« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

外で子供を育てよう

Mk17

Kniwa

P1000578

Kodomo2


いいゴールデンウイーク前半でしたね!

伊藤家は、ダンナがせっせと庭仕事してくれて、
雑草だらけだった庭が、芝生の庭らしくなりました。

ところで、
OBクライアントさんからメールで、
こんなコメントをいただきました。

・・気候がよくなり、子供が
いつも縁側で遊んでいます。
遊ぶだけでなく、おやつや食事も
縁側で食べています。
そのまま裸足で庭に下りて
遊ぶのも好きなようです。

光景が目に浮かぶようですね。

私は、アウトドアやキャンプまでしなくても、
日常の中で、
子供は外に沢山出て、過ごすのがいい!
と思っています。

日にあたって、風を受けて、
芝生に裸足で出て感触を憶えて、
植物が育つのを眺めて、・・
っていう生活は、
空調された室内では得られない感性が育つと思います。

そのためには、
*リビングから外に出やすいようにデッキや縁側をつくる
*庭を、子供が楽しめるつくりにする

のが大事。

デッキや庭は手入れが大変、
子供部屋を充実させて、おもちゃはここに収納して・・と
大人の目線で、後回しになりがちなお庭ですが、
特に小さなお子さんの成長には、
最重要、と私は考えています。
(伊藤家も庭は大活躍。プールに10人近い子供が集まったり、
 雪の日も外でおうどんランチしたりして、楽しく過ごし、
 成人した今でも子供同士仲良しです。)

お手伝いいただいてる
ガーデンソトさんの「子育ての庭」でも詳しく書かれています。
こちらをご覧下さい。 →★

*****

今施工中のH邸は、一部屋分ぐらいの広ーいデッキが付きます。

ここは、ご主人さまの 「休日昼からビール飲みたい!」を、
かなえる場所です。(いいな~~~)
大人も外に出ましょう! (o^-^o)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

ご縁がつながる

Ominot1

いつも家具をお願いしている
オイコスワークショップさん。

私の設計したおうちに置かれた家具のブログご紹介などから、
いくつか新しいご縁がつながったというご報告を受けました。

こういうのは、うれしいですね!

私がブログでいいですよ・とご紹介しているのは、
自信持ってお勧めする方や製品ばかりです。

オイコスワークショップの作品は、
自宅や事務所にも、4点ほどあって、
お気に入りです。

去年のクライアントさんアンケートでも、
「伊藤さんから紹介されたプロの方がとてもよかった!」 と
何人もの方に書いていただきました。

家具・カーテン・外構・グラフィックなどなど・・。

HPの協力会社リンク先、一度ご覧ください。

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

今週のお花

P1130303

連休中は、半日仕事・半日お休みみたいな感じで、
過ごしております。
連休明けいくつかの物件で
スタートダッシュになりそうなので、
アイドリング状態にしてます。

今週の切り花は、
ラナンキュラス。

イームズの切手と色合いがぴったりで、
元気になるような華やかさ!

光の感じも、
春だな。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

H邸 現場の様子 ルーバーが付きました

Hg33


連休初日。

風は強いですが、
春らしい陽気で、H邸の周辺も
新緑がとてもきれいです。

H邸 スケジュールを上回る早さで、
順調に進んでおります。

今日は、個室のピーラー(松)のルーバーがついていました。

Hg31

この奥に、小さなデスクコーナーと、
広いウォークインクローゼットがあります。

扉や壁で閉じてしまうと、
小さな個室がちまちまと閉じた形でつながるので、
全体の広さはあっても、
広く見えない・ということがおこります。

そこで、こういったルーバーや、大きな引き戸、
ガラスなどで仕切ることで、
のびのびと見せることができます。

H邸は、このような仕掛けがいっぱいあるので、
完成したら、
坪数以上の広がりを感じていただけると思います。

Hg30

こちらは、玄関。

玄関のたたきは、コンパクトにして、
深い玄関収納をつくりました。
(写真ではまだ扉が付いていません。)

