« お仕事近況 | Main | 設計相談の季節 »

打ち合わせの意味

注文住宅というのは、
パッケージされた規格住宅と違って、
打ち合わせの回数が多めです。

多すぎても疲れるし、
少なすぎると検討不十分になるので、
クライアントさんのご希望と様子を見ながら
進めるようにしています。

‘間取り‘が決まったら、
もう、どんどん図面を描いて決めてしまえばよいのでは?
と思われるかもしれませんが、
せっかくのオリジナルの住宅だから、
もう少し深く、その人らしさを・・と、思います。

Kazarui

以前、関西在住の方と打ち合わせをさせていただいたときに、
何度か泊まりがけで、ご自宅に伺ったことがあります。

朝、焼きたてのパンでお食事されてる様子、
いつも聞いてる音楽、
家事の流れ、
ご家族間の会話・・。
その、穏やかな空気感を新しい家にも、自然に持ち込みたいなあと
思いました。

ご自宅での雑談の中から、
しまいこまれた帽子や食器のコレクション、
絵手紙を知り、見せていただき、
それぞれ、ディスプレイする場所を作りました。
お引っ越し前の家の中にあった照明も、移設しました。

高齢のご両親もすぐに馴染まれ、
お好きなものに囲まれた生活をしていらっしゃいます。


ちなみに、
ケヤキの見える家のクライアントさんからも、
お引っ越ししてすぐに
「・・機材は使い慣れていないのでぎこちないのですが
 家そのものは 以前から住んでいたかのように
 シックリ 来ています。」
と、メールをいただき、
こちらも、とても嬉しかったです。

打ち合わせに時間をかけるのは、
なにか、小さくても大事なものを、
発見するためでもありますね。


(最近は、省力化・ローコスト化で、注文住宅でも
 打ち合わせの回数を限るところが出てきているようです。
 うちは、何度打ち合わせしても追加はいただきませんから・笑
 どんどん、希望を言って、満足のいく家にしてください。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

*  Facebook ・Twitter 忘れたころにつぶやき中 *

|

« お仕事近況 | Main | 設計相談の季節 »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お仕事近況 | Main | 設計相談の季節 »