« 木で彩る | Main | ケヤキの見える家 もうすぐ桜 »

昭和40年代の5倍

今日のニュースで、
夏の節電について語られていて、
住宅は、昭和40年代の家の5倍の電気を使っている、と
解説がありました。

エアコン・パソコン・ゲーム機・IH調理器・24時間換気・ウォシュレット・
食器洗い機・電子レンジ・・。

確かに、ざっと見まわしたところでも、
この4~50年で、かなり増えています。(ここ20年ぐらい?)

オール電化にしたのに電気代が増えた、
という家では、その分、
電化製品の数が増えている、と聞きました。

世の中には、便利なものが沢山あります。

本当に必要かなあ?
付けたとして、節電しながら使えるかな?

ちょっと立ち止まって、
今、どこでも付けてるから・・ではなく、
考え直すのも良いと思います。


ちなみに、伊藤家は、

食器洗い機はなし。(後付けしたけど場所を取るのですぐ外した)
卓上食器乾燥機は、今節電で使っていない。
衣類乾燥機は無い。(10年以上前に壊れてそれきり)
エアコンは1台。(もう一台あったけど使わないので外した)
TVもPCも一台。
電気カーペットはやめて、タイルカーペットとラグ+ひざかけにした。
加湿器はあるけど、風邪の時だけ使う。
トイレは脱臭機があったが外した。

一般家庭より少なめだけど、特に問題ないです。

(あ・スピーカーだけは多い・・笑)

・・・・・・・・・・・・・・

手荒れが、食器洗い機で直った、
なんていうこともあるので、
その家庭ごとの優先順位がありますね。


|

« 木で彩る | Main | ケヤキの見える家 もうすぐ桜 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 木で彩る | Main | ケヤキの見える家 もうすぐ桜 »