« 一緒にお仕事したい人 | Main | 二つのセミナーに参加してきました »

光熱費をおさえる住まい

震災から半年が過ぎました。

建築に携わる者としてできること・
構造の丈夫さと共に、
エネルギー消費量を抑える家、が
これからの主題になってきます。

手法はいくつかありますが、

・断熱性能を上げる(屋根の断熱はトレードオフしない。薄くしない。)
・庇をちゃんと出す(特に南面)
・外構のコンクリート部分を減らす(蓄熱させない)
・通風と日射のコントロールをする(通風窓・ルーバーなど)
・エコジョーズ、エネファーム、エコウィル、エコキュートなどの
 効率のいい機器を使う。 エアコンなどもエコ機種に。
・OM、太陽熱温水器など、パッシブで単純なシステムを使う

など、条件によって組み合わせるのが良いですね。


7月にお引き渡ししたケヤキの見える家は、
日本一暑い熊谷の近隣の市にありますが、
電気代が引っ越してから下がりました、と
ご連絡いただきました。

Img_97352

いろいろ好条件が重なっていますが、
(長期優良住宅・公園前・OM・高効率エアコンなど・・)
床面積が倍にはなってるのに、
マンション時代の6割程度(!)、というのは、
それぞれ効果あり・ということだと思います。
(OM床暖房とお湯採りで、ガス代もお得)

今計画中の別のお住まいは、
エコウィル。
ガスで発電もします。

省エネ=太陽光発電、だけではないので、
ご相談ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

*  Facebook ・Twitter 忘れたころにつぶやき中 *

|

« 一緒にお仕事したい人 | Main | 二つのセミナーに参加してきました »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一緒にお仕事したい人 | Main | 二つのセミナーに参加してきました »