« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011

ドラマ

先日、TVで、白洲次郎の再放送をしていたので、
見ていました。

この時期、TVといういうのも難しいもので、
帰宅してからずっと震災関係を見ているのも
精神的にしんどいし、
かといって、まだバラエティを心から楽しめる気持ちでもないし、
映画にも集中できないし、
消してしまうと、静かな中で、いろいろ考えてしまうし・・。

そんな中で、
戦中戦後を生き抜いた白洲次郎のドラマは、
なんだか、以前見たときより、心に響いて、
次男と一緒に見入ってしまいました。

色んな形の困難な時代を
人は生きてきているのですね。


ところで、改めてじっくり見ると、
自邸のインテリアの美しいこと。

特に、ライティング。

演出か、実際かはわかりませんが、
スタンドの使い方や色が秀逸で、
空間に品のよさと、奥行きと、素朴さ・暖かさが
にじみ出ていて、すてきでした。

どんな時代でも、
人の営みを包み込んでくれる、
懐の深い空間というのは
あるのでしょうね。

「私は変わらないものを探そう」という
白洲正子の言葉に、
揺さぶられるようでした。

| | Comments (0)

住まいの優先順位

プランニングを始める前に、
クライアントさんには、必ず、
大事に考えられるご希望の優先順位を
書いていただいています。

今日、お話を伺ったお客さまの
優先順位の一番は、
もちろん「構造・基礎」でした。

私が考える一番も
「構造」です。

免震構造とまでいかなくても、
コスト内で、できるだけご安心いただけるよう、
構造設計者と協力して、
ご提案・設計させていただいています。

新築住宅については、規模にかかわらず、すべて、
許容応力度計算=構造計算も行っております。

基礎コンクリートに関しては、
抜き取り試験も行っております。

木造の二階建て、平屋で、そこまで・・?
と思われるかもしれませんが、
地震の多い地域で育ったので、
恐さが身にしみています。

地震に対して、「絶対安心・安全」は無いけれど、
(免震も万能ではない)
少しでも安全に・・と
いつも考えています。

Con1


Konnkurishiken2


(昨年。コンクリート試験に立ち会っている様子です。)


| | Comments (0)

考えるきっかけに

春の着工シーズンを迎えて、
私の周辺でも、いくつかの新築工事が始まりました。

これから、計画を始める方も
多いと思います。

阪神淡路大震災のあと、
構造について建築法規が変わるほどの
大きな意識の変化がありました。

何ヶ月か後には、建築的に関する報告が
出てくると思いますが、
今回は、それに加え、
エネルギーについて考え直す
きっかけになるのではと思います。

どのエネルギー利用が良いか、
というのは、
被災地・停電地域でも差があるし、
原子力と温暖化の深い問題、
自然エネルギーの可能性、
それぞれ、簡単に解ける問題ではないと思います。

では、住まい手や、住宅を作っている私たち設計者が
なにをできるか、というと、
「エネルギーを今まで通り使うのには何がお得か?」ではなくて、
「エネルギーをできるだけ使わないで過ごすにはどんなことができるか?」
だと考えます。

照明は、スイッチ一つつけて部屋全体を明るくしなくても良い。
場所場所に、最小限の明かりが灯るように計画する。

陽を入れる・遮る・風を入れる・木陰を作る。

暖房と給湯に自然エネルギーを使う。

断熱性能を上げる。


特に、建物自体が窓を開けただけで通風・換気機能を持ち、
庇を深くして、夏の日差しを遮る、ような工夫は、
間取りと設備の計画だけでは、できません。

今一度、
住まいのあり方を考えるきっかけに・・。


**********************

Fuji14
(ルーバー戸で日差しを遮りながら、風を入れる)

Fujiwashi1
(地窓から風を入れる)

Komoro2
(トップライトから光を入れて、廊下を明るくする)

Takeniwa
(庇を深く出して、夏の日差しを遮る)


| | Comments (4)

LED

Ca


今回の停電で自宅で活躍しているものがあります。
LEDです。

手回し発電懐中電灯は、LEDで、
長いことまわさなくても、
停電中十分使えるほど、消費電力が少ない。
明るい。

また、写真は、以前イベントで使ったLEDのキャンドルですが、
計画停電が夜になる時、
廊下等に置くと便利で、使ってます。
100円ショップで買いました。

ろうそくやキャンドルは、
人がいないところに置きっぱなしにはできないし、
小さなお子さんがいると心配。
LEDキャンドルは小さな明かりですが、
要所要所に置いておくと安心です。

今日も18:20~22:00計画停電の予定でしたが、見送り。

夏は又、大規模な計画停電が予定されているようなので、
今から、少しずつ準備しておきましょう。


*************


今日も自転車で、郵便局行ったり、買い物行ったり、
ふっと見ると、
つい4日ほど前には、朝7時から整理券を配っていたガソリンスタンドが、
列もなく、普通に開いてる・。
ついこの間まで2~3時間待ちだったのに。

車が並んでない・・。
ロープも張ってない・・・。
本当に売ってるのかな??
でも、洗車してる人もいるし・・。

なんだか半信半疑で眺めてしまいました。

そろそろ、補充しても良いかな?

(たまたま、前日遠出したのでランプが付き、
 夜満タンにしていたので、2週間持ちました。
 普段から満タン近くしておかないと・何かあると慌てますね。)

| | Comments (0)

メモを残す

震災から二週間以上過ぎて、
少しずつ、今までの生活に戻ってきています。

まだ、振り向くには早すぎますが、
何人かから、
「喉元すぎれば・・なのかしら」と聞いて、
今のこの感覚は、今しかないんだ、と思い、
メモを書き始めました。

2~4週間は困らない程度の、
食品・水の買い置き量。
ラジオはあったけれど、中の電池が駄目になってたり、
非常用の手回しラジオは聞こえなかったり(製品によると思いますが
事前にチェックが必要)実際は使えなかった反省。
ガソリンの供給が急になくなった場合の対応。等・・。

備えあれば憂いなし、そのものので、
普段から、気に掛けていれば、
少なくともパニックにはならなくてすみそうです。

実際、東京の友人に食べ物を送ろうか聞いたところ、
「一ヶ月程度の準備は普段からあるから大丈夫」と
冷静な答えを聞いて、
なるほど、と感心しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・


私があまりお米の買い置きをしてなかったのは、
マンションで、
「置くところが無いしなあ」という理由もありました。
設計では、食品庫を設けることが多いですが、
建物のつくりも、日ごろの備えに影響しそうですね。


| | Comments (0)

現場便り 二つ

Kk5

K邸、完了検査を受けました。
月曜日に検査済み証が発行されます。
・・ほっとしました。

現場の追い込み時に、
今回の震災。
ガソリン不足と計画停電、資材の滞りに、
一旦作った建具が被害を受けて作り直すことになったり・・。
大変困難な状況の中、
職人さん・監督さんの、頑張りがあって、
予定通りお引き渡しできることになりました。

また、クライアントさんには、
入居後もいくつかまだご不便をお掛けしますが、
快くご了解いただき、本当に感謝しています。

お引き渡しまであと数日。
植栽・外構の工事も急ピッチです。

Tg8

ケヤキの見える家

こちらも、いくつかまだ納品が未定のものがありますが、
皆さんの頑張りで、止まることなく進んでおります。

今日は、
特注キッチンの打ち合わせや、照明器具の位置の打ち合わせを、
クライアントさん交えて、させていただきました。

写真は、リビングペンダントの
高さを検討しているところです。

シートをペンダントの大きさにカットしてもらって、
ぶら下げてもらっています。

図面上で検討したことでも、
実際建ち上がると、微調整が必要なことがありますが、
実物に近いもので検討するのが確実です。

Ocha

打ち合わせの後は、
クライアントさんが置いていってくれた
お茶セットで、職人さんたちとティーブレイク。

おせんべいの上に乗っているのは、
クライアントさんオリジナルの
チロルチョコ。
かわいい、お譲ちゃんの笑顔がプリントされてるんですよ!
和みました。 
有難うございました。

