« 冬場の乾燥対策 あれこれ | Main | ようこそ行田へ! のぼうの城の地 »

冬場の結露の大事な話

昨日、乾燥対策のお話を書きましたが、
もう一方、‘結露‘のお悩みも多くなります。


昨日のような加湿の対策が二重三重に必要になるのは、
高断熱のおうちでエアコン使用だったり、
OMソーラーのような、過乾燥になりがちな、おうちの場合。

OMのように家全体が、暖かいおうちでは、
加湿しても、
北側の部屋で結露が起こったり、
押し入れの中がカビたり、ということは、
あまり起こりません。
(サッシュなど、全く起こらないわけではないですが。)

ところが、断熱性能が低くて、
部屋ごとの室温が全く違い、
北側の押し入れの中は、外と同じくらい寒い・となると、

リビングで加湿しながら温めた空気が流れ込んで、
内部で結露が発生したり、
北の窓で、びっしり結露水が・・ということに
なってしまいます。

これは、カビの元になったり、
カビから、アレルギーに・・ということにもなるので、
避けなければなりません。

<新築やリフォームなら>

* 断熱・機密性能を上げます。
  寒い場所をつくらず、家全体を暖めます
  ペアガラスも有効です。

* 全体に暖気が回るようなプランも大事。
  引き戸が有効。

* OMソーラーのような、全館暖房のシステムを入れる。

* 調湿性能がある内装材を使う。(ただし補助的)


<もっと、大事なのは、住み方>


* 適度な換気をします。(24H換気を寒いからといって止めない。調理は必ず換気。)

* 開放型のストーブは性質上、水蒸気を沢山発生させるので、
  できれば使わない。又は十分な換気。

* 過度な加湿(部屋干しなども)をしない
  昨日の加湿のお話と矛盾しますが、建物の状態によります。

* 押し入れなどは、すのこを敷いて、ちょっと戸をすかしておき、
  暖かな空気を入れる。
  とにかく、家全体温度差を小さくする。

また、
二重サッシュにすると、そこは、結露しなくなりますが、
住まい方を変えないと、
思いがけないところに(押し入れなど)その分の水蒸気が‘移動‘して
結露が起こりますから、

決して、「水蒸気がなくなったんだ」、と
思わないこと!
水蒸気そのものを減らす工夫が必要です。


又、乾燥でのどがやられる、と言いますが、
実際は、室内の‘ほこり‘が原因ということが多いのだそうです。
閉めたっきりで、寒いからと換気せずに、加湿ばかりしていたら・・
ハウスダストに加えてダニやカビも発生して、
ますます、のどに悪いですからね!  (゚ー゚; 

(OMのおうちで、ぜんそくが軽減するという報告があるのは、
 全館暖房と、換気量の多さがあると思います。
 それと、掃除のしやすいおうちが必須。) 

加湿も除湿も
建物全体の様子を見ながら、
住み方で、
調整してくださいね。  (o^-^o)

****************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 冬場の乾燥対策 あれこれ | Main | ようこそ行田へ! のぼうの城の地 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 冬場の乾燥対策 あれこれ | Main | ようこそ行田へ! のぼうの城の地 »