« 小塚さん おめでとう! | Main | 春の嵐と布団干し »

仕事の様子

Hg25

H邸、現場定例に向かってると、
こんな光景が目に飛び込んできました。

いつの間にか、すっかり春で、
さくらどころか、ケヤキも畑も緑が芽吹いて、
H邸は、まるで、緑の中に浮いてるようです。

すてきな環境ですね。


今日は、設備関係の打ち合わせをさせていただきました。
コンセント一つも、
目ざわりにならないように
位置を変更していきます。

Hさんとは、

「デザインし過ぎないシンプルさ」 、の

ツボというか感性が近いので、
素材や色などの 
打ち合わせも進めやすいですね。
(ご依頼いただいてる皆さんそうですが)


これから過ごす、何十年という長い時間。
できるだけ、空間自体の主張は抑えて、
変化していくクライアントさんと、
ずっと、寄り添えるような、場所になればいいなあといつも思ってます。

K1

こちらは、基本設計が始まった、K邸のエスキスの様子です。
どこに、大梁をかけるか検討中の図。

設計は、いきなりパソコンで詳細な図面を描き始めるのではなく、
時々、色鉛筆に持ち替えて、
色んな検討をしていきます。

トレーシングペーパーという半透明の紙に、
一枚は、風の通り、
次の一枚は、梁のかかりかた、
その次は、ダクトの経路
そのまた次は家事動線・・など
レイヤーを重ねるように、作業をしていきます。

枚数が増えるだけ、
深みを増した、生活が見える、家になっていきます。

色鉛筆で作業したら、
今度は、パソコンで、
次は模型で・・・
と、ぐるぐる・ぐるぐる・
螺旋階段を回るように、
作業をしていき、
クライアントさんや、工務店、構造などの意見を聞いて、
また、色鉛筆・・
の螺旋が始まります。

ここを時間かけて、しっかりしておくと、
足腰の強い家ができます。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

|

« 小塚さん おめでとう! | Main | 春の嵐と布団干し »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小塚さん おめでとう! | Main | 春の嵐と布団干し »