« 美しい照明のある暮らし  #5  アプローチ | Main | 整理・収納  #10 整理・収納の思いがけない効果 + プチ家族ネタ »

子供部屋をリビングに

Kk5
(一階 リビングダイニング)

ちょっと前になりますが、
お客さんのところに伺ったら、
一階リビングダイニングに、小学生のお子さんのデスクがあって、
二階子供部屋に、一階にあったはずのソファが移っていました。

どうしたのかしらと思ったら、
まだ、小さなお譲さんは、お母さんがいる一階の方が勉強しやすいらしく、
デスクごと移してしまったとのこと。

二階の子供部屋は、
3人個室をご予定のところを、まだお子さんが小さくて、
間仕切りの施工をしてないので、広々。
そこで、ソファとTVを持って行ったところが、
思いの外、落ち着いて快適。

今は、一階で食事をした後は、
二階リビングとして、お気に入りで
使ってらっしゃるということでした。


考えてみたら、
広い子供部屋が、間仕切りがついて活用されるのは、
まだ5~6年先。
それまでご両親と一緒に就寝することも多いので、
おもちゃ置き場、だけにしておくのは
もったいないですね。

どの部屋も、
通風と日当たりを考えてつくっていますから、
部屋の役割を固定せずに、
隅々まで、使い切っていただけるといいなあ、と思います。

K2f
(2F 子供部屋・天井も高くて広々!L型で13畳ぐらいあります。
    ここが今、リビングとして使われています。)


Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 美しい照明のある暮らし  #5  アプローチ | Main | 整理・収納  #10 整理・収納の思いがけない効果 + プチ家族ネタ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 美しい照明のある暮らし  #5  アプローチ | Main | 整理・収納  #10 整理・収納の思いがけない効果 + プチ家族ネタ »