デコチョコの詳細はこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建築全体では、構造合板類等がかなり手に入りにくい状況になっています。
住む家を失った被災地を最優先、は当然ですが、
日本全体の住宅供給を止めるのは、
経済効果を考えても難しく、
それぞれの立場で苦悩しているのが現実と思います。
また、茨城方面に工場を持つ会社が多いので、
機器類が、いつ納入されるかわからない、といった
話も聞きますので、今しばらく混乱は続きそうです。

ガソリンは、場所によっては入れやすくなってきたようです。
私も、大分歩くのには慣れてきましたが(今日も駅からてくてく往復40~50分)、
そろそろ補給できればなあと思ってます。

| | Comments (0)

絵本を送る

Ehon

クライアントさんが、被災地に絵本を送る活動をしています。

うちからも何冊かご協力させていただこうと思います。

子供の水や食べ物も大事。

心のケアも大事。


| | Comments (0)

遠くから届きました

Usa

遠く、アメリカにいる友人から(日本人です)、
小包が届きました。

中には、美味しいものがいっぱい!!

震災後すぐにメールをくれて、
それだけでも嬉しいのに、
こんな心遣いには、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

アメリカでの報道も大きそうだから、
心配してるだろうなあ・。
本当に本当にありがとう。


*********

ネットやTVで、海外のいろんな国の支援の様子を
見聞きして、有り難いなあ、と
思います。
(台湾のチャリティもすごい!)

と、同時に、
イギリスで募金活動をして沢山の支援に感激した日本人が書いていたのですが、
「海外で同じように災害が起こったら、同じようにしてきただろうか?」
というコメントに、ドキッとしました。

四川もニューオリンズも、
TVの中のように、遠くに見ていたと思います。
この経験で、自分の意識も変わらなければと思います。

| | Comments (0)

お誕生日

クライアントさんのブログを見ていて、思い出しました・・。

「長男の誕生日だ!!」
(だから、今日までいるって言ってたのか・。うかつ。)

慌てて、家族にメール。
夕方、自宅から二人で歩いて、近くのショッピングモール・ウニクスへ。

春のスニーカーをプレゼント。

そのあと、
ホールケーキを買って、帰りました。
次男からは、いつも通りコンンビニお菓子セット。

写真を撮ろうとしたら、
「ブログに載せたら、著作権で訴える!」  (肖像権でしょ・・二十歳になったのに・・。涙)

Cake

ケーキは、歩いて買いにいけるウニクス内のシャトレーゼさん。
計画停電で混乱してる中、こんなメッセージカードを
付けてくれました。有難う!
ろうそくは、20本です! birthday

Cake2

「誕生日を毎年お祝いしてもらってる子は、グレない」
と、児童福祉関係の人の記事を読んでから、
必ず毎年ケーキを食べてきました。

めでたく、グレずに(笑)成人いたしました。

大変な経験をしながらのはたち。

この体験をかみしめて、人の役に立つ大人に
なってほしいと思います。

| | Comments (0)

応急危険度判定 追記

ブログの検索ワードで
「応急危険度判定 要注意」というのが
増えてきました。

繰り返しになりますが、応急危険度判定の
目的は下記になります。

「応急危険度判定は余震等に対する崩壊等の危険度をマニュアルに基づいて調査判定し、
 その結果を所有者等に知らせることにより、 
 人命にかかわる二次災害を防止することを目的とする
 注意すべき点は、
 建物の恒久的な使用の可否の判断や、補助金申請の罹災証明等にも連動していない。
 ということ。」(応急危険度判定士マニュアルから抜粋)


Oukyuu1


Oukyuu2

上記は、2010年の埼玉の訓練の様子です。

赤と、黄色のステッカーが見えますね。


赤は、危険
黄色は 要注意
調査済みは 緑です

緑の調査済みというのは、間違えてはいけないのは、
恒久的に「安全」を保証しているのではない、ということです。
それは、迅速さや危険が伴うこと、から、「外観調査」が基本で、
余震に対しての、暫定的・緊急な判断であるからです。
外見上安全に見えても、補修が必要な時もあるでしょうから、
落ち着いたら、専門家に見てもらうのが安心です。

赤の「危険」は、一階が押しつぶされている、とか
一見して危険と判断されるもの。
さらに、チェック項目でCランクが1以上あるものが、
「危険」になります。

危険度のランクは、判定士が調査表でチェックしていくもので、
「基礎」「不同沈下」「落下物」など約13項目、A~C(Cの方が危険)
に判断していきます。
その中で、一つでも(たとえばガラス窓が落ちそうとか)C
があれば、即、「危険」と判断されます。
危険の判定の場合は、危険な要因が解消されるまでは
立ち入らないでください。

では、「要注意」はなにか、というと、
窓ガラスでいえば、ひびわれているけど、落下の危険はない・
看板が傾いてるけど、落ちそうではない、
基礎にひびが入ってるけど、著しい破壊ではない、など、
今現在、人命にかかわるような大きな損傷ではない、が、
立ち入るには気を付けてほしい、
ということになるかと思います。

どの調査表にも
必ず、判定した理由を記入することが
指導されていますので、

「どうして、どこが危険なのか?」というのを
きちんと確認して、対処をお願いします。

下記が応急危険度判定協議会HPとなります。
(一般の方向けではないのでご了承下さい)

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/Jimukyoku/Oukyu/Oukyu.htm

| | Comments (0)

子供の方が、冷静?

私のところには来なかったのですが、
東北の地震による千葉のコスモ石油精油所の火災について、
「有害物質が降るので注意」とするチェーンメールが広まっていたそうです。

友人とそのことを話していたら、
そこのとても優秀な大学生と高校生のお子さん二人が、
すぐに化学式を書いて、検証。
「この物質からの化学反応で有毒物質は出ない」と
結論づけたそうです。 (すごい・・・)

コスモ石油ではHPで
「タンクに貯蔵されていたのはLPガスであり、
燃焼により発生した大気が人体へ及ぼす影響は非常に少ない」と、
発表していました。

あまり優秀でないうちの息子も、
風向きを気にする母に、
今後の季節風の説明をしてくれました。


そういえば、以前ヒ素カレー事件があったときも、
当初保健所が食中毒、と発表していたのを、
「ありえない」と、否定して検証したのも、
高校生じゃなかったかな?
(間違ってたらごめんなさい・うろ覚えです。)


先入観が無いのと、
いずれも理系だからでしょうね。

(根っから文系の長男は、考えるよりまず動く!で、すぐ現場に飛んでくタイプです。
 どっちも大事ですね。)


| | Comments (0)

基礎のひび

ブログの検索ワードに
「基礎のひび」というのがありました。

地震の後、基礎をチェックしたら
ひびが入っていたので、ご心配、ということでしょうか。

私は以前新潟の地震後一ヶ月程度たったときに
一日だけ、現地に入り調査をしました。
(建築家協会に同行)

その時も、基礎にひびが、という
ご相談をいただき、他の設計士と見たのですが、
判断できない例もありました。
それは、表面の仕上げのモルタルだけに起こったひびなのか、
基礎本体のひびなのか、わかりにくいものがあるためです。