コートを掛けたり、
ベビーカーをたたんで入れたり、
すっきり使っていただけると思います。

完成は7月中旬の予定です。(o^-^o)


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

H邸 外壁工事です

Hg29

H邸、先週の様子です。

外壁のモルタル下地を塗ってる様子です。

この上に、メッシュを全体ふせ込んで、
ひび割れのしにくい外壁下地をつくります。
(ノンクラック工法・とはいってもヒビゼロではないので、
 万が一将来出た場合は補修します。)

仕上げは、白の吹き付けですが、
下地は、モルタルのダークグレー。

遠目に、
これはこれでいいな・
と眺めました。

*******

ちょっと忙しくてアップ滞ってしまいました。(^-^; 
連休中も、ぽつぽつアップさせていただきますので、
明けにまとめてお読みくださいね!

連休中に、モデルハウス等回って家づくりを始められる方は、
「今が買いですよ!」的なムードにのせられないよう、
ノートを一冊用意して、
冷静に比較検討されるのが良いと思います。

この先、一生住むかもしれない、大事な場所ですからね。

伊藤設計は連休中もご相談お受けしておりますので、
メールでご連絡ください。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

水戸に行ってきました

Picture042113_142327

連休になると混むだろう、と思って、
寒い雨の中、水戸の美術館に行ってきました。

建築家 坂(ばん)茂氏の展覧会です。

坂氏は、
以前から、災害地等の仮設建物を沢山提案・実現してきています。

阪神
ルワンダ
成都
東日本・・

安く・早く・環境に配慮されていて
ちゃんと機能的で、美しいです。

建築家の職能というのを、
改めて考えさせられた、
内容の濃い展覧会でした。

(ポンピドーセンター・メス  の成功でも有名な建築家です。)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

プール

気管支炎が長引いていたのと、
寒くて、
すっかりプールに行けなかったこの冬。

やっぱり堪えてきました。

頭を使う
目を使う
体を動かす

のバランスが取れないと、
調子を崩します。

と、いう訳で、
連ちゃんでプール通ってます。


と、いっても、
浮いてるだけなんですけどね。(;´▽`A``


閉じこもってた冬・
皆さんも体動かしましょうね!


・・・・・・・

関係ないですが、
ホームページの方のアクセス数が
いつの間にか、10万を超えていました。

最初カウンター設定したときは、
500超えてもうれしくて、
この桁まで、いくことがあるんだろうか?と
思いましたが。

次の20万を目指します!


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

今年も勉強会スタートしました

Picture041913_150654

毎年スキルアップで、いくつか勉強会に参加してますが、
今年も始まりました。

物理と化学のおさらいから始まって、
10月から新しく申請に必要になる、
省エネソフトの実習まで・

前日から予習して、
当日もみっちり。 (;´Д`A ``` 

あったかい
すずしい
を、
数値でちゃんと検討・説明できなければですね!

(現在進行中のH邸は、省エネルギー対策等級4の認定をとっています。)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

防災でお隣さんが大事な訳と、設計の関係

福祉住環境コーディネーターの会報に

「阪神・淡路大震災で生き埋めや閉じ込められた際の救助」

という報告書の統計がありました。

自衛隊や、消防も駆けつけましたが、
でも、そんな人たちに救助されてるのは・、
実は、1.7%にすぎません。

1位  自力で  34.9%
2位  家族に  31.9%
3位  友人・隣人に  28.1%
(自助・共助により救助された人は97.5%)

