« フィン・ユール展 トークショー行ってきました | Main | マーチソンヒュームの洗剤で、トイレ掃除が楽しみに »

劇的ビフォーアフター 紹介されてたトイレのショールームは?

先日の、「劇的ビフォーアフター」。

車いすを使ってらっしゃるクライアントさんと一緒に、
トイレの空間をチェックしていたショールームはどこかな?
と思われた方も多いと思います。

多分、TOTOのテクニカルセンターだと思います。

私も何度か利用したことがありますが、
パブリック向けの衛生機器が充実していて、
さらに、TVで紹介されてたような、
‘トイレの大きさの変更‘‘機器の位置の変更‘ができる
コーナーを備えています。

但し、一般の方が、フラッと立ち寄れるようなショールームではなくて、
営業さんを通じて、予約が必要な、
専門家向けのスペースになります。

設計者さんと一緒に、
予約したうえで、相談しに行ってくださいね。

Kurumaisu

写真は、
車いすを使用されるクライアントさんと一緒に、
別の福祉機器ショールームを、
見学した時の様子です。

私は、ご本人に試していただくだけではなく、
自分でも、車いすに乗ったりして、
体験・確認するようにしています。
ご本人が気がつかないような、
建築的なチェックを行うためです。

このときは、1時間近く私も一緒に、車いすで施設内を
回りました。


又、理学療法士さんにかかられている場合は、
そちらに模型もお持ちして、
プランを確認してもらいます。
(関西まで泊まりがけで行ったこともあります。)
今後の体の変化などは、ご本人でもわからないからです。
実際、この相談がきっかけで、
アプローチは大幅な変更をしました。
そのアドバイスは大変参考になり、
現在問題なくお住まいです。

体の不自由さは、人それぞれ。
また、変化していくものです。

その時点での確認のほかに、
将来どうなっていくか、
専門家の意見を聞きながら、
フレキシブルな形でつくるのが良いと思います。

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

    
************************

今年もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


|

« フィン・ユール展 トークショー行ってきました | Main | マーチソンヒュームの洗剤で、トイレ掃除が楽しみに »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フィン・ユール展 トークショー行ってきました | Main | マーチソンヒュームの洗剤で、トイレ掃除が楽しみに »