これは、地元設計士か工務店に
ご相談いただくようにお願いしました。
(モルタルを落として確認するようになります)

そのときの体験から、
私は、原則として、基礎の表面にはモルタルやパネルの
化粧をしない、必要なときは、薄塗りにする、ようにしています。

さて、では基礎本体のひびだったとして、
それが危険なものかどうかは、
やはり、地元の設計士さんの
ご判断をいただいたほうがいいと思います。

ヘアクラックと呼ばれる、
文字通り髪の毛のような細いひびなら、
その状態によって、そのままでもいいかもしれませんし、
樹脂の注入が必要なときもあります。

もっと大きなひびなら、
大掛かりな補修が必要になる可能性があります。

特に注意が必要なのは、
1981年(昭和56年)6月1日 建築基準法施行令改正(新耐震)
以前に建った建物です。
基礎に配筋がされていないものが多く、
あっても少ないので、現在の法規基準を満たしていません。
もし、その頃に建った建物で、今回大きなひびが発生しているなら、
早急に専門家に見てもらって、
補修等、をご検討ください。

また、今回被害にあわれなかったところでも、
基礎をご覧になって、ご心配な箇所が見つかったら、
地元の専門家にご相談ください。

比較的新しい家でも、
地盤が不同沈下を起こしたりして、大きなひびを
生じさせている例もあります。

伊藤設計では、私一人の判断ではなく、
構造の専門家の意見も聞いて、
(場合によっては、現地にも来てもらって)
補修・建て替え等の判断をするようにしています。

| | Comments (0)

できること

いまできること

地域と、状況によって違うと思いますが、
埼玉で仕事をしながら、子育てをしながら
いまできることはなにか、考えてみました。


* 人に会うこと・家族と一緒にいること

  一人だと不安が募ります。友達や職場の人と話したり
  情報交換したり、家族と一緒にご飯を食べたり、
  気持ちが落ち着いてきます

* 被害が大きい場所の人と電話やメールをすること

  今、行くことも出来ないし、何も送れないけど、
  見ている、いつでも力を貸す、と伝えること

* 募金・ボランティア・献血・情報提供 出来ることをすること

  その人によって支援の仕方は違うから、
  出来ることをすること 続けること

* いつもどおりの生活をすること

  お雛様を片付けに実家に行った、という友人の話になごみました
  土手を見たら、菜の花が満開でした ベランダに座って少し眺めました

* 経済活動を止めないこと

  不足している物資の買占めは論外ですが、
  そうでないものは、今まで通り買ったり、利用したりすること
  仕事を進行させること
  経済活動は、血液の流れと同じだと思います

  昨日は、駐車場がないのでなかなか買えなかったお店の前を徒歩で通ったので
  シフォンケーキを買いました


ネット社会で、このブログも
色んな場所の色んな人が見てくれています
(わかってるだけでも アメリカから青森まで)

埼玉はそんなに大変なの?と思われる方もいるだろうし、
そんなに恵まれてるの?と思われる方もいるかもしれません

そんな中で、何をアップしていけばいいのだろうと
迷うこともありますが、

今まで通り、

・毎日の小さなうれしいできごと
・建築を中心にできるだけ正確な情報
・日々今ここで起こっていること・体験していること を

毎日かわらず、お届けしたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、本日の伊藤家

ダンナは、東京の仕事場に出勤
長男は、さいたまアリーナボランティア
次男は、部活動
私は、自宅でデスクワークです。

皆元気です。


| | Comments (0)

現場進んでいます  &色んな様子 

Kg2


現場、頑張って進んでいます。

今日は私は、お休みのつもりでしたが、
現場に職人さんが入っているというので、
行ってみると、
7~8人の職人さんと、監督さんが作業していました。

写真は、階段吹き抜け。
トップライトからの光が、
いる間にも刻々と変わります。

だいぶ、完成の姿が見えてきました。
もう少しです。


Tg6

もう一件の現場は、これから
床材などを張って行きます。

地震のあとなので、
金物の締め直しを指示しましたが
特に緩んではないようでした。

だんだんおさまってはきましたが、
こちらは、足場の上での仕事も多いので、
気を付けて作業してもらっています。


明日から又、
私の方は、デスクワークの方も再開します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自転車で少し買い物に出てみました。
今日会った友人にも聞いたところ、
大分通常の様子に戻ってきています。

買いだめの様子も無く、
少し冷静になってきているようでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男、さいたまアリーナのボランティア活動から帰宅。
「疲れた・・・・・」と一言放って、
寝てしまいました。
いくらか、役に立ったのかな?
お疲れ様。

先日のアリーナの記事は、情報が古くなったので、
削除致しました。
必要なものも、人員についても、
時間を追うごとに現地の状況は変化しています。
最新の情報をアリーナのHP等からご検索ください。

特に持ち込まれるものについては、
実際自宅から持っていけそうなものと
必要、と書かれたものに、
ギャップがある可能性があります。
お近くでしたら、張り出されたリストを確認してから
持ち込まれたほうがいいと思います。

私は遠い自宅に取りに帰る時間が無かったので、
周辺の店舗にも置いてあって、
補充がきいてそうな商品を少量購入しましたが、
地域と、物によっては、配慮が必要かと思います。
できるだけ、自宅に買い置きがあるものを持っていきましょう。
(新品のみです)

気になる方は、まずは、現地に行ってご自身で確認を!

| | Comments (0)

ちいさなうれしい

事務所に行ったら、先日の一級建築士の講習の修了書が
届いていて、一応、試験に合格で、うれしい!
あの長い講習を受けるのは、次は3年後です。

・・・・・・・・

次男が、にこにこ近づいてくるので何かと思ったら、

「銀のエンゼル!」  ( ̄ー+ ̄)

机に三枚貼っていたのは知っていたので、よかったね、あと1枚、
と思ったら、もう一枚、隠し持っていました。

めでたく5枚で、宇宙カンがもらえるらしいです。
うれしい高校一年男子です。 (;´д`)トホホ…

(送ってもらうのは、もうちょっと落ち着いてからにしようね。
 ちなみに、伊藤家、今回で3回目。どんだけチョコボール好き???)

・・・・・・・・・・・・・・・

子供が小さなときからくじであたっては、
いやいや役員をしてきましたが、
この非常時、不足したものの入手先を教えてくれたり、
お誕生日プレゼントでいただいたキャンドルが
停電で役に立ったり、
お付き合いが続いてる皆さんのご好意で、
伊藤家は成り立っています。

ちなみに、仕事での対応などに追われてスーパーに
行ってなかった私は、一週間たって、
「トイレットペーパー分けたげようか?」と電話で言われて、
「???何のこと?」

そこで初めて品薄を知りました。お米も同様。
知らないのも、パニックにならなくて、いいときもありますね。
(どうにかなってるし。)

そうそう、ろうそくが無くて・・と困ってる方、
ほら、そこにあるじゃないですか、
結婚式のときの思い出キャンドルが!!(笑)

友人のところは、
停電のときに点けて、
なんか、いい感じだったそうです。

あ、うちはちなみに、結婚式場での披露宴をやってないので
ありませんけど・・。(笑)


・・・・・・・・・・・・

昨日、「勝手に計画停電」の記事を書きましたが、
天皇陛下ご夫妻も、自主的に数時間電気を落としてると
新聞に書いてました。

| | Comments (0)

「勝手に計画停電」

SATIさんからもらったコメントに
なるほど!!

「勝手に計画停電」

都内では、影響の多すぎるところは、
計画停電を実施していないようですが、
SATIさんのお宅では、
自主的に計画停電をしているらしいです。

PCを使う、お仕事なのに
えらいなあ!

