

「人間も自然の一部」 と

視点を変えれば、
家づくりも変わってきますよね。


オフィスも、学校も、
マンションも、同じですよね。

Img_1177
(見ようによっては、穴だらけ?笑)

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

思わぬところで、OMソーラー

四国行き帰りの新幹線の中から、
時々、OMソーラーのガラスが乗った家を見つけては、
ダンナと盛り上がっておりましたが・
こんなところでも、OMソーラーに遭遇しました。

Picture080713_092758

先日、友人が2年前に購入したM不動産の都内高級マンションに、
お泊りに行った時のこと。

お泊りといっても、友人の部屋ではなく、
オープンキッチン付きのパーティルームにもなる
豪華なゲストルームです。
(ルームといっても、LDKの他に個室が2部屋ある、一般住宅並みの広さ)

キッチンの壁に、
見覚えのあるコントロールパネルが・・。
明け方3時までおしゃべりして、朝、カーテンを開けると、
目の前に、OMのガラス屋根!

Picture080713_070503

この、ゲストルームは、
OMソーラーで、暖房・お湯採り・発電してたのですね。
マンションには他にも、トレーニングルームやライブラリー、など
充実の施設が沢山ありましたが、
稼働率も高く、人気のお部屋ということでした。
(一般分譲のお部屋は、ガス温水式床暖房。)

最新式のマンションでも採用されるソーラーシステム。

戸建てでも、もっと普及してほしいですね。

************

余談

写真でもわかるような、一見豪華なインテリア。
私が見ても、お金かかってるなあ、と思われる仕様ですが、
初めて利用したという友人曰く

「なんか・・安っぽいんだよね」

?と思いましたが、
すぐ、納得。

本物の材料がほとんどないのです。

豪華そうなフローリングも、貼り物。
飾り棚も建具も枠も、プリントのシートか薄い突き板を貼ったもの。
凝った照明や家具、設備、輸入品の水周り、コーディネート力・・・
まとめてかかっても、無垢の素材の手触りや香り、存在感には
かなわないんだなあ、と
改めて思いました。

これだけお金を掛けたゲストルームでも、
一般の人が瞬時に感じるくらいですから、
ずっと住む家に本物(高価な材料でなくても)を使うことは
大事だなあ、と感じました。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

サプライズにならなかった件

夏休みの最後は、
いつも、ダンナの誕生日会です。

誕生会をしてもらってる子供はぐれない・という言葉を信じ、
子供も必ずケーキを買ってきますが(実は一度だけ忘れた)、
だんなも、ぐれた中年にならないよう、
お祝いをします。

昨年は、サプライズで‘SHIKO‘にお連れしましたが、
今年も、「物より食でしょ!」ということで、
サプライズ企画。

予約を入れて、
車で「一度行ってみたい!」と言っていたお寿司屋さんへ。

が、着いても驚かない。

何でかな~と思ったら、

「すぐわかっちゃったよ。
 ヒントが多すぎるんだもん。」

そういえば・・
「車で10分!だから、駐車場に50分に来てね。」
「一緒に行くH(次男)は、好きじゃないからなあ。」(←お寿司嫌い)
「初めていくとこ!」(←初めていくとこで10分以内なんて、20年以上住んでると、そうはない。)

しまいには、「オレが運転しようか?」と言いかけてやめたとか・・。笑

サプライズの場所に、本人が運転して行ってどうする。

食事の方は、
サプライズ!な美味しさでしたよ!
こんな、脂ののった、生まぐろやさんま、
少なくとも、この近辺では、記憶にないなあ。

大将もきさくで、
次男に、
「ほんとに、初めて行った店?」と
驚かれました。
(いや私たちが、ずうずうしいか・・)

吹上 楽座さん

混みあう時もあるようなので、
予約か、時間ゆったりでお出かけになるのがいいかもしれませんね。

(食べログで、遠くからもお客さんが来るお店のようですが、
 こんな近くで、知っちゃうと、それはそれで、やばいなあ~~、という感じです。笑)

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

サマ―ハウス 表札

Ca3g00561

熊谷サマ―ハウス 表札がつきました。

こちらは、完全オリジナル。

マーク、フォントもこのためにデザインされて、
手作りの一点ものです。

厚みのある、ホーローのような質感は、
重ね吹きした、塗装のしかたによるものです。

スクエアの、シンプルな形。

森とハウスをイメージしたロゴ。

飴のような透明感のある白。


こういう、シンプルで暖かみのあるデザインのものって
探すと案外無いんですよね。

デザインと製作は
screw design さん。
(実店舗 ORIGINAL STORE  048-598-6358)


