« たとえば・こんな一日 | Main | 造り付けの家具(収納)をお勧めする訳 »

無印良品の家

Book

先日買った本。
「無印良品」

ちょっと前に聞いた話ですが、
「無印良品」が、住宅を売り出す、ことになったときに、
若手の建築家を中心に、
ちょっと危機感が広がったそうです。
「無印」を好きなクライアントさんは多いですからね。

売り出して数年、
未だ発展途上、で、
雑貨ほどには広がらないのには、
いくつか理由がありそうです。

そんな一つが
本で語られている

「住宅業界で、‘わけあって安い‘というコンセプトは、至難の業である」
ということらしいです。

これには、色んな意味が含まれていて、
住宅販売の既存システムのことなども関係してきますが、
なかなか含蓄の深い言葉です。

‘本質‘を守りながら、
コストを‘極端‘に下げていくのは、
難しいことです。

先日のバス事故が物語っていますが、
ぱっと見にわからないけれど、
極端に安いものは、
何か‘本質‘に関わることを
侵害している、と疑った方がいいかもしれません。

それが、
「安全」「健康」「快適性」「長寿命」「住まい手の個性」「環境への影響」
「職人さんたちの生活」「工務店の健全な経営」・・
どれなのかは
わかりませんが・。
(むしろ、複数・?)


****************

※ 現場監理で、事務所不在時間が多くなっております。
   お電話は、携帯電話の方へ、遠慮なくご連絡くださいませ。
   090-1818-3727

****************

* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

* リフォーム・リノベーション写真集差し上げます *

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。

    
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« たとえば・こんな一日 | Main | 造り付けの家具(収納)をお勧めする訳 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たとえば・こんな一日 | Main | 造り付けの家具(収納)をお勧めする訳 »