私も、「あ、回避になったからいつもどおり使おう」じゃなくて
自主的にどんどん使わないようにしよう、と
思いました。

でも、確かに、
手回し充電の取っ手はもろいかも・・。
運動部の男子2人がかりでも
フルにならなかったと、次男が申しておりました。 coldsweats01

| | Comments (2)

今日のこと

・朝メールをチェックしたら、友人が被災地のお母さんと連絡が取れた!という
 うれしいメール!ほっとする。

・今日は、計画停電が18:20~10:00の第五グループ。
 ろうそくの準備などをする。

・朝9:00から現場での定例会議。
 ガソリンを使わないように、電車で向かい、徒歩20分で現場へ。
 厳しい状況ながらも、なんとか完成に向けて、業者さん頑張ってくれている。
 ガソリン乏しい中、職人さんは6人と監督さん。(有難うございます!)
 いい感じに出来上がってきた。楽しみ。

・途中、崩れたブロック塀を発見。鉄筋が少なすぎる。(参考に写真を撮る)

・帰り道で、「ニシダ飴」を購入。小さな子供がいる友人へのお土産と、家族用に。

・駅前のドラックストアに入ってみる。
 無い、と思っていた商品が、フツーにあったので、購入。
 生鮮品も豊富。から揚げ用のお肉を購入。

・電車に乗って一旦帰宅。電車は、新高校一年生とお母さんたちでいっぱい。
 「かっこいい男子がいなかった」という女の子に
 「あっちもそう思ってるわよ」と、お母さん。

・自宅に寄って仕事のメールの返事を打ち、夕飯のから揚げの 
 下ごしらえをしてから、出かける。

・お昼は、引っ越す友人の送別会。
 久々に、大声で笑う。
 購入しにくい商品の情報交換。
 スーパー勤めの友人曰く。「毎日入ってくるのにね。大量に買っていくのよ」
 ないないと思ってたものが、案外何処かで手に入ると聞き、皆安心する。

・ランチの後は、別の現場へ。
 電車でもう少し遠くに行って、30分徒歩。
 歩いたことの無い街をきょろきょろ。

・現場には、やっぱり、遠いところから
 職人さん2人と監督さん。
 (有難うございます!!)
 着々と進んでいる。この混乱の中、とっても丁寧な仕事にびっくりする。

・また、テクテクと30分歩いて、駅に。
 駅のコンビニにいたら、男子高校生がたくさん入ってきた。
 「エアコンききすぎじゃね?切ってもいいよな」
 (そうだよね。いつもと同じでないサービスでなくていいよね)

・急いで帰宅して、メールの返事書いて、
 同じマンションのママに何軒か電話して、状況確認。
 子供だけいるところを知っておく。
 (停電するのに一人で留守番えらいよ!)

・今日帰ってくる長男の好きなから揚げを揚げてるうちに
 停電。ちょっとろうそくの灯でから揚げは危険なので途中でやめる。

・次男帰宅。
 停電始まる。手回し懐中電灯をまわし続ける。飽きる。

・キャンドルをお風呂に持ち込んで、ゆっくり入る。
 寝ちゃえ!と思ったとたんに電気回復。
 明るすぎ!!!
 毎日こんなに明るくしてたんだっけ??

・10:00現在、埼玉のボランティア情報やら、いろんな情報を
 ネットで検索。
 
 そろそろ、おやすみなさい・・。

 皆さんも、一日、お疲れ様でした・・・。

 明日も頑張りましょう!!!

| | Comments (2)

日常の業務に戻っております

片付けや、各方面への連絡、
ブログでの情報発信などで、
ばたばたしておりましたが、
現場へも監理に行き、設計業務も再開しております。

納入が難しい製品も出てきていますが、
代替品を九州まで探してくれたりして、
工務店さん・業者さんも頑張っています。

職人さんはどこも(私の現場にかかわらず)
ガソリンを入れるために朝から2~3時間並んで、
現場に通ってくれています。

クライアントさんたちも、
被災地にくらべたら・・と、
ご協力・ご理解をいただき、
心から感謝しております。

被災された方へのフォローと同時に、
今前にある仕事・これからスタートする仕事を、
精一杯させていただきたいと思います。


引き続き、地震関連の情報もアップしていきます。

| | Comments (0)

地震と雨戸

地震後のブログの検索キーワードを見たら、
「地震 雨戸」というのが多かったです。

地震の時雨戸は安全か・とか
どのように脱出するのか、という意味の検索でしょうか。

昔の木製の雨戸は、「地震口」という、にじり口のような、
緊急用の出口が一か所はありました。
(比較的立派なお宅についていたらしいですが)
万が一ゆがんで出られないような時、開ける時間が無い時に
ここから出たのでしょう。

今の雨戸・シャッターは、
そのような仕掛けは無いので、
歪んだような場合は、開閉と出入りが難しくなる可能性はあるかと思います。

電動タイプが停電で動かなくなったら、手動の操作でも開くようになっていますが、
あらかじめ、開け方を試しておいてください。

ただし、手元のYKKのカタログによると、上げ下げ窓などにつける
「枠付シャッター」の電動タイプは、非常開放機構が無いので、
「他に脱出経路が無い部屋には使用しないでください」との
注意書きがありますので、
「個室で電動シャッターの上げ下げ窓しかない」、ような場合は、
一度ご確認されたら良いかと思います。
その時は、他に避難経路を確認しておきます。

はき出し窓が、雨戸やシャッターでも、
近くの玄関が脱出経路になるなら、
防犯や断熱を考えて、閉めておかれたほうが良いですし、
高齢者世帯で、すぐ脱出できる・救助が入りやすい、
ということを優先されるならば、余震の間は、開けておかれたほうが
良いかと思います。

もともと、
防犯と脱出は、相反することになりますので、
どちらをより、優先されるか、
また、別の脱出経路が確保できるか、は、
それぞれの判断で、臨機応変お考えください。


補足 メーカー商品のすべてを確認したわけではないので、
    詳細は、それぞれのメーカーやサッシュ屋さんにご確認ください。

    被災地の体験を元にした情報ではありませんので、
    他の見解もあるかと思います。(雨戸があって助かった・とか)
    幅広く、情報を集めてください。

    ちなみに、私自身は、今回も大きな被害があった、地震が多い八戸で育ちましたが、
    ぐらっときたら、まずは避難路確保のため、
    はき出し窓を開ける習慣がありました。雨戸はありませんでした。
    今も、雨戸の無いお宅が多いですが、
    避難を考えて、という理由だけではないと思われますので、
    ご参考までに。

   

| | Comments (0)

換気扇の報道 昨日3/17

昨日、ニュースを見ていたら、
20~30キロ圏内で、屋内退避指示がある建物の対処方法で、

「換気扇を閉じてください」から、
「最低限の使用にしてください」 と、
ニュアンスが変わっていました。

気密の高い住宅内での
暖房や調理時の影響を考えたものではないかと思います。

酸欠で気分が悪くなる、というようなことがないよう
お気を付けくださいね。

| | Comments (0)

花と植物と・

Hana

今、うちのダイニングテーブルを飾っている花々です。
毎日帰って見ると、ほっとします。

地震の前の日、
目白に用事があって出かけました。
閉まりかけた花屋さんが気になって、
100Mぐらい引き返して、
自宅用の花束を買いました。

自宅にこんな豪華な花を買うこともないし、
まして都内からわざわざ持って帰る、というのも
今まで無いことですが、
今、毎日見て癒されていると、
不思議だなあ、と思います。

Kuwazuimo

事務所の観葉植物は、
本の下敷きになってぺちゃんこになっていたのを、
3日後に取り出しました。

クワズイモの葉は、ほとんど折れて、
他の植物も、乾いて、もうだめかなあ、と思ったのですが、
なんとか元気になってきました。

落ち着かない毎日ですが、
こんな、花や植物を、時々見ると、
少し気持ちが落ち着きます。

土手の菜の花も、大分咲いてきました。

早く、被災地に春が訪れますように。


| | Comments (0)

息子ネタ 地震後

ちょっと 気分を変えて。
次男ネタです。

熊谷震度5強 高校生の次男は、自宅で一人でした。

私は、打ち合わせ中だったので、メールだけ送って
お客さんのところを回って、帰宅したのは19:00
自宅は落ちたものもなく、地震があった気配もありません。.

