« 八戸レビュー | Main | 銀座で緑を眺めながら »

ケヤキの見える家  ‘本棚‘

Tk7

住まいを設計するときに、
できるだけ、どこかに‘本棚‘は作れないか?と
考えます。

飾り棚を兼用しても良いのですが、
自分の好きな本が手に取りやすいこと・
特にお子さんがいる家は好奇心を広げるために必要です。

場所にもちょっとした工夫があって、
「皆が集まるところ・通るところ」が、GOOD!

「パパやママの本に、子供が興味を持つ」
「子供の本も、大人が時々手にとって、話題にする」
というのは、
とっても良いことだと思います。

ケヤキの見える家では、階段とダイニングの間に
飾り棚を兼ねた本棚を作りました。

今設計中のお住まいでは、
二階廊下に天井までの大きな本棚を作ります。
廊下全体が、図書館です。

好奇心旺盛なお子さんたちが、
のびのび育ってくれますように!


下にご紹介するのは、
色んな場所に作った本棚。
(一部、お施主さんの家具持ち込み)

Senzoku23

Fuji12

Img_8234
(ロフトの本棚)

Fl1
(オフィスの本棚)

Toushink1
(これは、塾の交流スペースです)


追記
伊藤家では、リビングに本棚を置いていますが、
全く読んだことが無かった長男が、
一人住まいで引っ越すときに、ごっそり本を持っていきました。
なにげに、興味を持っていたんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

* Facebook もよろしく *

|

« 八戸レビュー | Main | 銀座で緑を眺めながら »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 八戸レビュー | Main | 銀座で緑を眺めながら »