« 銀座 アップル前にて | Main | 今日のあれこれ »

出版社との打ち合わせ 設計事務所に頼む理由?

昨日は、11月出版の、「建築家紹介ムック本」の
打ち合わせでした。

自分のページ以外にも、
何箇所か編集の協力を
頼まれていて、お話させていただきました。
「建築士・建築家」に頼む理由は?と問われて、
改めて考えました。

すべての人が、
設計事務所依頼に
向いているわけではありませんよね。
それは、ご予算ではなく、
一般的な依頼先であるメーカーや工務店で
満足できるかどうかだと思います。
モデルルームに行ったり、プランを出してもらって、
違和感を感じなければ、
相性はそちらが良いのでしょう。

では、設計事務所に依頼するのは
どんな場合か?と考えると、
私は3つのパターンがあると思います。

ひとつは、

雑誌やTVで見たりして、
「この人の家に住みたい!」と、
その人の作家性・デザイン・ポリシーに惚れこんで、
依頼する場合。
建物もかなり個性がはっきりしたものになります。


二つめは、

まずは、メーカーのモデルルームなどを回ってみたが、
納得できなかった・わくわくしなかった。
‘もっと自分らしい家に住みたい‘
‘自分自身の意見も聞いてほしい‘、という場合。

最近は、このタイプがとても増えてると思います。
特に、家族と自分の生活を大事に考える、
お若い方が多いですね。(実年齢だけでなく)
家を個性の強い器としてとらえるのではなく、
自分らしい暮らしをするための‘キャンバス‘のように
とらえているように感じます。

価値観がはっきりしているので、
ある部分は削っても、好きな小物や材料を選び、
理想の家を完成形で与えられるのではなく、
作り上げていくタイプ。

テイストが合いつつ、
コミュニケーションがとれるような設計者と、
ネットや、見かけた作品、見学会、紹介などで、
出会う形。
うちも、そういう方が多いです。

三つめは、

何しろ‘困った!‘という方。
狭小・二世帯・建て替え・生活提案型リフォーム・・など、
メーカーやビルダーさんでは、
手が、かかり過ぎたり、難しくて相談に乗ってもらえない場合。
これが、案外あるんですね。
私のところにも時々いらっしゃるのですが、
「町医者みたいですね」と、言われます。(笑)

設計事務所は、丁寧に問題を解きほぐすように対応してくれるので、
遠回りでも、いいものができると思います。
ただ、このとき気をつけていただきたいのは、
設計者も、いろんなテイスト・得意な分野がありますから、
少なくとも、デザインもいいな、
と思えるところを選んでください。
(数寄屋が得意な設計者に、プロバンス風は無理かも?笑)


一言で言うなら、
「要望」以上の、新しい提案と、
きめ細やかな対応を望むなら、
設計事務所は、
とてもいい、依頼先だと思いますよ。


*****************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 銀座 アップル前にて | Main | 今日のあれこれ »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 銀座 アップル前にて | Main | 今日のあれこれ »