« 子供と「自然素材・自然と暮らす家」の メリット  | Main | 郵便屋さんにも・うれしい »

コンクリート圧縮試験立ち会い・基礎が大事なわけ

Scon7

昨日は、S邸基礎のコンクリートの
圧縮試験に立ち会ってきました。
近隣の場合はできるだけ工場に行くようにしています。
(行けないときは、報告書が送られてきます)

リフォームをしていると、
やっぱり一番大事なのは、「基礎」だなあーと思います。

どんなに、建物の上の部分をきちんと建てて、
メンテナンスしていても、
基礎の配筋が少なかったり、そもそもなかったり(1981年以前の建物は要注意!)
コンクリートの強度が低かったり、ヒビが入っていたり、
では、根本的な耐震補強は難しかったり、費用もかかります。


見た目は一緒の、コンクリートですが、
大事なポイントがいっぱいあります。

水分が多ければ作業はしやすいですが、
コンクリートの強度は低くなったり、
含まれる塩分が多ければ、中の鉄筋がさびやすくなったり、するので、
それぞれ、指定した内容になってるか計画書と検査でチェック。
品質が悪いと、耐久性に大きく関わってきます。

圧縮試験というのは、
現場のコンクリートを円柱の型に入れて採取、
1週間目と4週間目に、荷重を掛けて圧縮に対する
強度を調べる試験です。

コンクリートのテストピースは、
こんな風に、プールの中で養生されています。
Scon9

これが、‘つぶし‘ていってる様子。
といっても、破壊の手前で荷重は止めます。
Scon8

一週間目で、平均値が
指定の強度の85%程度出ていれば合格。
今回は、90%近いので、問題なく合格です。

万が一、強度が十分出ていなければ、
型枠を外す時期や、土台をのせる時期を調整したりします。


「大丈夫だろう」ではなくて、
一件一件、
見て、検査して、品質を監理していきます。

*コンクリート検査は義務ではないので、住宅の基礎ではやらないところもありますが、
 やり直しがきかないところなので、
 きちんと検査しておくのが良いと思います。
 伊藤設計では、クライアントさんにご安心いただくためにも、
 原則、検査を依頼しています。 (o^-^o)
 

*************

余談ですが、
こういう工場とか検査してる様子とかって見るのが、
好きなんですよねー。  (* ̄ー ̄*)
立ち会いに行かなきゃ、というより、いつやるの?見たい!って言う感じで
出かけてます。 笑

色んなプラントなんか見学するのが流行りらしいですけど、
好きかも。

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 子供と「自然素材・自然と暮らす家」の メリット  | Main | 郵便屋さんにも・うれしい »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子供と「自然素材・自然と暮らす家」の メリット  | Main | 郵便屋さんにも・うれしい »