早朝だったので、家族に助けられた人も多かったですが、
家族が仕事に出かけた日中だったら?
又、単身世帯が増えているので、この割合は
減るのではないでしょうか。

うちは耐震補強してるから大丈夫
と思っていても、
ガラスが割れて怪我をして脱出できない、
あわてて転んで頭を打った、ということが
無いとも限りません。

やっぱり、
人とのつながり だと思うのです。

もちろん、ご本人のご挨拶の習慣や、お付き合いが基本だけれど、
設計者として、常に考えてるのが、

閉鎖的な家にならないようにすること。

・デッキなどがあって、庭に出やすい(庭にいる姿を見てる・自然と立ち話する)
・キッチンの窓から通りが見える
・洗濯物は、見えるところに干す
・友達を呼びやすい(片付く・心地よい)
・近隣で好感を持ってもらえる外観(地域になじむ・美しい・奇抜すぎない)

最近は、
すてきなおうちでも、
どんな人が住んでるかわからないような閉鎖的な
家が増えました。

下の写真は、小さなデッキと芝生の庭ですが、
車の保有台数を一台減らして設けました。
お引越ししたばかりのご近所さんとバーベキューをしたり、花火をしたり、
という光景に、私も何度か遭遇して、
いいなあ、と感じました。

Kniwa

又、建った家が気になって・・と
声をかけてきた人がいる・とも何度か聞きましたが、
下のお住まいも、わざわざ、インターホンならして
若いご夫婦が訪ねて来られたそうです。 (o^-^o)

Photo

これからも、そんな、人と仲良くなれる仕掛けがつくれればなあ、
と思ってます。

(まずは、ご挨拶からですよ。(o^-^o) )


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

朝日住まいづくりフェアー 出展します

日本最大級!の住まいの総合展示会

朝日住まいづくりフェアー
2013年5月24日(金)~26日(日) 10:00~17:00
東京ビックサイトで開催されます。
(昨年は、一般の方だけで2万人を超える方の来場)

この展示会の中の
建築家パビリオン、OZONE建築家コーナーに、
伊藤裕子設計室も出展します。

模型とパネル展示ですが、
25日(土)は、私も終日コーナーにおります。(o^-^o)

もちろん、私だけではなく、
OZONE登録の建築家24名の展示と、
ご本人参加がありますので、
見比べてみたり、お話ししてみたり、
建築家以外の展示も見てみたり・・・と、
とっても有意義な体験となること間違いなしです。

今月末から、
ご招待状もプレゼント発送させていただきますので、
ブログのチェックもお忘れなく。

漠然とそろそろ家づくりかなあ・と思ってる方
建築家ってどんな人たちかなあ・と思ってる方
伊藤設計に興味があるけど、いきなり事務所にいくのはちょっと尻込みしてる方

こんなフェアからスタートしてみるのも
良いかもしれませんよ。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

ザハ ハディドが朝日新聞に

今日の朝日新聞

建築家 ザハ ハディドさん が載っていました。

新国立競技場の最優秀案を出したイギリスの女性建築家です。
この方も、プリツカー賞を受賞しています。

初来日は30年前・・と書かれてましたが、
その、30年近い前、あるスクールで私もお会いして、
1週間、直接指導を受けたことがあります。
(今でもいただいたネームカードは大事にしてます。)

矢継ぎ早に出る課題についていくのが精いっぱい。
ほとんど眠る時間が無い。
それでも、墨汁とパステルで模造紙数枚に描いたドローイングを
褒めていただいたのを、今でもうれしく覚えています。

その、AAスクールで一番の印象は、

「建築は、愛情だ。 君たちからその愛情を感じない。」

と、厳しいコメントをイギリス人の校長先生からもらったこと。

全員20代。(私が最年長26歳ぐらい)
かっこいい形をつくること・
斬新なコンセプトを考えつくこと・
美しい表現をすること・が大事で、
駄目だしされてすぐくじける、
現実に正面から向き合わない、
やわな集団だったのでは。
(先生は意地悪で、こんなことを言ってくるんだ・と、真顔で
 言う生徒たちも。笑)

今でも日々勉強なので、
どれほど深くその意味をわかっているか
自信がありませんが、

愛情を持つ
の一つの回答は、

逃げない


ではないかと思っています。

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ


| | Comments (0)

