« 息子ネタ   40㎞ハイク | Main | カラスに胡桃を落とされる 弟ネタ »

飯田橋でエネルギーの勉強会

Iidabashi

夕方の飯田橋の風景です。

昨日はお休みの日でしたが、
午後から、都内で勉強会に出席してきました。

昨日のお題は、
「Forward to 1985 energy life」

1985年当時の生活なら、おおよそ現在のピーク電力の20%減になる。
という、試算によります。

産業系は景気後退につながるので、
住宅の分野で、エネルギー消費量を抑えていこう、
1/2を目標にしよう!という、呼びかけです。

具体的には、

・断熱性能をあげる
・太陽熱・太陽光を利用する
・夏の日射遮蔽・通風を取り入れる
・高効率機器を使う
・太陽光発電を使う

などを組み合わせて採用することで、
達成可能な数字です。

エネルギー選定は、

・防災復旧
・イニシャルコスト
・ランニングコスト
・温暖化
・エネルギー政策
・地域性

と、多岐にわたって検討が必要で、
ベストアンサーは存在しませんが、
それぞれ使う量を減らすことが、
確実な方法です。

通風や、日射遮蔽は、
窓の位置、庇の有無など、プランニングから関わってきます。

これから家を計画される方は、
どのエネルギーを使うか、だけでなくて、
どれを使っても、消費量を抑えられる設計にする、
ということを、目標にしましょう。

(ちなみにエアコン冷房ばかりがクローズアップされますが、
 暖房や給湯の方がエネルギー消費量は多いので、
 合わせて考えましょう。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤裕子設計室HP リニューアル!

|

« 息子ネタ   40㎞ハイク | Main | カラスに胡桃を落とされる 弟ネタ »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 息子ネタ   40㎞ハイク | Main | カラスに胡桃を落とされる 弟ネタ »