グーグー寝てるので、大丈夫だった?と聞くと

「地震長かったから、眠くなっちゃった」

との答え。

別の日
「まったく、眠くなっちゃうんだから~」と茶化すと、

「怖かったよ・・」
と一言。

頭を軽くハグ。

心配かけまいとして、
有難う。


それから、時間があると、
毎日事務所に来てます。
大きいけど、まだまだ子供。


(長男は、一日こっちに来ただけでアパートにとんぼ返り)

| | Comments (0)

放射線医学総合研究所

今日のNHKでも紹介されていた
放射線医学総合研究所は下記です。

http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i3

自然放射線との比較が図入りで
載っていますのでわかりやすいです。

一つでも多くの正しい知識を得て、
過ごしたいですね。

| | Comments (0)

皆さま ご無事で良かったです

本日で、連絡が取れなかった新築・リフォーム住宅のお客さま
ほぼ全員にご連絡が付き
ご無事であること、建物が損傷を受けていないことを
確認させていただきました。
建物・設備の補修は今のところありません。
(後で気が付いたら、ご連絡ください)

久しぶりにお声を聞かせていただいた方もいらして、
お元気そうな様子に、ほっと致しました。

被害としては、
食器が割れたお住まい一軒
飾りものが落ちたお住まい二軒となっております。
耐震ラッチが効かなかったお宅が一軒あるので、
後ほど伺って、確認致します。

地震当日は、現場も含め6軒のお宅を
順次回らせていただきました。

お一人でいらしたところもあり、
「ほっとしました」とご安心いただけたところもありました。

遠方につきましては、
電話とメールでご確認と、
引き続き注意点のご連絡を
させていただいております。


今後、何かご不明の点、ご不安な点などありましたら、
お電話・メールでいつでもご連絡ください。

(事務所電話 048-525-9690  自宅電話 048-526-8540
 メール suruga@mbb.nifty.com )


まだ、余震もありますし、
震度が同じでも、直下型など、違うタイプだとまた違う動きをします。
これで安心をせず、家具の配置などもチェックして、
くれぐれも、お気を付けてお過ごしくださいね。

| | Comments (0)

事務所その後と造りつけ収納について

Jimusho

地震(熊谷震度5強)後すぐの事務所の状態です。
鉄骨三階建ての三階です。(賃貸ワンルーム)

良く見たら、棚自体が壊れてる。
スウェーデン製の、結構いい本棚なんですが。

Tana2

一日かかって、
ダンナの力も借りて、
やっと片付きました。

Tana1

下に見えるのは、毛布。
エアコンを切って、厚着と毛布で仕事してます。
今日は寒いけど、結構平気。
今までもこうすれば良かったか?

デスクに見えるEGOは、一つ割れてしまった。
落ち着いたら買おう。

Tana3

棚は、また壊れないように
アングルで補強。
ダーラナホースが守ってくれる?

今回は、本棚自体は倒れなかったですが、
今までの地震でも、家具の下敷きというのは多かったですから
できるだけ造りつけが良いですね。
(又は、納戸に入れる)

お客さまから、造り付けで安心でした、と
メールいただきました。

Kaki1


| | Comments (0)

福島など

福島の事故は、まだ不安定な状況で、
沢山の方が不安な毎日を過ごしています。

息子からも、このメールで送られてきた情報正しい?
と質問が来ますが、
色んな不確かな情報が流れています。

本日の朝日新聞で、
遠隔地での危険性(ほとんど無いですが)と対処方法などが
載っていますので、むやみに不安にならないように、読んでみてください。

また、知り合いのところでも、
退避指示が出ているところがありますが、
近県の方は、知り合いやお友達に、
受け入れる人がいないか、聞いてみてはどうでしょうか。
もうすぐ春休みですから、お子さんだけでも。

福島の人たちは、今とっても不安な状況です。
電話一本するのでもいいし、メールするのでもいいので、
連絡を取ってみてくださいね。
きっと安心しますよ。

被災地もだんだんに水道や電気が通って、
電話も安定的につながるところも出てきました。
(全く連絡取れない地域もありますが)

お友達・親戚・知り合い
物は届けられないけど、
声と励ましの言葉は届きます。


***************

伊藤設計は、輪番停電第五グループです。
連絡が取れなくなるときがありますので、
ご容赦ください。


| | Comments (0)

換気扇 追記 重要

換気扇について追記です。

都内でも放射物質検出、ということで
テレビの報道通り、
換気扇を止めた方、
給気口を閉めた方が、いらっしゃると思います。

放射性物質は、発表の通り極微量です。
人体に与える影響はほとんどないと、専門家の発表です。

基本は、「屋内待機を指示された地域」の措置になります。

高気密高断熱住宅では、
換気扇を回さず、給気口もあけないで
調理をしたり、石油・ガスストーブをたいたりすると
かえって酸素が少なくなって大変危険です。

瞬間湯沸かし器が室内にあるような場合も
同様です。

室内の換気自体は、大変大事なものなので、
冷静に状況を判断して、対処をお願いいたします。

少なくとも、
開放型のストーブを使う場合は、通常通り時々窓を開けて空気の入れ替えをし、
瞬間湯沸かし器を使う場合、調理をするときは、
給気口を必ず開放して
換気扇を使用してくださいね。

(詳しくは各機器の説明書に従ってください。)

| | Comments (0)

ガスなど  いろいろな状況

お客さまと連絡を取らせていただいております。

建物は大丈夫でも、いろいろとご心配がありますよね。

ガスのご質問もありました。
地震でメーターが止まることもありますので、
下記 の指示に従って復帰してください。

http://www.gas.or.jp/safety/02_gas_stop/02_01_stop/index.html

最近のガス管は安全性が高いですが、
万が一、ガスの臭いがする時は、
すぐに火の気のあるものを止めて、
元栓・メーター栓等を閉め、
ガス屋さんに連絡してください。

********************

どこもかしこも混乱してるようですが、
関西では、いつも通りと、電話でお話させていただきましたし、
都内は宅急便で以前頼んだお花が運ばれました。
埼玉の現場も、通常通り搬入されているものも多いです。
電車も動いてますし、子供も学校に行ってます。

正しい情報を得て、
冷静に対処していきたいですね。

| | Comments (0)

地震後 OMについて  換気扇について 補足注意点あり

11:00の会見を受けて補足あり

換気扇について注意

高気密住宅ですと、長時間不必要な時に閉鎖すると
 室内空気が汚れますので、指定地域で無いのに、むやみに閉鎖しないよう
 ご注意ください。
また、調理のときや、石油ストーブなどを
 使うと酸素が欠乏して危険ですから、
 必ず給気口を開けて、換気扇を回して下さい。

