« ついてる・恵まれてる・運が良い | Main | メガネ 復活 »

長く住み続ける配慮

Photo

P1060038

週末、お客さまと
お打ち合わせをさせていただいた時に、

「先々のことまで考えて設計してくれるので安心です。」

と、おっしゃっていただけて、
嬉しかったです。

20代のお客様ですが、
私の頭の中では、
5~6年後だけでなく、
30年後、50年後の予測もたてながら
設計しています。

お子さんができたら・
お子さんが巣立たれたら・
ご本人たちが高齢になられたら・
もし、介護が発生したら・・・

繰り返しになりますが、
長く、住み続けるには、

1) 構造と断熱に十分な性能を持たせる。

2) リフォームしやすい、または、リフォームしなくて済むような構造とプラン。

3) ワンフロアで、寝室・トイレ・浴室が、段差なく使えること。
  又は、そのように将来リフォーム出来ること。

4) 外に出やすいルートをつくる。

が、大事。
今まで、リフォームも手掛けていて、
痛感しています。

1) 構造、特に基礎の強度が不十分だったりすると、
  大規模な工事が必要になって、
  あとあと大変です。
  今までも何度か、基礎補強の工事をさせていただきました。
  断熱材も、後から足す訳にはいきませんよね。

2) リフォームしやすいのは、間取りを変えやすいこと。
  できるだけ、内部の間仕切り壁などは、取れるように構造設計してます。
  その計算書もお渡ししますので、安心です。(構造計算した場合のみ)

  又、構造は、一般的な在来工法なら、どこの業者でもリフォーム出来ますが、
  メーカー住宅は独自の構造設計をしているため、私のような設計者や
  工務店では大きな工事ができません。
  メーカーのリフォーム部門のみが、対応出来ます。
  何度かご相談いただいてお断りしてますが、ご理解ください。
  
3) 病気になったり、高齢になったり、
  車椅子を使うようになったり、という時に
  寝室から段差なしで、トイレとお風呂に行けることは大事です。
  2階リビングの時でも、1階にシャワーユニット等をリフォームで設置できる
  スペースを考えて置く、など、配慮します。

4) 外に出やすいルートをつくるというのは、
  見過ごしがちですが、家に閉じこもらないためにも
  大事です。

   広い敷地ならスロープをつくったり、
   1.5×1.5mぐらいの設置場所があれば、
   段差解消機をデッキやはきだし窓の前に
   つけることができます。
   玄関框の高さもできるだけ低く抑えます。

写真は、
玄関にスロープを設置した例と、
段差解消機を設置した例。

前出の20代のクライアントさんのお住まいにも
広い敷地を生かして、今からスロープを設置します。
ベビーカーの移動にも便利ですよね。 (o^-^o)

******

もうひとつ、密かに配慮してるのが、
寝室(又は、将来寝室として使われるかもしれないところ)から、
他のお部屋越しでもいいから、
緑や空が見えること・。

万が一、ベッドの上で過ごす時間が増えても、
移ろう空の色や、お庭の緑が見え、
風が吹き抜け場所にベッドがあったら、
どれだけ、気持ちが安らぐだろう・と
思います。   

****************

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら・無料相談受け付けてます。

Itosan0232_2Saitama11122 

* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されています。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。 

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


|

« ついてる・恵まれてる・運が良い | Main | メガネ 復活 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ついてる・恵まれてる・運が良い | Main | メガネ 復活 »