トマトの季節

Tomato


いちごの季節がそろそろ終わりで、
あっという間に
トマトの季節になりました。

ご近所のトマト屋さんも
オープン。
週末10:00には、もう、数台の車が待ってます。
(緑健農法(永田農法)のトマト屋さんです。次男の幼稚園の時の先生の実家。
 「お水あげないで作るのよー」と言ってたのを、最初冗談だと思ってました。(^-^;  )

早速買ってみました。
まだ、旬ではないので、甘味がまだかなと思ったのですが、
そのあと、別のところで買ったトマトがすっぱくて食べられない・。
こんなに違ったか・・。
エグミが全くないんですよね。

いわゆる、フルーツのような甘さのトマトではないですが、
実がぎっしりしてて、大きくて、
沢山食べられるトマト。

肥料も水もやり過ぎない方が、
しっかり根を張って、
少ない量を大事にとりこみ、
元気に美味しく育つ!って、
人間の子供みたいだなあって思います。
(原産地アンデスに近い農法だそうです。乾いてそうですね。)

じゃぶじゃぶあげても、
吸い上げようとする力がないとだめなのね。

午前中で閉まってしまうので、
なかなか買えないけど、
これからの時期(夏前)は、トマトはここ!
と決めてます。

ちなみに、旬のころになると、
お客さんが、箱買いしてくので、
売り切れもあり。

Tomato2


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

最近のあれこれ

最近のちいさなあれこれ


* 日曜日の午後 久しぶりにちょっとだけ草むしりをしました。
  ちょっとだけ、というのは、仕事に出かけてる間に、ダンナが
  おおかたむしってくれたので。 (^-^;
  庭仕事は大変だなあ・と思いつつ、
  年に何回かのこの作業がなければ、
  休日は家の中で、日光にあたることもないし、植物に直接触れることも無いんだろうな。
  もっとも、熊谷で庭に出られるのは、春と秋だけですけどね。笑

* 勘違い
  「いきものががり」というアーティストの名前は、
  まんま、「生き物係り」のことらしい。
  私はなぜか、「神がかり」の「がかり」だと思ってたので、
  「いきものがかり」って、ずっと怖い名前だなって思ってました。
  (恐い以前に、意味不明だし・・?)

* 浅田真央さんが、ソチのあと引退の予定だとか・・。
  アスリートが引退するさみしさというより、
  春になったらサクラが見られるように、
  冬になったら、真央ちゃんのすてきな姿を見られるもんだ、
  と思ってたのが、
  無くなってしまう、さみしさです。

* 小さいころは、ゲームばっかりやってる男の子だった次男。
  テストの成績はいつも40点ぐらい。
  何をやっても、もうひとつ一生懸命になれない。
  ところが、小学4年の時のT先生がとっても素晴らしい指導者で、
  成績も絵もあっという間に人並みに。
  「あの先生のおかげで、僕は高校と大学に合格した」と、最近しきりに言うので、
  8年ぶり?に本人が先生の自宅に電話。
  次男は、長いことお礼と近況を伝えていました。
  先生泣きそうだったよ・と言ってましたが、
  感謝のことばを、ちゃんと伝えられてよかったね。
  親以上に、子供のことを信じてくれる、
  すごい先生でした。(今も現役) 

  世の中、クレームと不祥事ばっかり伝わってくるけど、
  うれしいことや、感謝することもいっぱいあって、
  それは、ちゃんと言葉に出して直接伝えたほうがいいよね、
  って、いつも息子と話してるので、
  実行にうつしてくれて、それもうれしい。 (o^-^o)


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

正直そうな県は?

ネットで、
「正直そうな県はどこ?」という
アンケートの結果が出てました。

一位は

「青森県」

出身が青森なので、
悪い気はしませんが、
本当かな?