( 木の葉の影が落ちる感じが、いいですね。 )


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

夏休み

Picture081413_103057

四国 四万十が気温最高記録をたたき出した日、
山を越えた愛媛に帰省していました。
さほど変わらない気温だったと思います。

熊谷より涼しいだろう、と、行った先で
最高気温とは!(。>0<。) 

お墓参りなどが主でしたが、
合間に行った瀬戸内海は、
どこまでも穏やかで、
海無し県の埼玉から行くと、
その風景を見るだけで、気分転換になりました。

それに、食べ物が、何を食べても美味しい!!

‘うちぬき‘という、地下水が各家に引かれてるようなところなので、
基本の水が美味しいということは、
何を作っても、美味しいものになるのでしょうね。


(日本一を抜かされた熊谷市。
 ‘悔しい‘とのコメントが多いようですが、
 涼しくなったわけではありません。笑
 一度、‘雪くま‘食べにお出かけください。)


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

夏季休業のお知らせ

Hanabi


又、真夏の暑さが帰ってきましたね。

今年の夏季休業は、
8/11(日)~15(木)とさせていただきます。

ブログも明日から、
お休みとさせていただきます。

ファックス・メールなどのお返事も
16日以降となりますので、
ご了承くださいませ。


皆さま、楽しい夏休みを。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

信州 M邸 基礎打ち上がり

P1130963

信州 M邸
基礎の打ち上がった様子を
確認してきました。

現場もきちんとしていて、
もちろん、コンクリートの打ち上がりも
きれいです。

上棟は、9月に持ち越し。
その間に、監督さんと、詳細を詰めておきます。

段取り良く、資料を用意していただき、
打ち合わせもあっという間に完了。

時間が出来たので、
知らない道を車で流して、
気持ちの良さそうなカフェで、早めのランチをしてきました。
お庭がすてき!


P1130966


P1130969

信州らしい
さわやかな光景ですね。


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

H邸 アプローチ

Img_12062

H邸道路側から見たアプローチです。

一般的な家は、道路に面してか、南側に玄関をとりますが、
H邸は、北側に、長いスロープを介してアプローチしています。

これは、居室すべてに南面からの日差しを入れるためと、
車が出入りする道路側の東面に玄関を設けると、
リビングが落ち着かなくなること、
又、敷地の広さを生かした、スロープを採用したかったためです。
(ベビーカーでも便利)

アプローチのわかりにくさを解消するために、
外構を工夫しています。
小道のような木立をつくること、
門柱の素材と配置など、
ガーデンソトさんに、デザインをお願いしました。

Img_119723

玄関ドアは、北欧の輸入品で、高断熱の優れモノですが、
案外リーズナブルなお値段なのでお勧めです。(大和屋取扱)

照明は、ルイスポールセン。PH3-2 1/2 WALL。
この場合は、これくらいの存在感があったほうが、良いですね。

寄せ植えは、私の事務所に置いてあるものを
見学会用に持って来てみましたが
ぴったりですね。リーフのコーディネートがすてきです。(花水季さん)
コーナーに置くことで、ポーチが広く見えます。

又、ちらりと葉陰が見えているのは、
シマトネリコ。
ドアを開けた時に、隣地との間にワンクッションあって
落ち着きます。

帰宅しても、
お客さまがいらしても、
‘あたたかな‘雰囲気でお迎えできる
アプローチです。


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

勉強会 行ってきました

Picture080213_1326561

またまた、講習会です。
実務やりながらの参加は、
時間取るのが結構大変で、
申し込んだものの参加できなかったのも
いくつか・・。

で、勉強してることが
どう形になってるのか?というと

Photo

たとえば、
そこで学んだグーグルスケッチアップを使って、
隣地の畑に影が落ちないような屋根の形(下屋形式)を
シュミレーションする  とか

H14

建物と水平に吹く、卓越風を
室内に取り入れるための
ウインドウキャッチャー(袖壁)をつくる  とか

H14727

真夏に、日差しを遮る深い庇 とか

Hlowe

通風と導光のための
北側トップサイドライト  だとか・・・

あと、形にならない結露対策などなど、

性能を上げたり、環境に対する負荷を抑えることは、
どれだけ勉強しても足りませんね。
丁寧に実現していくことも大事。

学びは続きます。

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

H邸 お引き渡しでした

P1130947

H邸 お引き渡しでした。

書類のやり取りが済んだあとは、
恒例!お施主さんと一緒に床のオイル塗りです。
(オイル仕上げが必要な床材で、お時間と体力があり、
 作業をご希望される時だけです。)

たいていはご夫婦と私の三人体制ですが、
今回は奥さまが体調からご参加できず、
床材の大和屋さんに、特別にご協力いただきました。

その大和屋Yさんの作業姿です!

