« H邸 見学会で小美濃さんの作品展示 | Main | 外構の考え方 »

節電と熊谷の夏の過ごし方

* 7/27(土)10:00~18:00 熊谷H邸オープンハウス 詳細・お申し込み *

********

ちょっと気を許したら・

毎年減り続けていた電気の消費量が、
自宅も事務所も、
昨年より増えていました。

気をつけなきゃ!

毎年書いてることですが。

全国的に有名な熊谷の暑さを
エアコンなしで乗り切るのは、危険です。
熱中症になってしまい、
実際、室内で亡くなる方も出ています。


*窓を開けるのは、早朝と夜間。

*少しひんやりした空気を入れたら、
 窓は閉めて、ブラインドやロールスクリーンで、
 直射日光が室内に入らないようにします。
 外に緑のカーテンやよしずも良いです。

*室温が28度を超えるようなら、
 エアコンを付けますが、
 しょっちゅう切ったり入れたりすると余計電気代がかかるので、
 設定温度を高めにして連続運転。
 扇風機も併用すると、効果的。
 ドライ運転は、電気代が余計にかかったりするので、
 注意。

なにしろ、屋外の気温が、
発表では36度でも、砂利敷きの駐車スペースは50度を超えていたりしますから、
昼間通風だけで過ごすのは、無理です。

24時間換気で、自動的に暑い空気は入ってきてますし、
高気密住宅は、入った熱を簡単には逃しませんから、
屋根や外壁で熱を遮っても、
窓や換気扇から入った熱がこもります。


今年も猛暑のようですが、
特に熊谷近辺の方は、
エアコンを上手に使って、
体調を崩さないようお気を付けくださいね。


(エアコンの電気代を気にされる方がいますが、
 暖房や給湯に比べたらパーセンテージは小さいですし、
 ヒートポンプは、とても効率のいい設備です。
 ピーク時に、冷房が効いてるところにお出かけするのも節電です。)

**************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

|

« H邸 見学会で小美濃さんの作品展示 | Main | 外構の考え方 »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« H邸 見学会で小美濃さんの作品展示 | Main | 外構の考え方 »