青森の親族・知り合いなどなど、
思い返すと、
そういえば、
この人ずるいなー・と思った記憶はあんまりないですね。

正直というより、愚直と言った方がいいかもしれません。
うまく立ち回れない人が多いかも。

そんな真面目な親に、
つい先日

「おまえは、馬鹿正直だなあ・・」と言われた私。 (^-^;
(‘馬鹿‘まで付いてしまいました。笑) 

関東に住んで30年超えですが、
青森県人の血は、まだ流れてるようです。

( 故郷の兄弟も真面目で正直。
 先日、きちんとした仕事ぶりが認められて、県で表彰されてました。
 我が弟ながら、すごいな。)


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

注目! PHシリーズ ニューアイテム コンテンポラリー

781_l1p_ph5_rosa_army_wht_dark_grey

PHシリーズは、ルイスポールセンの製品の中でも、
定番中の定番。
だれでも一度は見たことがある、美しく飽きのこないプロダクトです。
PH50も、好評でした。

このシリーズに、
新しいカラーが秋にお目見えします!!

最近は、
古い建物をリノベーションして住んだり、
ラフな手作りっぽいインテリアやヴィンテージ家具も人気ですが、
そんな空間にも合いそうですし、
シックな大人っぽい空間やクラシカルなインテリアにも合いそう。

新しいのに、懐かしい感じもしますね。

これからインテリアを考える方は、
要チェックですね!!


782_ph_5_detail_wht


783_ph_5_detail_army


詳しくは下記をご覧ください。

*******************

日本では今年10月発売予定の、新しい「PH5 コンテンポラリー」をご紹介します。

今月からデンマーク・スウェーデン・ノルウェーで先行発売し、現在、ミラノサローネ
でお披露目中のアイテムです。

“コンテンポラリー”というネーミングどおり、非常にシックなカラー・ヴァリエーションは、
自然素材、木材、コンクリート打ち放し、テキスタイルなど、現代的インテリアと相性が
ぴったりです。

「メインシェード色」 + 「中間リフレクター」 のコンビネーションは4タイプ。
マット仕上げ塗装で、フレームは艶消しブロンズ色です。

* ホワイトシェード + ローズ色
* ローズ色シェード + グリーン
* アーミーグリーンシェード + ダークグレー
* ダークグレーシェード + ターコイズブルー


勿論、現行のPH5とPH50は継続しますからご心配なく。

価格その他詳細については、8月頃までお待ちください。
どうぞお楽しみに!


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

春色コーディネート

Cup2

コーディネートといっても
事務所で使ってる
カップのお話。


コースターとカップを、あれこれ合わせて楽しんでますが、
アメリカの友人から貰ったコースターと、
気にいって買った、イッタラのカップが
案外、ぴったり!

色と、円形が、
わくわくするような、楽しい
コラボレーションです。

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

ジャム作り

農協の直売所で、
ジャム用いちご発見!

夜な夜な作ってみました。

Ichigo1

いちごの半分の量のお砂糖を事前に振りかけておいて、
仕事に。

帰宅すると、水気が出てるので、
そのまま、ホーローの鍋で、水を加えず、
ぐつぐつと・・。(おお~~いい香り。)

アクをとりつつ、煮詰めると、
ルビー色のジャムの出来上がりです。

Ichigo2

もう、すぐ食べきってしまうので、
ビン詰めはしないで、タッパーに。

ダンナに、
「ジャム作ったから、明日は、美味しいジャムトーストだよー!」
と事前にアナウンス。
「おお・楽しみだな! ( ̄▽ ̄) 」

朝、買っておいた美味しいパンもトーストして、
いざ、食べよう!と、ダンナを見たら・・・

塗ってるのは、
ピーナッツクリーム!

おいおい・前日から手作りいちごジャムだよって
言ってるじゃないですか!! \(*`∧´)/ 

「 あ・・忘れてた・・。 (;゚∇゚)  」
って・・

なんか、妻の手作りを信用してない、
確信犯に思えるんですけど・・。
気のせいかな?


