« お庭の効用 | Main | `田園カフェの家‘ 建てかたです。 »

小さなお子さん 気をつけて

ベランダからの転落事故が
報道されていました。

親御さんの留守中、
3歳、ベランダの手摺についている物干し(ブラケット部分?)
から、登ったのでは、という内容でした。

小さなお子さん、
特に男の子は、
想像できないような、行動をします。(2人育てた実感)

自宅マンションでは、
事故にこそなりませんでしたが、
近所の子が、たて樋に登って、樋を壊したり(怪我は無かった)、
二階開放廊下のフェンスを数名で乗り越えて、
エントランスの上にあるアーチ型の飾り部分で
遊んでいたのを発見したことも・・。(見つけた時はゾ~~としました・・。)

実は、ベランダの手すりの高さは、
二階建ての場合、法規的な決まりはありません。
3階建てになると1.1m以上と決まっているのですが・。
(私の設計では、2階建てでも1.1m程度にしています。)

では、1.1mあったら、大丈夫か?というと、
今回の事例のように、足がかりがあると登ってしまいますから、
プランター類や、ごみ箱などを置くときなどは、
気をつけなければいけません。

物干しを登ったケースは、今回初めて聞きましたが、

* 話してわかる年齢なら、厳しく注意しておく
* わからない年齢なら目を離さないようにする
 (1~3歳ぐらいまでは、ベランダに一人で出さない)
* 物干しに、気を引くようなものをぶら下げておかない
* 寝てるから、といって、小さな子供を置いて留守にしない

など、十分注意しましょうね。

また、二階室内の腰窓の高さは、
床から90㎝~110㎝からが多いですが、
机やベッドからの高さは、低くなりますので、
危なそうだな、と思ったら、
ステンレスのバーをつけるなどの手当てをしましょう。

ただし、そのバー自体を手掛かりにして遊んだり登ったり・
その間から身を乗り出したり、
ということも、男の子はするので、
どんなに気をつけても安全ということは無いです。

とにかく、3~4歳ぐらいまでは、

「手が届かないところに鍵をつけて、
窓自体を開けさせない、」

ぐらいの、安全対策も必要かもしれませんね。


*** リフォーム・リノベーション写真集差し上げます ***


Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« お庭の効用 | Main | `田園カフェの家‘ 建てかたです。 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お庭の効用 | Main | `田園カフェの家‘ 建てかたです。 »