*****************************


地震後のOMソーラーについての
情報が下記でわかりますので、
ご覧ください。

* 屋内退避時、換気扇同様、停止の仕方。
  (11:00会見時点で、半径20~30キロ内です)
  すべての建物が必要なわけではないので、指示があった時だけです。
* お湯採りをしている場合、貯等槽から非常用水を取りだす方法。
* 停電時のOMについて。

http://omsolar.jp/info/20110314.html

※電話でも対応してくれます。


停電時ですが、太陽光発電を搭載している
自立運転型は、太陽が出ている限り稼働します。
ただ、タイマーなどに再設定が必要な場合があります。

自立運転タイプでなくても、
床下に蓄熱していますから、
2~3時間は、暖かさが持続します。
できるだけ冷たい外気を入れないようにしてください。

************************


屋内退避について、(対象地域のみ
繰り返しになりますが、

換気扇は現在24時間稼働しているタイプが
何台かついています。
本体でスイッチを完全に切るようにします。
給気口も閉じます。
他の換気扇はスイッチを入れないでください。
エアコンも止めます。


伊藤設計が設計した分については、念のために
どこが24時間タイプか、どこに給気口があるか、
順次ご連絡しております。
(但し、11:00首相会見時点で、対象地域内に
 設計した建物はありません。近隣にもありません。)

念のためのご連絡ですので、
ニュースを良くご覧になって、
対応が必要な地域のみ、適切に対処してください。

| | Comments (0)

国土交通省 災害情報

国土交通省で、
詳細な情報を、下記で公開しています。

http://www.mlit.go.jp/saigai/saigai_110311.html

PDF150ページにも及ぶもので、
3/14 11:30 15報が、
現在 アップされています。

ニュースではわからない、
詳細なデータが載っています。
各方面を調査している様子がよくわかります。

現在実施済の、応急危険度判定士による
チェック情報も載っていますが、
実施されたのは、ごく一部の地域に限られているようです。

ニュースを見ると、
だんだんに、ご自宅に帰っている様子が見えますが、
判定が間に合わない地域では、
是非、安全にお気をつけください。
特に落下しそうなものがあるところは、
余震で、怪我をする可能性があるので、
くれぐれもお気をつけください。

落下しそうなもの
 サッシュ・エアコンの室外機・看板・外壁・瓦・隣の建物の付属品
 照明器具など。

ネット環境がととのっていないようなところへは、
メール・電話等で情報が、届きますように・・。

* Bさん国土交通省情報有難うございました。

| | Comments (0)

熊谷の状況など

熊谷の状況

まだ、かなりの頻度で余震があります。

ガソリンを始め、買い物がしにくい状況ですし、
電車も2割ほどしか動いていませんし、
輪番停電の情報もありますが、
落ち着いているように見えます。
交通機関の関係か、休校・会社のお休みが多いです。
今日家族が行った病院は、輪番停電の時間をずらしての
診療でした。

少し不便でも、
被災中心地に比べたら、
我慢できない状態ではありません。

工事関係は、流通の混乱・ガソリン不足から、
じわじわと影響が出始めております。
皆さまには、未曾有の災害の影響であること、
ご理解いただきたいと思います。
精一杯の努力をしております。

工事中の現場の安全をお気遣いいただく
メールもいただきました。
ご本人も大変な中、
有難うございました。

15:20~の計画停電は無くなったようです。
午後5時から午後7:00計画停電実施のようです。(15:25ライブ)

引き続き、
節電に努めましょう!

| | Comments (0)

輪番停電実施されます

昨日首相から発表があった
輪番停電が実施されます。

栃木・群馬・埼玉・千葉・静岡・茨城・山梨・神奈川・東京で
実施されます。

グループ分けして一日3~6時間程度のようです。

新聞に、市ごとのグループ分けで、
停電時間の予定がのっていますが、
東京電力HPを見ると、
市内でもかなり細かく地域が分かれていて、
食い違っています。

混乱している模様ですが、
いつ停電になってもいいよう、準備をしてください。

※ 停電すると、種類によっては火災警報器がならなくなります。エレベーターも
  動かなくなります。
  とりあえず、安全に気をつけてください。

  計画的に行われることですから、
  通電する時間を有効に使いましょう。

***************

熊谷市内の熊谷高校は、本日は休校になりました。
外にできるだけ出ないように、との指示も出ています。

地震と津波はおさまりましたが、
まだ不安定な状況ですので、
確かな情報を得るようにしてください。


| | Comments (0)

安否情報 確認の仕方

どこでも、大事な人と連絡が取れない状況が続いています。

下記は、安否を確認する、連絡をとる方法の一部です。
いろんな方が教えてくれました。
お試し下さい。

* グーグル検索  http://japan.person-finder.appspot.com/
  知りたい方の名前を打ち込んだりします。

* SNSはつながりやすい。
  ラジオで聞いていたら、ツイッターフォロアーが、安否を確認してきてくれた
  と言うのもありました。
  クライストチャーチでも活躍してます。

* 一人暮らしの年配の方などは、地元警察が現地に安否確認に行ってくれる
  実際行ってもらった人がいます。

* 連絡が取れた人と話してると、向こうから掛けてきても
  なかなか通じてないようです。
  自宅の固定電話で待つのがつながりやすいみたいです。

* 携帯の充電は切れやすいです。
  子供には、手回しで(電池なし)充電できるレスキュー機器を渡してます。 
  その他、コンビになどで売ってる充電器をいつも持たせています。

* 本人ダイレクトでなく、遠くの親戚などから安否がわかることがある。

一日も早く確認できますよう・・。

| | Comments (0)

沢山の連絡・お見舞い有難うございます  業務について

私の実家が青森と知っている方から、
その後も沢山のメールをいただいております。

ご心配おかけします。
お心遣い有難うございます。
皆無事でおります。

沢山の方に、見守っていただいているんだなあと
うれしかったです。

お一人でも多くの方が、早く連絡が付き
ほっとされますよう・・。

東北のあちこちにいる
同級生たちとそのご家族が、
無事でありますよう。

************************

ひどい有様の事務所の様子をアップしましたが、
その後、本棚自体がかなり壊れているのがわかりました。
建築の本は重いので、だいぶ負荷がかかったようです。

本棚補強しながらの片付けになるので、
月曜日は、通常業務をお休みさせていただきます。

ご迷惑を掛けしますが、
宜しくお願いいたします。

| | Comments (0)

地震のあと・建築的な注意お願いなど 追記あり

応急危険度判定士から

Oukyuu1

(参加した訓練の様子です。赤が危険・黄色が注意ステッカー)

まだ、映像では、救助が中心で判定士が入っている
様子は見えません。
手配はもう少し後になるかもしれません。
(追記・一部ではすでに入っているようですが、まだ全域ではありません。3/15)

このブログが見られる状態の人は、
下記のことに注意してください。

* 一見して「危険」と感じる・思われる建物内には
  絶対に入らないでください。次の余震で崩れるかもしれません。

* 構造的な、危険度は、専門家でなければ判定できません。
  (基礎のひびの様子など)
  自分の判断だけで、出入りしたり住み続けないようにし、
  判定が出たら必ず、従ってください。

* 一見まっすぐ建っているように見えても、
  「揺り戻しで、戻っているだけ」、ということもあります。
  周辺の様子も観察して、無理に入らないでください。

* 建物自体の損傷が少なくても、
  「裏のがけに亀裂が入っている」
  「隣の建物が倒れかかっている」
  「建物の二階のサッシュや外壁・看板・瓦が落ちかかっている」
  ということで、「危険」の赤のステッカーになります。
  周囲を十分見回して、安全を確かめてください。