美味しかったですよ。

もうすぐ、いちごも終わり・・。
簡単なのでおためしください。

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

ヘリンボーン完成

Hg28


Hg27

H邸、ヘリンボーンの床が完成しました。

光の入り方、
立つ位置によって、
色んな色に見えます。

この姿は、実は、
クライアントさんは、見ることができません。
傷がつかないように
すぐ養生(囲って)してしまうのです。

一部だけ外せるようにお願いしましたが、
お目見えは、クリーニングが入る完成時。

楽しみにしていてくださいね!


ヘリンボーンの特徴

*小さなパーツを組み合わせるので、多少隙間があるところや、
 不陸(表面のでこぼこ)があります。
*敷く方向で、全く違う印象になります。
 部屋をどう見せたいのか、確認してから施工してもらいます。
*普通の経験が無い大工さんでは、時間もかかり、施工精度も全く違います。
 専門の大工さんがいるので、そちらに頼みましょう。
*同じパーツでも、スクエアに張ったり、色々なデザインがあります。
 部屋によって変えるのもいいですね。

※大工さんの20畳を超えるリビングも、
 ヘリンボーンなのだそうです!
 見てみたいな。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

ヘリンボーンの床材

Hg26

H邸、バーチ、ヘリンボーンの床材施工が始まりました。

普通の床材と違って、
パズルのように、一枚一枚張っていくので、
専門の業者さんに、施工をお願いしました。
時間も通常の二倍はかかります。

又、素材そのものも高価なので、
簡単に使うことができません。

雑誌では、良く見るようになりましたが、
業者さんに伺うと、
特に沢山採用されるようになった、ということはないですよ、
とのことでした。

そんなスペシャルな床材ヘリンボーンですが、
Hさんは、最初にご相談に来られたときから、
「ヘリンボーンの床材が希望です」とおっしゃっていて、
ご予算もいただき、夢の実現となりました。

写真は、一ミリ単位で、カットし、
木工パズルのように、繊細に組み合わせている様子。

これは、大工さんの仕事というより、
家具職人や、木工職人さんの技ですね。

仕上がるのが、
本当に楽しみです!

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

春の嵐と布団干し

本日は休日で、
日が差していたので、思いっきり洗濯物やお布団を干していたところが・・
突然の風雨!!雷まで!!

私が出かけてる間に、
家族が、とりこんでくれました。

仕事してると、お布団を干せるのは、
週にいっぺんあるかどうか・・。
きわどい天気でも、えいっ!干しちゃお!
となるのですが、
こんな時、ベランダや庭が広いといいなあ、と
つくづく思います。

とにかく、長い手すり状のものが、
沢山ほしい。

外観上、いりません、と言われる場合や、条件が整わない場合を除いて、
設計するときは、できるだけ長い手すりを設けるようにしてます。

外観の美しさも大事だけど、
(禁止してるマンションも)
やっぱり、ふかふかのお布団・・、
ストレスなく、思いっきり干したいですよねえ・。


Img_97352

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

仕事の様子

Hg25

H邸、現場定例に向かってると、
こんな光景が目に飛び込んできました。

いつの間にか、すっかり春で、
さくらどころか、ケヤキも畑も緑が芽吹いて、
H邸は、まるで、緑の中に浮いてるようです。

すてきな環境ですね。


今日は、設備関係の打ち合わせをさせていただきました。
コンセント一つも、
目ざわりにならないように
位置を変更していきます。

Hさんとは、

「デザインし過ぎないシンプルさ」 、の

ツボというか感性が近いので、
素材や色などの 
打ち合わせも進めやすいですね。
(ご依頼いただいてる皆さんそうですが)


これから過ごす、何十年という長い時間。
できるだけ、空間自体の主張は抑えて、
変化していくクライアントさんと、
ずっと、寄り添えるような、場所になればいいなあといつも思ってます。

