« ハンの木の家 メンテナンス同行 | Main | 最近の子供をめぐるあれこれ »

木部の塗装変えの様子

P1020053

住まいの外観には、ちょっとだけでも自然の木が加わると、
あったかい感じがします。

先日伺った、志木の家では、
玄関ドアや戸袋がピーラー(松)。
デッキがウエスタンレッドシダ―とヒノキが使われています。
デッキは、ご自身で再塗装されてましたが、
その他の部分の塗装を塗装屋さんにお願いするので、
同行してきました。

今回は、梯子が必要なところがあったので、
業者さんにまとめて依頼されましたが、
ご自身で塗っても難しくないので、沢山の方が
セルフメンテナンスされてます。
参考に塗装の様子を紹介します。

1) サンドペーパー 150番~240番で、固まったヤニや汚れを落とします。
   濡れたぞうきんなどで、濡らしてはいけません。

   Tosou1
(ヤニが固まった様子) 

Tosou2
(サンドペーパー)

2) ドアなら、ハンドルや鍵穴を養生テープで養生してから
   塗り始めます。(鍵穴に入ると大変!)
   床部分も、ちゃんと養生しましょうね。シミになってしまいます。
 
Tosou5
(ドアの養生)

Tosou6
(床の養生)

3) 刷毛で1~2回塗り。室内側なら、ふき取ったりしますが、様子を見て、
   塗料の指示に従います。
   今回は、1回塗り。

Tosou3
(脚立があったほうがいいですね)

4) ドアなら、枠も塗って、乾くまで1~2時間、開けたままで乾かします。
   でないとくっついてしまいます。

5) 自然系のオイルだと、ふき取ったウエス(布)が、自然発火してしまいますので、
   必ず、濡らしてから捨てましょう!

6) 最初の再塗装は、できれば1年以内。(吸い込んでしまうので)
   これで、もちが大分違いますので、頑張って塗りましょう。
   その後は、塗料と環境によって違いますので、様子をよく見てくださいね。(3~5年)
   メンテナンスを適切にした方が、結果的に安上がりです。

Tosou7
(下は塗り終わったところ。上はこれから。色の違いが見えます。)

今回の塗料は、プラネットジャパンのウッドコート。
お城や公共建築でも使われてる塗料です。

Tosou4

※直射日光が良く当るようなところや、薄い色の場合は、再塗装の間隔が短くなります。
  足場を掛けないと再塗装できないところは、費用もかかりますので、よく検討しましょう。
  再塗装が難しければ、使う場所によっては、イペやセランガンバツなどの、南洋材が
  お勧めですが、高価になりますので、どちらがいいか、これも検討します。


*****************

今日もクリック有難うございます!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« ハンの木の家 メンテナンス同行 | Main | 最近の子供をめぐるあれこれ »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハンの木の家 メンテナンス同行 | Main | 最近の子供をめぐるあれこれ »