« 屋敷林が背景の 新しい敷地 | Main | 劇的ビフォーアフター 紹介されてたトイレのショールームは? »

フィン・ユール展 トークショー行ってきました

Finyuru


デンマークのデザイナー フィン・ユール 生誕100年だそうです。

記念して、OZONEで、展覧会やトークショーを開催しています。

週末は、デンマークの現役デザイナーによるトークショーがあり、
行ってきました。

プロダクトデザイナーのトークショーというのは初めてだったのですが、
その製作に対する粘り強さや小さなディテールのこだわりに、
大変感銘を受けてきました。

紙がすべりおちないための、テーブルの5ミリのチリ

制作上どうしても入ってしまうクラックを逆手にとって、
美しいデザインに昇華してしまう手法

一台の照明スタンドをアイディアから製品にするまで、
5~6年かけること

プレゼンテーションの最後
スライドで映し出されたのは、ゴッホの言葉でした。

「素晴らしいものとは衝動的に成し遂げられるのではなく、
小さなことの積み重ねにより成し遂げられるものです。」

胸に刻みました。

**********

帰りのエレベーターは、
なんと、デザイナーさんと関係者デンマークの方たち6~7人と私だけ、という
緊張のシチュエーション!
思いっきりデザイナーさんと目があってしまったので、
かたことの英語で、お礼を言いましたが、
語学力があったら!!!と、痛切に感じた時間でした・・。
(以前、パーティでザハ・ハディドさんと一緒になったときも、悔しかったのだけど・・)

Saitama11122 
* 「埼玉の建築家とつくる家」に掲載されました。 
  書店か建築ジャーナル社にご注文ください。

* エコガラスサイトで、「ケヤキの見える家」紹介されてます。


* 伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

    
************************

今年もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


|

« 屋敷林が背景の 新しい敷地 | Main | 劇的ビフォーアフター 紹介されてたトイレのショールームは? »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 屋敷林が背景の 新しい敷地 | Main | 劇的ビフォーアフター 紹介されてたトイレのショールームは? »