« 屋根板金 ミニ 見学会 | Main | 理科系と文科系  息子ネタ »

応急危険度判定士の集まりがありました

昨夜、
応急危険度判定士の会議がありました。

毎年出席するたびに、
一年出番がなくて良かったなあ、
と思います。

今回は、川口で耐震診断と補強をされている方が、
被災地の写真を紹介しながら、
1時間の講演をしてくださいました。

阪神などの大きな地震の記憶が薄らいでいくと、
耐震もほどほどでいい、という意識になりがちですが、
改めて、全半壊した建物を見ると、
何はともあれ、命を守る、構造が第一!と切実に思います。

限られた建築予算を、
どう配分するか、と考える時、
構造や設備、素材、それぞれ7掛けで削るのではなく、
私は、構造だけは、10と考えたいです。

但し、新築では出来ても、
補強で10は難しいので、
どこまでコストをかけて、どの程度安全にするか、は、
お話合いによりますね。

ちなみに、耐震補強の上部構造評点の目安は、
1ではなく、できるだけ1.5を目指してください。


来年も、なにもなくて良かったなあ、と
集まりたいものです。

Oukyuu1

(写真は、実地訓練の様子です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

|

« 屋根板金 ミニ 見学会 | Main | 理科系と文科系  息子ネタ »

毎日のできごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 屋根板金 ミニ 見学会 | Main | 理科系と文科系  息子ネタ »