K1

こちらは、基本設計が始まった、K邸のエスキスの様子です。
どこに、大梁をかけるか検討中の図。

設計は、いきなりパソコンで詳細な図面を描き始めるのではなく、
時々、色鉛筆に持ち替えて、
色んな検討をしていきます。

トレーシングペーパーという半透明の紙に、
一枚は、風の通り、
次の一枚は、梁のかかりかた、
その次は、ダクトの経路
そのまた次は家事動線・・など
レイヤーを重ねるように、作業をしていきます。

枚数が増えるだけ、
深みを増した、生活が見える、家になっていきます。

色鉛筆で作業したら、
今度は、パソコンで、
次は模型で・・・
と、ぐるぐる・ぐるぐる・
螺旋階段を回るように、
作業をしていき、
クライアントさんや、工務店、構造などの意見を聞いて、
また、色鉛筆・・
の螺旋が始まります。

ここを時間かけて、しっかりしておくと、
足腰の強い家ができます。


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

小塚さん おめでとう!

怪我もあって、不調だったフィギュアスケートの小塚崇彦さんが、
イタリアのガルデナ・スプリング杯で3日、優勝しました!
おめでとうございます。

小塚ファンとしては、
日本勢が大活躍だったこのシーズンも、
今一つ盛り上がらず、すっきりしませんでしたが、
無事、復帰、良かったです!!

ところで、こんなビデオを発見。

アイスショーの出演者たちが、
プラベートで作った、PVみたいなものですが、
もう、みんな、
「スケートが好きな、男の子と女の子の集まり!」
っていう感じで、
すっごく楽しい気分になります。

小塚さん以外にも、真央ちゃん、カナちゃん、
中央でめちゃくちゃうまいダンス見せてるのは羽生くんですかね?
(海外勢のお名前はちょっとわからない)

皆仲よさそうで、リラックスしてて、
戦う姿ではない、
アスリートたちの素顔。
フィギュアには興味がない・という方も、
是非見てみてくださいね。

↓クリック!(広告はスキップしてね)
Call Me Maybe - THE ICE 2012

(音楽が流れますので、職場の方はおうちでご覧ください。)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

歌舞伎座

Kuma

歌舞伎座こけら落としの
ニュースが賑やかですね。

こちらを設計したのが、
建築家 隈研吾さんです。

帯にある通り、
世界中からオファーが途切れない、
著名な建築家です。

(本当に、日本は、優秀な建築家が多い!)

東京では、根津美術館や、浅草文化観光センター、
地方では、
那須町の石の美術館、那珂川町馬頭広重美術館
などが有名です。

それぞれ、一般の方でも、
十分に魅力を味わえる建物なので、
是非お出かけください。

で、件の、歌舞伎座。

「昔の建物になじんだ人は新しい建築を絶対に褒めない」(著書から)

という法則がある中、

建築設計界・歌舞伎ファン・
何を作っても批判されそうな中で、
あえて、今までの様式を継承する形でのぞみ、
今のところの報道を見る限りでは、
好意的に受け入れられてるようです。

ニュースでは、若い担当スタッフの方が、
改良した点などを説明していました。
(花道が見やすくなるような座席の角度など)


本も、かなり建築界のことが正直に書かれてるようで、
興味深く読みました。

歌舞伎座は、大学生の時に一度行ったきりで、
ずいぶん古い建て物だなあ・・という印象だけでしたが、
チケットがとりやすくなったら、
又、行ってみたいですね。

Nezu
(青山 根津美術館 アプローチ・  カフェもすてき)

Asakusa2
(浅草 文化観光センター・雷門の前です。最上階まで行くと・・・↓こんな風景が!!!! 是非。)

Asakusa1


***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

本当は

最近、「それは知らなかった」ということが
いくつかあって・。

たとえば、
マイケルジャクソンの軌跡を扱ったTV番組で、
色が白くなったのは、尋常性白斑という病気で、
まだらに白くなった皮膚を隠すためにメイクをしていたこと、
を知りました。(私が知らなかっただけ?)