* 応急危険度判定士の仕事は、
  とりあえず、余震などに対して安全かどうかの判断のみになります
  隣の倒れかかったビルを排除したら、自宅は安全、ということも
  考えられますので、
  別の専門家に相談してから、補修・解体を決めてください。

* がけの上など、地盤が大きく割れているような時は、
  かなり危険で、長い期間出入りできなくなる可能性があります。
  建物だけでなく、地盤も良く見てください。

***********************

原発の事故について

色んな不確かな情報がメールで
出回ってるようです。
万が一事故規模が大きくなった場合
対象地域の方は、下記を参考にしてください。
下記、朝日新聞からの抜粋です。

「原発事故がおこったら」(原子力安全保安院HPから)
-室内退避の指示が出た場合-

* ドアや窓を完全に閉める

* 換気扇などを止める
  (補足・24時間換気も本体にスイッチがありますので止められます。
      空気を入れる給気口も閉じます
      OMなどの外気を入れる設備も止めます。

      追記・OMの止め方は工務店に従ってください。OM HPでもわかります。3/15)

* 帰宅時に顔や手を洗う

* 食品にフタやラップをかける

* 防災無線などで正しい情報を

追記・指定地域で無いのに、むやみに止めると、
    高気密高断熱の住宅の場合、 
    調理中酸素が欠乏するなど危険です。
    給気口を開けて換気扇を回して調理してください。
    ストーブや、瞬間湯沸かし器も同様です。3/15

*********************


被災地から離れていてもできること

*  電気が不足しています。
  エアコンを止めたり、照明を切ったり、
  自宅の電力消費を減らしましょう。

* 流通の混乱と物資の不足が段々に
  深刻化していくと思います。
  地元スーパーでも、買い占めでいろんな商品が
  無くなっていましたが、
  まずは、被災地に十分行き渡るよう、緊急でないものの購入は
  控えましょう。
  
* 建築でも、まずは、住む家を無くした人のために。

  今後、資材の調達が難しくなるものもあると思いますが、
  皆さまには、ご理解とご協力を是非お願いいたします。
  
  痛みを分かち合っていきたいと思います。

********************

私は、小さい時に十勝沖大震災にあいました。
今でも、走って逃げた記憶、給水車に並んだ記憶、壁の亀裂・・
色んな光景が浮かびます。

今はただ、お一人でも多くの命が助かるように。
これ以上被害が広がらないように。
命をかけて、今まさに救助活動をされている方の
安全をお祈りしています。


| | Comments (0)

いろんな状況について

地震について

本当に甚大な被害に、
信じられない思いです。

幸いお客様は
ほとんどの方と連絡が付き、お怪我も無く
安心しました。
後からでも、気がつかれたような破損がありましたら
すぐご連絡くださいませ。

皆様にはこちらのこともご心配いただき有難うございます。
メールがいくつも届いております。
青森の親戚は大丈夫でしたが、仙台が連絡が取れません。
あちこちでお会いした方の中でも、
だれか連絡が取れない人がいて、
心配していらっしゃいます。
早く、連絡だけでもつくようになれば・・と祈るようです。


***********

YKK エピソード 耐火偽装について

こちらも先日新聞の一面で取り上げられて、
ご心配お掛けしております。

伊藤設計で、設計したもののうち
エピソードの対象商品を、防火指定のあるところに
使っているものは、ありません。
ご安心くださいませ。

| | Comments (0)

お元気でしょうか?  再送

送ったメールのお返事を
沢山いただき、
皆様ご無事の様子少しほっとしております。

設計した建物の被害も、お返事いただいた分では
なさそうです。

また、お見舞いのメールもいただきました。
有難うございます。
ブログも見たよ、とご連絡いただきました。
自宅マンションは、花瓶の花も倒れず無傷で、
何事も無かったようです。
家族もそれぞれの場所で、無事でした。


青森・仙台方面は、やはりまだ連絡が取れません。
皆様お怪我は無いでしょうか?
早く皆さんの、ご無事の様子を知りたいです。
寒い中、電気も通じず、お辛いことと思いますが、
お体に気をつけて。

| | Comments (0)

皆さん大丈夫ですか?

国内最大級の地震が起きてしまいました。

今の時点でまだ、被害の全貌が見えません。
沢山の人とまだ、連絡が付きません。
とても心配しています。

お客さまのところにいた時に起こったので、
とりあえず冷静に対処でき、
熊谷周辺のクライアントさんのお宅を一軒一軒回って、
事務所に帰ったら、この状態でした。
回ったお宅は、どこも何もなかったのに、
賃貸3Fの自分の事務所が、一番ひどかったです。

Jimusho


足の踏み場もありません。
ここに、一人でいたら、
どんなことになっていたでしょうか・・。

今後、応急危険度判定士の仕事があるかもしれませんし、
流通関係もしばらく混乱しそうです。
(と言ってる間にも、余震が・・。怖いです。)

熊谷市内も広く停電していて、
事務所が通電しているのは、
ほっとしました。

皆さま、余震にお気をつけて。
連絡が付いていない方、
コメントかメールいただけると有り難いです。

助け合って、一日も早い復旧を。
頑張りましょう。

| | Comments (0)

お出かけです &ダンナネタ

昨日・今日と、
川口や都内にお出かけです。

何しに行ってるかは、
改めてご報告!

・・・・・・・・・・

プチダンナネタです。

四国から新鮮な伊予柑が送られてきました。
とってもみずみずしくて美味しいです。

ただ、皮が厚いので、食べるには、
ちょっと手間がかかります。

朝食時、
ダンナと一緒に食べよう、と思って、
時間をかけて皮をムキムキ。薄皮も取って器に入れて、
ご飯の後に、いざ食べよう!と見ると無い!!!
一個も無い!!!
皿さえも、シンクに運ばれて、跡形も無い!

そうです。
イチゴ事件に続き、すべて自分のもの、と解釈したダンナが
全部食べてしまいました。

今度からは、ちゃんとお皿は二つに分けておこう!!
と、かたく決心した私です。
(結婚24年。学習能力の無い私・・。なんで同じこと繰り返してるんだろう?? weep

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

朝どり 芝生

K81

外構やさんと話していて、
初めて知ったこと。

芝生って、ホームセンターでちょっと乾いたようなのが
束ねて売っているので、そういう流通の仕方だと思っていたら、
朝どりで、現場に運んでくるものもあるのだそうです。

採りたての新鮮な芝生!
いいですねえ~!

外構というと、道路側からの見た目で
デザインされているようなのが多いと感じますが、
私は、室内側からも外構やさんに見てもらって、
提案をしてもらうようにしています。

また、最初のプレゼン前にも、
アイディアを出してもらうこともあります。

外の世界と室内空間をむすぶ大事な場所・
外構って、大事だなと思います。

K86


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

卒業式で叫ぶ?  息子ネタです。

久々の息子ネタです。

某男子校一年の次男、
先輩の卒業式から帰ってきて一言。

「みんな、叫んでた・・」

「??」

そう言えば、そんな噂を聞いたことのありますが、
ひとことアピールみたいなもんでしょうか?

卒業生の名前を呼ばれた男子(何割か)は、
立ち上がると同時に、
「○××△!!!」と、勝手なことを叫ぶのだそうで、
内容は、

「○○先生、×××!」的なものから、

「お母さん、受験期にマージャン教えてくれてありがとう!!」とか、

「デュエリスト達よ立ち上がれ!!」と叫ぶと、
数名が椅子の上に立ち上がるとか・・。

(繰り返しますが、卒業式です。)

さすが、伝統校は違います。 ( ̄▽ ̄)

と、思って、同じ高校出身のクライアントさんお二人に伺ったところ、
そんなの無かった、とのこと!!?

