« 受験が終わって | Main | 歌舞伎座 »

本当は

最近、「それは知らなかった」ということが
いくつかあって・。

たとえば、
マイケルジャクソンの軌跡を扱ったTV番組で、
色が白くなったのは、尋常性白斑という病気で、
まだらに白くなった皮膚を隠すためにメイクをしていたこと、
を知りました。(私が知らなかっただけ?)

整形はともかく、
「白人になりたくて皮膚の色まで」というのが、
一般的なイメージで、そうとう中傷もされ、
つらかったようです。


又、
グレートジャーニーの展覧会が開かれますが、

冒険家で医師の関野さんは、
「お医者さんが、趣味で始めたことが高じたのかな?」
と思っていたら、
もともと、学生でアマゾンに通っていた時、
「足手まといにならずに彼らと一緒にいるには」と考えて、
ジャーナリストや研究者ではなく、
「医師」になろうと決心し、
一橋大を卒業した後、医科大を受験して、医師になったこと、
を知りました。

表面だけ見て、
又は、一部の報道だけ見て、
判断してることが、どれだけ多いことか。

最近では、フェイスブックなどでも感じることが
頻繁になってきました。

そこで、一人称で発せられることと、
現実に見たり聞いたりすることの、
大きなギャップ。

私自身も、ブログやFBでの受けとられ方と、
実際は、結構違うと思いますが、
がっかりさせないような、
等身大の情報を出していければなあと、
思っております。

(「思ってた以上に天然ですね」とは時々言われますが、
 自分でわざわざ、‘天然‘ですとは・・。笑)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

|

« 受験が終わって | Main | 歌舞伎座 »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 受験が終わって | Main | 歌舞伎座 »