« 家族ネタ  フェイスブック編 | Main | OM 真冬の様子です »

家は、育てるもの

K86

以前、著名な住宅建築家の方の作品の
オープンハウスに伺ったことがあります。

若いご夫婦のための、すてきなおうちで、
雑誌にも取り上げられて、
幸せなスタートを切られたはずなのですが・・。

ほんの数年で、
玄関先から床が見えないほど物が散乱、
キッチンは油で床までベタベタ、
木製のベランダは犬の放し飼いで腐って、
挙句、そのまま引っ越された、と
工務店の人から聞いて、
とても悲しい気持ちになったことがあります。
立ち会われた親御さんが、
「どうしてこんな粗末に、扱ったのか・・」と
嘆かれたそうです。

幸い、私のクライアントさんは、
大事にしてくださってる方ばかりですが、
それでも、住み始めて何年か経つと、
新築のころの気持ちもちょっと薄れて、
物も増えてきます。

そんなクライアントさんのお一人から
整理・整頓を、プロのアドバイスも借りて進めて、
過ごしやすくなった、と
メールをいただきました。

ご了解いただいて、
一部をご紹介しますね。


「・・・素敵な家に住めば、素敵な暮らしができると思っていました。

でもそれは大きな間違い。

家そのもののお手入れや、日々の掃除、たまっていくモノを整理していかなければ、

快く暮らすことはできません。・・・」

私から見れば、十分、大事に住んでくださっていると思うのですが、
お心の中では違ったのでしょうね。
ますます、大事にしてくださっていて、感謝です。

家は、貴重な無垢材や、丁寧な手仕事で、
その家族のためだけにつくられた、
世界でただひとつのものです。

家本体の定期的なメンテナンス
片づけること
掃除すること
花を飾ること
庭木の世話をすること

そういった毎日の積み重ねがあってはじめて、
家は育っていくのですね。
家族が多かったり、お仕事してたり、
それぞれご事情がありますから、
できることから、ご負担にならないよう、
手を掛けてあげてください。


* 写真は、一年以上たって伺った時の山梨の家。
  お引き渡しの時よりすてきで、ちょっと感動しました。
  時々メールを差し上げると、いつも、
  「幸せに暮らしています。」と、お返事が返ってきて、
  うれしいなあ、と感謝してます。
  皆さんが、お幸せなのが、一番。 (o^-^o)


Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

     
************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 家族ネタ  フェイスブック編 | Main | OM 真冬の様子です »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 家族ネタ  フェイスブック編 | Main | OM 真冬の様子です »