クライアントさんこだわりのヘリムボーンを、
収納の中も、一枚一枚丁寧に蜜蝋を塗り込んでます。

クライアントさんも汗だくになって、
最後まで頑張られました。
大変お疲れ様でした。

私も一緒に作業させていただくと、
職人さんの仕事の大変さ、
クライアントさんのメンテナンスの大変さが体験できて、
毎回、気持ちを新たにします。
プロのするお仕事とはいえ、指示するだけでは、
その作業のご苦労は、なかなかわかりませんね。
丁寧なお仕事をしてくださった職人さん達皆さんに
心から感謝申し上げます。

又、手を掛けることで、愛着がわきますね。
きっと、クライアントさんも、
「こんなに手を掛けたんだから大事に住もう」
というお気持ちになられたのではないかな、
と思います。


P1130949

お礼を言って帰ろうとしたら、
奥さまからすてきなプレゼントを手渡されました。

事務所にミナペルホネンのカップがあったのを憶えていてくださって、
ぴったりのミナのトレ―をご用意してくださいました。
お忙しいのにわざわざ、都内のお店まで行ってくれたのかな?
とっても嬉しかったです!
有難うございました。

これからお引越し、
お片づけ、
お友達をご招待・・と
忙しい日々が続きますね。

暑いですから、お身体にお気をつけて、
少しずつ、新しいおうちに、
馴染んでいってください。

沢山ある設計事務所の中から
HPを見てご連絡いただき、
伊藤裕子設計室を選んでくださって
誠に有難うございました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

Img_1214_3

お幸せに! (o^-^o)

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

H邸 夕景

Img_1063

H邸 夕景をじっくり撮ってきました。

広角で撮ったので、
見た目とは違いますが、
全体の感じがわかりやすいと思います。

H邸照明の特徴は、
間接照明が多く、メリハリが効いてること。

その効果はまた、
詳しくご紹介していきますね。


**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

あれこれ

H邸 写真の整理が済んでないので、
家族の様子など


* 気がつかれましたでしょうか。
  オープンハウスには、ダンナが常駐し・送り迎えなどさせていただいておりました。
  都内工務店で現場監督をしておりますが、
  たまの休日には、妻の仕事に駆り出されています。
  二日目は、一日写真撮影を命じられ、
  午前中から、夜景まで、シャッターチャンスを狙っていました。

  女性設計士のダンナは、設計士、と相場が決まっておりますが、
  うちは、監督兼カメラマン(なぜか写真の短大まで出てる)。
  「こんな便利なことはない!」と
  妻に使い倒されております。

  皆さんに、「見学会お疲れになったでしょう?」
  と言われますが、
  間違いなく、一番疲れたのは、ダンナです。笑


* 見学会の夜、関係者で食事会があったのですが、
  たまたま、当日電話をしてきた長男(神奈川居住)に、
  面白い人たちが来るから、参加する?と誘ったら、

  「行く! だけど、12:00に渋谷で遊びに行く待ち合わせがあるから、
  それまでに帰る。」

  って、いつの12:00?? (一瞬理解できない母)

  19:30からの熊谷食事会に参加して、
  ほんとに、夜中の12:00に間に合うように
  電車に乗って戻っていきました。

  で、次の日も、オープンハウス二日目に参加して
  一緒に食事して、帰っていきました・。

  休日だったとはいえ、社会人一年生なのに、
  このパワーはどこから・・? (゚ー゚;

* 大学生次男、まだ、夏休みに入れません。
  8月初旬まで試験真っ只中で、やばいと言いながら勉強してます。
  宿題も多そう。
  うわさには聞いていた、超厳しい理系校とはいえ、
  君に、楽しい夏はくるのか??

  バイトは、通ってた塾だし、
  なんだか、まだ、受験生なんじゃないか?
  と、思ってる母です。
  (実際やってることは同じ。)

  兄弟でも、性格と進路で、
  こんなに違うのですね。
  (長男が机に向かってる姿を見たことない)


  

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (2)

« July 2013 | Main | September 2013 »