整形はともかく、
「白人になりたくて皮膚の色まで」というのが、
一般的なイメージで、そうとう中傷もされ、
つらかったようです。


又、
グレートジャーニーの展覧会が開かれますが、

冒険家で医師の関野さんは、
「お医者さんが、趣味で始めたことが高じたのかな?」
と思っていたら、
もともと、学生でアマゾンに通っていた時、
「足手まといにならずに彼らと一緒にいるには」と考えて、
ジャーナリストや研究者ではなく、
「医師」になろうと決心し、
一橋大を卒業した後、医科大を受験して、医師になったこと、
を知りました。

表面だけ見て、
又は、一部の報道だけ見て、
判断してることが、どれだけ多いことか。

最近では、フェイスブックなどでも感じることが
頻繁になってきました。

そこで、一人称で発せられることと、
現実に見たり聞いたりすることの、
大きなギャップ。

私自身も、ブログやFBでの受けとられ方と、
実際は、結構違うと思いますが、
がっかりさせないような、
等身大の情報を出していければなあと、
思っております。

(「思ってた以上に天然ですね」とは時々言われますが、
 自分でわざわざ、‘天然‘ですとは・・。笑)

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

受験が終わって

大どんでん返しがあった、
伊藤家の受験も終わり、やっと落ち着いてきました。

これから受験される方やお子さんを持たれる方のために
いくつかご参考になれば。

* 他のおうちから聞いたのですが、
  本番真近になると、ご馳走つくったり・声かけしたり・
  というような、特別なことをしないでくれ・という子供が多いようです。
  かえって緊張したり、うざったいかも?

* 浪人が多かった今年。
  早い時期から、浪人でもいいよ、という親御さんも多いようですが、
  (夏の懇談会でも、そうおっしゃる方が結構いた)
  ぎりぎりまで、浪人を考えさせないほうが、頑張るみたいですよ。
  (次男もそう言ってました。)

* 塾は、どこも、一長一短。
  合いそうだなあと思うところに入ったら、
  信じて頑張れば、それぞれ結果が出てるみたいです。
 
* 模試の判定を気にするのは、ほどほどに。
  うちの次男は、最後のセンターまでD判定だった学校に、いくつか合格してました。
  現役生は、当日まで伸びる・というのは、本当ですね。


次男は、

「うちの親は、(受験を)知らなすぎて、大丈夫か?と不安になった ( ̄◆ ̄;)  」

と言ってました・・・。(^-^; 
勉強嫌いのチチと、美大卒で、試験はデッサンだったハハでは、
いまどきの受験についていけません・・。(@Д@;
(長男も受験勉強しないで大学に行ったし)


ちなみに、効果があったかどうかわかりませんが、
私が意識してしたことは、

「家の整理・掃除すること」

忙しさにかまけて雑然としていた家を、長期休み使って大整理しました。
(その様子は、ブログで何回かご報告しました。)
なんか、 「こんな家じゃ、受からない・・・」 って
思ったんですね。
効果があったかどうかわからないですけど、
きれいになって良かったです。(o^-^o)

あと、
とにかく聞き役にまわること。

夜、眠いの我慢して、リビングでTV見てたりすると、
ポソッと、悩みを話しかけてきました。
聞いたら話してくれないけど、
誰かに聞いてもらいたい時もあるんでしょうね。

親御さんも色々で、
厳しくして、志望大学に合格したうち、
のんびりでも、合格したうち、
決まった秘訣は無いでしょうが、
現役でも・浪人でも、
子供を信じてあげるのが一番ですね。

************

ところで、
早速塾のチューターのバイトが決まった次男。
捨ててしまった参考書買い直して、
毎日カフェの席陣取ってあせって勉強してます。 (^-^; 

大学も厳しくて留年が沢山出るんで有名な学校だし、

受験は終わっても、
学びは、永遠に続く・・・。

***************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

* 「女性建築家の本当に暮らしやすいリフォーム」ブログ

| | Comments (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »