« 39度 でした | Main | 掃除がしやすい家  片付く家 »

防犯住宅

昨日、防犯住宅のTV番組がありました。

参考になりそうな内容が沢山あったので、
お伝えしておきますね。

* 時間帯は夕方5:00~8:00ぐらいが最多。
  これは、照明がついてなくて、まだ、寝ていない時間だから、
  不在を確認しやすい理由らしいです。

  →私の提案としては、お留守が多い家は、
    設定時間に照明がつくタイプ(お留守番ツインPa)を採用したり、
    電気代のかからない、LED照明をつけておいたりするのも、一案。

* 窓破りが一番多いので、
  防犯ガラスの採用や、二重ロックにする。

  →二重ロックを後付けするときは、窓上のほうが良いそうです。
    姿が見えるのと、作業がしにくいから。

* 狙われやすい窓
  ・密な植え込み・塀などで身を隠しやすい窓
  ・近所が留守がち、不在の家に面した窓
  ・身を隠しやすいベランダ

  →私の設計する家では、高いブロック塀はお勧めしません。
   また、ベランダは、壁形式ではなく、
   風通しも考えて、木製のルーバー状がほとんどです。

* お金がありそうかどうか、ではなく、
  入りやすいかどうか、で狙われるそうです。


今まで身近で直接聞いた中では、
 ・夜間就寝中、雨戸を外して入られた
 ・不在の日中、雨戸を閉めて物色された
 ・マンションの窓を破られて侵入された
 ・近所の人が見ていたが、どうどうと持って行かれた
 ・お風呂の窓を開けて外出して、面格子を外されて侵入された
 などなど・・。

あれこれ対策を聞いたのをまとめると、

 ・基本的だが、外出時の戸締り
 ・窓の2~3ロック(時間がかかる)・防犯ガラスの採用
 ・家の周りに、死角を作らない
 ・セキュリティ会社と契約する
 ・音が出るものは効果的
 ・大事なものは、銀行の貸金庫に預ける
 ・ご近所さんとの関係(気にしてくれるように)
 ・上記を、いくつかを組み合わせて、二重三重に防犯

などが有効なようです。

ちなみに
 ・面格子は、はずされたりするので、
  高強度のものにするか、窓側にも対策を
 ・二階ベランダも、雨どいを登ったりするので、用心
 ・防犯ライトや防犯砂利は、補助的に考える


番組を見て、私も、二重ロックなど、改めて確認しました。
用意していても、つい面倒でやめてしまいがちです。
(お引越し当時は、誰でも気をつけるんですけどね)

建築的に完ぺきにすることは難しいし、
コストもかかりますから、
いろんな工夫で、安心してお過ごしください。

また、度を過ぎると、
侵入もされにくいけど、
緊急時、避難しにくい(解除しにくいものをたくさんつける)・
救援に入りにくい(これは悩ましいところ・・)
といった、弊害も出るので、よくお考えくださいね。

・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室 ホームページはこちら

|

« 39度 でした | Main | 掃除がしやすい家  片付く家 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 39度 でした | Main | 掃除がしやすい家  片付く家 »