« トマトの季節 | Main | 朝日住まいづくりフェアー 出展します »

ザハ ハディドが朝日新聞に

今日の朝日新聞

建築家 ザハ ハディドさん が載っていました。

新国立競技場の最優秀案を出したイギリスの女性建築家です。
この方も、プリツカー賞を受賞しています。

初来日は30年前・・と書かれてましたが、
その、30年近い前、あるスクールで私もお会いして、
1週間、直接指導を受けたことがあります。
(今でもいただいたネームカードは大事にしてます。)

矢継ぎ早に出る課題についていくのが精いっぱい。
ほとんど眠る時間が無い。
それでも、墨汁とパステルで模造紙数枚に描いたドローイングを
褒めていただいたのを、今でもうれしく覚えています。

その、AAスクールで一番の印象は、

「建築は、愛情だ。 君たちからその愛情を感じない。」

と、厳しいコメントをイギリス人の校長先生からもらったこと。

全員20代。(私が最年長26歳ぐらい)
かっこいい形をつくること・
斬新なコンセプトを考えつくこと・
美しい表現をすること・が大事で、
駄目だしされてすぐくじける、
現実に正面から向き合わない、
やわな集団だったのでは。
(先生は意地悪で、こんなことを言ってくるんだ・と、真顔で
 言う生徒たちも。笑)

今でも日々勉強なので、
どれほど深くその意味をわかっているか
自信がありませんが、

愛情を持つ
の一つの回答は、

逃げない


ではないかと思っています。

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


|

« トマトの季節 | Main | 朝日住まいづくりフェアー 出展します »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トマトの季節 | Main | 朝日住まいづくりフェアー 出展します »