« ケヤキの見える家  取材でした | Main | 飾り棚の使いかた  »

冷え込んできました。 OMの季節です。(雨の日のOM)

Om2

先日お伺いした、「ケヤキの見える家」の、
OMコントロールパネルです。(新型タッチパネル)

12/4は、前日まで雨だったのが、晴れて、
一気に陽が差した日です。
伺ったのは午前中なので、
午後は、もっと温度が上がったはずです。

屋根で自然に暖められた外気は14度から、50度へ。
太陽光発電で動かした小屋裏のファン(ハンドリングボックス)で、
床下に送り込み、ベタ基礎のコンクリートに蓄熱させて、
室内にゆっくりめぐって、室温(2F廊下部分)は、21度に。

窓際にいると、ちょっと汗ばんだので、
直射日光があたるリビングはもっと暖かです。

お湯とりは、さすがに
夏の40~50度のようには採れませんが。

Om1

こちらは、
12/2・3・4(午前)
三日間の、外気温・棟温・室温の変化のグラフです。

2日(おととい)と3日(きのう)は、冷たい雨や曇りで、外温も10度を切っていますが、
室温は20を、ちょっと下がるぐらい。
屋根の空気は暖まりませんから、取り入れを中止していますが、
基礎のコンクリートが蓄熱した分を放熱していることや、気密性などから、
室温は、外気温ほど下がりません。

ちなみに、日中はお仕事などでお出かけなので、
暖房(エアコン・又はガス補助暖房)を
つけているのは、朝と夜。
そのあたりは、室温も20度を超えています。

快晴だった「きょう」表示の集熱温度が、ぽんぽん!と
一気に50度まで上がってるのがおわかりになりますでしょうか?
室温も、補助暖房なしで、
上がっていってる途中ですね。
(晴天続きの時は、違ったグラフになります。)

ちなみに、
12/1 同じく、終日冷たい雨が降っていた日、
別のOMのお宅に伺ってきましたが、
灯油の補助暖房を使って、
室温は20度。

大きな掃き出し窓が二面あるお部屋で、
16:00過ぎまで、暖かに過ごしてきました。

リフォームなので、OMが効いているのは建物の一部ですが、
オイルタンク満タンにしても、
ひと冬で、半分は残ってしまう、程度の
灯油使用量だそうです。


お天気に左右されるOMですが、
補助暖房を上手に使って、
冬の雨の日でも、心地よく過ごしていただけると思います。

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

************************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« ケヤキの見える家  取材でした | Main | 飾り棚の使いかた  »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

いやぁ、OM協会の立ち上げ頃、浜松へ行った事が懐かしいです♬^^
今は見栄えも良くなりましたね♬^^
OM、冬は最高ですね!^^

Posted by: ゴンザレス | 12/15/2011 at 04:20 PM

ゴンザレスさん こんにちは
協会の立ち上げというと、
長いお付き合いなのですね。
タッチパネルは、ほんとわかりやすくなりました。
古いタイプも交換できるらしいです。

Posted by: YUKO | 12/15/2011 at 04:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケヤキの見える家  取材でした | Main | 飾り棚の使いかた  »