« H邸 地鎮祭でした | Main | OZONE スクエアで、模型展示中 »

応急危険度判定士 会議がありました。 耐震について

毎年、これを迎えるたびに、
1年招集がなくて良かった・・・と
思います。
でも、地震国ですから、油断は禁物ですね。

リフォーム・新築、
さまざまなご要望をもって、
皆さんご相談にいらっしゃいますが、
一番大事なのは、 ‘構造が丈夫なこと‘ ですよ、と
お話しさせていただいています。

常々、
「1981年より前の建物は、耐震性能が低いので(旧耐震)、
十分な補強をしましょう」、と
お伝えしてますが、
実際、どれくらい違うの?
と思われると思います。

昨日の資料にわかりやすい数値がありましたので
ご参考までに。

1981年の建築基準法改正では、
・ 必要壁量(筋交いが入ってる壁など)が増えた
・ コンクリート基礎に鉄筋が入った

という違いがあります。

壁の量は、旧耐震初期のものと比べると、
ほぼ倍! になっています。
(改正後旧耐震と比べても、1.4倍)

古い建物はとにかく壁が少ない!・さらに
2000年以降は、壁があればいいだけではなくて、
バランスもチェックされ、
筋交いに金物もつくようになりました。

最近は、性能表示制度もあって、
現行基準法よりさらに、1.25倍、1.5倍と、
強さが増しています。

阪神淡路大震災の時の犠牲者は、
その9割が、建物の倒壊による圧死と
言われています。

特に、これからリフォームされる方は、
納得のいく耐震補強をしてくれるところを、
パートナーに選んでくださいね。
(大規模なリフォームは、できれば、新築に精通しているところが、
 現行の制度にも強いと思います。)


****************

Itosan0232_2

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« H邸 地鎮祭でした | Main | OZONE スクエアで、模型展示中 »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« H邸 地鎮祭でした | Main | OZONE スクエアで、模型展示中 »