いったい、いつから始まった??


その日のパソコンの履歴。

「一発ギャグ」

すべると辛いそうで・・。
今から、変なプレッシャーがかかってる次男でした。
(母も、楽しみなような、怖いような・・・。さんざん、ブログネタにしてるし・・。(゚ー゚;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

いざ!プレゼン

Mm

日曜日にプレゼンテーションがありました。

「わくわくする!」との奥さまのお言葉。
気に入っていただけたようで、
心から、ほっと致しました。


お客さまと、敷地の組み合わせは、
千差万別。
一つとして同じものは無いので、
毎回、一からその方の生活を想像しながら模索します。


今回は、自転車も主役なので、
小さな模型に、入れてみました。


世の中に、たった一つの、
MAさんの家を、
気持ちを込めて、設計したいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

ケヤキの見える家 スカイライン 

Tg1

ケヤキの見える家

公園からのスカイラインです。

T邸では、薄く、シャープな片流れにしました。


Tg2


眺めていたら、
飛行機雲が、くっきりラインを引いていきました。


夏には入道雲も似合いそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・

中間検査が終わりました。
Tさんと打ち合わせしているうちに、監督さんと検査員で済んでしまいました。
厳しい検査機関と聞いていましたが、
いつも通り、問題なしで、合格です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

サンプルの山

Photo

これは、昨日、
玄関ポーチのタイルを決めるため、
実物大のサンプルを取り寄せて、
現場で確認しているところです。

すべて、と言うわけにはいきませんが、
できるだけ、実物に近いものを現場で見てもらって、
決めてもらうようにしています。


Sozai

こちらの写真は、事務所で、
全体のイメージを決めるため、
コーディネートしているところ。
床材やら枠材やらカーテン生地やら・・。

この他取り寄せたサンプル類は、
事務所の物入れだけでなく、
自宅ベランダのコンテナとミニ倉庫が合わせて3個。

処分したくても、
家庭ごみで持って行ってくれない物もあるし、
綺麗なものだと廃番になったものでも取っておきたいし・・。

できれば、すべての素材が、
いつも目に触れる状態にしておきたいのですが、
なかなか空間事情で、そうはいかず・残念です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

一人ランチと、祝cloverエールさん五周年!

Ohiru

昨日のランチです。(IN事務所)

午前中現場や打ち合わせで出ていて、
帰りがけに、近くで美味しそうなものを買ってくるのが、
よくあるパターン。

これは、小麦の丘さんの焼き立てピザ。
お隣のエールさんが、5周年で、
お祝いのお花をお届けした後に久々に買ってみました。

お子さん連れが多くて、
健康的な商品が、ぴったりなのでしょうね。
美味しかったです!

・・・・・・・・・・・・・

リラクゼーション・エールさん、5周年おめでとうございます!!

一年一年、お客さまを大事にして頑張ってる様子が
伝わってきます。
これからも、沢山の方を癒してくださいね。

私もそろそろ伺わねば! clover

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

祝! ブログランキング 1位!

OBクライアントさんのKさん、
新居にお引っ越ししてから3年目。

時々、OB見学会などで今でも訪問させていただいていますが、
いつも、すてきな住まい方をされているので、
感心して帰ってきます。

そのKさんのブログが、
ここのところ人気急上昇!で、
なんと、ジャンル別週間OUT 1位になっております!! happy01 
おめでとうございます!!

タイトルのヒントは、「ハコの家」です。(わかりすぎ?)

実は、ブログ以上にすてきな生活をされてるKさん。
謙遜しすぎですよ。

とても、さわやかなブログです。


ブログランキングはこちら


ちなみに、私のブログは、
このカテゴリーには、絶対入れません・・。 coldsweats01

| | Comments (0)

大人は楽しい

日曜日、事務所で仕事をしていると、
高校生の次男が時々来て、
打ち合わせテーブルで宿題をしていきます。
(自宅で一人だと眠くなるらしい)

見てないようで、こちらの仕事も良く見てる。
帰りに一緒にごはんを食べに行った先で、
ぽそっと、

「理系から想像する建築の仕事と、お母さんの仕事は違うように見える・・。
 お母さんの仕事は、面白そう。」

物理や数学から想像するのと、
模型作ったり、色鉛筆使ったりして、
お客さんとも楽しそうに食事に行ったりしてる様子は、
結びつかないらしいです。

面白そうと言われるのは嬉しいですね。

親の仕事ぶりを見てどう感じるか、建築をどう思うか、というより、
「仕事は面白い」ものだ、と思ってもらえてることが嬉しいです。

このところ、
仕事の大変さ辛さばかりがクローズアップされて、
普通に市井で行われてる仕事が、
「面白い・楽しい」ということが、ちゃんと子供たちに
伝わって無いような気がしますよね。
(別に情熱大陸やプロフェッショナルみたいじゃなくてもいいんです。)

私の周りでも、
生き生きとお仕事されてる方や、
趣味・サークルで活躍される方、年齢を感じない素敵なママなど
沢山います。

大人が、身近な子供たちに、
「仕事は辛いことも時々あるけど、面白いよ!」
「大人になるのも楽しいよ!」って、
伝わるようにしたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

疲れた時のお勧めは・・。

ここのとこ、すごく頭を使ってるので、(いや、いつも使ってるんですけど、特に・・・・笑)
夕方5時にもなると、ぐったり。
伸びたゴム状態になります。

そんな時は、早めに帰って、
お風呂入って、ゆっくりご飯作って、
ぼ~~とTVを見るに限ります。

そこで、お勧め。

NHK 木曜 の「祝女」(しゅくじょ)

ここのとこアラサ―女子何人かにお勧めして、
「面白い!」のお墨付き。

「女に生まれたアタシを祝う」
なんだかわかりませんね。(笑)
簡単に言うと、サラリーマンNEOの女子版といったとこでしょうか。
(スタッフ同じだし)

これは何週か見ないと面白さはわかりませんが、
私は、タイマー録画までして(笑)、
疲れた頭を癒してます。

たまに次男と一緒に、
「やばいよね~~これ!」とか
「やっちゃったね~~~」なんて、一緒に突っ込みながら見てますが、
彼女もいない男子に、
こんなアラサー・アラフォー女子の
リアルな手の内を見せていいもんでしょうか??


と、ここまで書いて、
今度の木曜(3/3お雛まつりではありませんか!)が、シーズン2最終回!!!とのこと。

是非お見逃しなく!!

詳しくはこちら! 

(サラリーマンNEOの方が、スタートするみたいです。それはそれで嬉しい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

お引っ越し

お引き渡ししていたオフィスにお引っ越しされたという
ご連絡をいただきました。
OMソーラーも快適です と感想をいただきほっとしました。
(まだまだ、寒い日がありますから、活躍します。)

丁寧に計画を練って、監理も十分にしたつもりでも、
お引越したらなにか不都合が?と、気になるものですが、
こんなメールをいただけると、安心します。

お引っ越し後、一か月程度は、使い勝手に慣れなかったり、
建具の不都合が出たり、収納の棚が足りなかったり・・と
いうことがあって、若干の違和感はあるかと思いますが、
だんだん落ち着いてきます。

一年過ごしていただいて、
「あー、本当に良かった」と言っていただけて、
やっと、
一仕事終わったと感じます。
(もちろん、お付き合いはずっと続きますが)

社長さんのお優しいお人柄が建物からも伝わるように
設計させていただきました。
ますますのご発展を
心よりお祈り申し上げております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

| | Comments (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »