« 電球 いよいよ LED | Main | すてきなお庭あれこれ »

暑さを和らげる住まい #4 夜、窓を開けて眠る

窓を開けて、クーラー無しで眠りたいという方は
多いですね。

特に、一戸建てで、窓を開けて寝る、
というと、防犯上はなかなか難しいです。

二階就寝なら、足がかりの無さそうな窓を、
‘二か所‘ 開けて寝る、と風が通ります。
雨センサー付きの天窓やトップサイドライトを開けるのも有効です。

一部屋に開けっぱなしにできる窓が二つないときは、
入口の引き戸などをすかしておいて、
廊下などの窓を開けると良いです。

一階でしたら、
面格子のついた窓を開ける、
足がかりがなく、高い位置の窓を開ける、
室内側に、鍵付きのルーバー戸をつける、
など、防犯に気を配ります。
(但し、面格子も万全ではありませんから、
 開けるなら小さな窓にしたり、引き違いなら、
 途中に鍵付きのストッパーをつけると安心。)

最近見直されてきたのが、
ルーバー雨戸。(又は、取り付け型のアルミルーバー)
これは、ルーバーの角度が変えられるので、
昼間も日よけで使えます。
リフォームでもつけられます。

ただ、雨戸としては高価なこと、
雨戸、という形式がお好みでない方や、
日中遮光時のアルミの見た目が気になる方は、
要検討。
また、完全遮光、高い断熱や防音の機能を
雨戸に求められる方には、
向きませんので、ご注意を。

Tukimado

写真は、廊下と寝室の間の小窓です。

どうしても、お部屋に窓を二つ開けられない場合。
廊下を介して、空気が循環するよう設けました。

特に地窓は、風が足元、枕元を抜けるので、
涼しく感じます。

***

それにしても、熊谷夜間も野外温度30度。
適度に、エアコン使われたほうが、
夜の熱中症にならず、安心かも知れませんね。

無理されませんよう・・。 coldsweats01


****************

Itosan0232_2Saitama11122 

* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されています。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 電球 いよいよ LED | Main | すてきなお庭あれこれ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 電球 いよいよ LED | Main | すてきなお庭あれこれ »